イルミナカラーで後悔してしまった方へ。ヘアカラーは痛む!原因と対策について

イルミナカラーをしたら髪の傷みが気になって後悔している…」そのようなお悩み相談をいただき、早速ネット上で検索をすると後悔、頭皮が痛いなどネガティブなキーワードが目立ちますね。

こんにちは、原宿一人経営美容師のMAX戸来です。

イルミナカラーは「傷まないカラー」と呼ばれており、20代の女性に特に人気がありますよね。

ですが結論から言ってしまうと、どんなカラー剤を使用してもダメージがゼロのカラーはありません。

もちろんですがイルミナカラーが駄目というわけでは決してなく、イルミカラーであっても普通のファッションカラーであっても白髪染めであっても、やればやるほどに髪は傷むということです。

今回はカラーによって髪が傷んでしまう原因と、できるだけ髪をきれいに保つための対策方法について解説します!

イルミナカラーとは?

イルミナカラーとは?

まずはイルミナカラーがどのようなものなのかと、どんな人に向いているのかを解説しますね。

イルミナカラーの特徴とデメリットについて

色落ちが早く、一般的な剤に比べて髪の毛が痛む!それだけではなく強い薬剤だからパーマや縮毛矯正をしている方はのちに、チリチリになってしまうから要注意する必要がある。

イルミナカラーはWELLAというブランドが開発したヘアカラー剤です。

「ブリーチをしなくても透明感のある外国人風の色になる」「ダメージが少ない」「やわらかい手触りになる」などの特徴があるといわれています。「明るい髪色にしたいけどブリーチはしたくない」「髪をやわらかい印象にしたい」という方に特に人気があります。

とはいえネット上では逆に「イルミナカラーをしたら傷んでしまって後悔している」「色落ちが早い」等の意見や感想も散見されます。

実際にどうなのかというと、最初にも書いたように傷まないカラーはありません。なのでダメージが少ないと言われているイルミナカラーだって、当然ダメージはありますよ。

 

髪が傷むのはカラーだけでなく、パーマや縮毛矯正もそうです。「髪質改善」と謳われているものは一見髪に良さそうですが、ストレート系の施術は髪を傷ませます。薬剤を使用する施術は、もちろん使用する薬剤や施術者の腕にもよりますが、少なからず髪に負担があると考えてください。

 

イルミナカラーの向き不向き

イルミナカラーの場合は、向いている人と向いていない人がいます。

ブリーチをしなくても明るい色にできるので、透明感のある明るい髪色にしたい方には向いています。「ブリーチ→カラー剤」の工程をイルミナカラーにまとめることができるので、ブリーチをするよりも時短になるというメリットもあります。色もきれいに出やすいので、色味にこだわりたい方にはおすすめですね。とはいえ一般的なカラー剤よりも発色はいい変わりにブリーチ効果があるからダメージがしやすいため、痛まないカラー剤ではないということをご理解くださいね。

向いていないのは、明るい髪色を特に望んでいない方です。ダークブラウンやダークアッシュなど暗い色にするのであれば、イルミナカラーを選択する必要性がないからですね。また髪色は明るいほどモチが悪く暗いほどモチが良いものなので、できるだけ色を長持ちさせたい方にもイルミナカラーはあまりおすすめできません。

 

このように何でもそうですがメリットもデメリットもありますし向き不向きもあるので、「どのような髪色になりたいのか」「発色の美しさを優先するのかモチを優先するのか」等々、しっかり考えてから決めるようにしてくださいね!

 

カラーをすると髪が傷むのは何故?

カラーをすると髪が傷むのは何故?

傷まないカラーはないという話をしましたが、どうしてカラーをすると髪が傷むのでしょうか。

髪を染めるときには薬剤(カラー剤)を使用しますよね。簡単に言うとこの薬剤が髪のキューティクルを開かせて、髪の内部のコルテックスに染料を入れます。そうすることで髪色が変わるんです。

髪の毛の構造

ヘアカラーはキューティクルにもコルテックスにも負担をかけます。そのため、結果的に髪が傷んでしまうんです。

特にキューティクルが剥がれてボロボロになると、見た目も悪くなり髪のパサつきやツヤのなさなども気になるようになりますね。

このようにカラーをすると髪は多少なりとも傷んでしまいますが、正しくケアしてあげれば負担を最小限に抑えてきれいな状態をキープすることができます。

大事なのは毎日しっかりケアすること。簡単なことであっても、毎日行うことによって効果が出てきます。継続することが大事ですよ!

