解決!髪の広がりを抑える方法を髪型、髪質別で解説します。

髪が広がってボリュームが出すぎる」「まとまらないのが嫌!」そのお悩み、解消します!

こんにちは、原宿一人経営美容師のMAX戸来です。

髪の広がりで悩んでいる方は多いですよね。そこで今回は「髪が広がる」というお悩みを少しでも解消するために、髪型&髪質別におすすめの対処方法を解説していきます。

なので髪が短めの方もロングの方も、くせ毛の方もダメージ毛の方も、髪の広がりで悩んでいる方はぜひ参考にしてください!

髪が広がってしまう原因は?

「そもそもどうして髪が広がるのか?」についてですが、原因は一つではなく複数あります。なので「髪が広がる」という悩み自体は一緒であっても、原因は異なるケースは多いんです。

  • くせ毛だから広がりやすい
  • 毛量が多くて広がっている
  • 正しい梳き方ができていなくて毛先がパサパサ広がっている
  • ダメージ毛で枝毛や切れ毛が多く広がっている

主な原因は上記のものですね。

髪質の問題で広がってしまっているのは仕方がないんですが、髪質は良いのにカットや梳き方が正しくなくて広がっているならかなりもったいないです。そういう場合は、技術はもちろんですが貴女のライフスタイルを理解したうえでセット法やヘアケア製品のオススメをしてくれる美容師さんに、担当してもらうだけで変わりますよ!

※カットやカラーなどが原因で広がる髪になっている場合、症状度合いによっては長期間かかります。

【髪型別】髪の広がりを抑える方法

それでは具体的に髪の広がりを抑える方法を解説していきますね。まずはショート・ボブ・ミディアム~ロングの長さ別にご紹介します!

ショートヘアの場合

ショートヘアはスタイリングを工夫しましょう!

ショートはそもそもコンパクトなヘアスタイルなので、きちんとセットしてあげれば多少広がりがあったとしても「ふんわりボリュームがあって若々しい髪型」に見えますよ。ショートの場合はトップを適度にふわっとさせることと、少し束感を出してあげることが大事になりますね。まとまりすぎているよりも、動きがあった方がおしゃれです。

スタイリング剤はある程度セットがあるワックスを使いましょう。

↓ワックスを使ったショートヘアのスタイリング方法を解説している動画です。スタイリングのやり方は文章で解説するより動画を見た方がわかりやすいと思いますので、ぜひご覧ください!

↓動画で使用しているワックスはMAXオリジナルのプリュムワックスというものです。

新パッケージのプリュムワックス

無添加のワックスなので肌がデリケートな方でも使えます。またワセリン主成分で保湿力が高いので、髪が乾燥することによりパサパサして広がってしまっている方にもお使いいただけます。ただセット力のあるワックスは嫌いな方にお勧めでございます。

↓プリュムワックスの口コミです。

プリュムワックスの口コミ

ボブヘアの場合

実はボブって広がりやすいヘアスタイルなんです。

なのでボブにしていて広がりが気になるなら、ショートボブにすると良いですよ。ショートボブの方が広がりにくいですし、動きのあるスタイルも作りやすいです。特にくせ毛の方は、圧倒的にボブよりショートボブかショートヘアが良いですね。

ボブをショートボブにカット

↑仕上げでアイロン、ブローなどのセットはしていません!beforeだと毛先がハネて広がっていましたが、まとまるようにカットしたafterではかなり髪が落ち着いていますよね。丸みのあるシルエットになっているため、頭もコンパクトに見えます!

でも「ショートやショートボブじゃなくて、どうしてもボブが良い!」という方もいるかもしれませんね。そういう方は自然に丸みが出るようなデザインのボブにしたり、レイヤーを入れてボリュームをしっかり調節したボブスタイルなどにしてみましょう。切りっぱなしボブやレイヤーを全く入れないボブなどは、直毛で量も普通か少なめじゃないと似合わないですしオシャレではありません。なので少しでも扱いやすいデザインにすることが大事ですよ。

ミディアム~ロングの場合

髪が長いと、少し広がるだけでも気になりますよね。しっかり調節してあげないと、ボリュームが出すぎてしまって大変なことになります。

 

ロングはケアも時間がかかりますし、きれいな状態をキープするのは結構難易度が高いと思います。特に中間から毛先の部分はパサつきやすいので、しっかり保湿してあげてください。髪質が良い方なら、保湿をしっかりするだけでも広がりやパサパサ感を抑えることができますよ。

保湿してロングヘアの広がりを抑える

↑先ほどご紹介させていただいたプリュムワックスをつけて、しっとりさせました。ツヤが出て広がりが落ち着くだけで、かなりきれいな髪に見えますね!