 

カラーをしている髪はホームケアで労わることが大事

それでは実際にどのようにケアすれば良いのかを解説していきます。

カラー後はヘマチン配合のシャンプーで洗う

シャンプー

シャンプーは髪を健康的に保つために非常に重要です。

品質がしっかりしていて、自分の髪に合っているシャンプーを使うようにしてください。

特にカラーをしている方には、ヘマチンが配合されているものを使っていただきたいです。

ヘマチンは褪色予防効果や髪の補修効果がある成分なんです。そのためカラーをしている髪にぴったりなんですよ。

さらにアルカリ除去効果があるところも特徴。カラー後の髪をヘマチン入りのシャンプーで洗うことで、髪の毛に残留したカラー剤(アルカリ性)を除去することができるんです。

なのでできればカラー後は1週間~2週間は、ヘマチン配合シャンプーで洗ってみてください。

↓MAXではヘマチンを高配合したオリジナルシャンプー「プリュムシャンプー」を開発&販売しています。気になる方は一度ご覧ください!

シャンプー詳細

↓プリュムシャンプーの口コミ

口コミ

シャンプー後はアウトバストリートメントで髪を保湿

カラーをしている髪はパサパサ感が気になることも多いと思います。

パサつきが気になる髪は、アウトバストリートメントで保湿ケアしましょう!

ヘアオイルでツヤを出す

アウトバストリートメントを使用するタイミングは、ドライヤーで乾かす前です。

タオルドライした状態の髪にアウトバストリートメントを塗布してから、ドライヤーで乾かしましょう。ドライヤー前に使用することで、熱ダメージから髪を守ることもできます。

アウトバストリートメントにも色々な種類がありますが、おすすめはオイルタイプです。髪に馴染みやすいですし、ツヤ感もしっかり出るんですよ。
MAXでもオリジナルのヘアオイル「プリュムヘアオイル」を販売しています。無香料&ベタベタしないタイプのヘアオイルなので、髪質やシーンを選ばず使っていただくことができます。

またくせ毛で乾燥がひどい方や髪が爆発しやすい方には、ワックスもおすすめです。ワックスは朝のスタイリング時に使うイメージが強いかと思いますし実際そうなんですが、余計な成分が配合されていないナチュラル系トリートメントワックスならお風呂上りのケアに使うこともできるんですよ。

MAXオリジナルの「プリュムワックス」はスタイリングにもヘアケアにもボディケアにも使えるマルチなアイテムです。少量で髪のパサつきを抑えることができますので、ぜひご活用ください。

↓プリュムワックス&プリュムヘアオイルの詳細はこちらからどうぞ

オイルとワックス商品画像

↓口コミも読んでみてください!

オイルとワックスの感想

ヘアケアレビュー

ヘアケアは正しい方法で行うことも大事

シャンプーの仕方や髪の乾かし方などには、少しコツがあります。

正しい方法で行うことによって、髪をきれいな状態に近づけることができますよ。

正しいケアの方法に関しては動画で詳しく解説をしていますので、ぜひそちらをご覧ください。正しい方法を身に着けて、髪を美しい状態に近づけましょう!

▼お風呂上りのヘアケア方法解説動画

▼正しいシャンプー方法解説動画

まとめ

ケミカル的な知識がある美容師さんと、職人気質でカット技術だけを磨き続ける美容師さんがいるのですがイルミナカラーのような薬剤を美容師さんに売るお仕事のディーラーさんが「カラーをしても痛まない、発色がいい」といったメーカー側の謳い文句説明し、美容師さんが鵜呑みしてしまっているケースは多々あります。

発色がいい変わりに髪の毛は痛むことは事実です。それを説明しお客様に選んでもらうこと。そして美容師さん自体もお客様の髪の状態をみて判断することができることが重要です。

誰が悪いとかではなく、髪が痛んで取り返しのつかないことにならないように自己防衛すること!ネットで信用できる情報を探しましょう。ケミカル知識とカット等の技術が高い美容師さんを探すことも必要ですね。

今回はイルミナカラーをしたら髪が傷んでしまったという方向けに、カラーで傷む原因と対策方法を解説しました。

最後に、簡単に内容をまとめます。

 

  • 全く傷まないカラーはない(イルミナカラーは通常のカラー剤より痛む)
  • イルミナカラーは「ブリーチをしなくても明るい色にできる」「髪がやわらかい印象になる」ところが特徴
  • イルミナカラーはブリーチせずに明るくしたい方に向いているが、色持ちは良くないので頻繁に染め直せない方には向かない
  • カラーをしている髪はホームケアを充実させてしっかりケアすることが大事

 

 

今回はこれで以上となります。少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!