ちなみにワックスでも良いんですが、もっとナチュラルにサラサラ仕上げにしたい場合はヘアオイルを使うのもおすすめです。

↓ヘアオイルを使った時短スタイリング方法解説動画です。

この動画の中で使っているオイルは、MAXオリジナルのプリュムヘアオイル

髪を保湿して手触りと見た目を良くするためのアイテムです。スタイリングのときに使っても良いですが、アウトバストリートメントとしてお風呂上りに使うのが非常におすすめです。アウトバストリートメントとして使う場合は、ドライヤーをかける前に髪につけてくださいね。

※ちなみに広がる髪でお困りな方はヘアオイルは必須ですよ。

プリュムヘアオイルは猫っ毛で表面の毛がふわふわしてしまって広がって見えるタイプの方にもおすすめですよ。ふわふわ毛やチリつきなどが抑えられるので、ツヤも出やすくなります。

プリュムヘアオイルでまとめる

↓プリュムヘアオイル口コミです。

プリュムヘアオイルの口コミ

ちなみに中途半端な長さで広がってしまっているなら、思い切ってカットするのもおすすめです。

肩につくくらいの長さって、肩に当たってハネたり広がったりしやすいんですよね。なので少し我慢して伸ばすのももちろん良いですが「ばっさりカットする」というのも、ぜひ選択肢に加えてほしいです。

中途半端な長さの髪をカットでまとめる

↑このように肩でハネる長さでまとまらなかった髪も、ショートボブにすることでまとまりやすい状態に。

髪質や好みにもよるので全員にカットをおすすめするわけではありませんが、こういう方法もありますよ。

【髪質別】髪の広がりを抑える方法

次に、髪質別に広がりを抑える方法を解説します!

くせ毛の場合

くせ毛だとどうしても広がるしパサパサしますよね。

髪質それ自体を変えることはできないので、スタイリングでしっとりとまとめましょう。癖が強めの方はワックスを使ってセットするのがおすすめです。

縮毛をワックスでまとめる

↑チリチリする縮毛もプリュムワックスをつけてセットしてあげれば、この通りツヤが足されてきれいに見えます。

ちなみに広がりに悩んでいるくせ毛の方の中には縮毛矯正をすることを検討している方もいるかもしれませんが、縮毛矯正はおすすめしません。確かに縮毛矯正をかければボリュームダウンできますよ。でも伸びてきたら根本の部分だけチリチリしてしまいバランスが悪くなりますし、それを解消するために繰り返しかけないといけません。そして髪も傷みます。見た目はストレートになりきれいになったかのように感じられるかもしれませんが、どんどんダメージ毛になっていってしまうんですよ。

なのでくせ毛の方には、ぜひ自分の癖を活かしたヘアスタイルにして、くせ毛を楽しんでほしいです。そう思っているので、僕の美容院では縮毛矯正やパーマは現在行っていません。

絶対に似合うヘアスタイルはあるので、諦めないでくださいね。このサイト「くせ毛LOVE」でも癖がある方に似合うデザインの髪型をたくさんご紹介しているので、ぜひ他の記事もご覧ください。

↓それからくせ毛の方は以下の動画も併せて視聴してみてください。カットとセット方法を解説しています!

ダメージヘアの場合

ダメージ毛はチリチリするし広がりますよね。

一度ダメージ毛になってしまうと治すことは不可能なので対処法としては「ダメージヘアをできるだけきれいに見せられるデザインに切る」「傷んでいる部分をばっさり切ってしまう」かのどちらかになります。

多少の広がりはダメージヘアの場合仕方がないので、ワックスやオイルで保湿して艶のある髪にしましょう!

ダメージ毛をきれいに見せる

↑縮毛矯正やパーマの失敗・かけすぎなどで全体的にビビリ毛になってしまった場合は、カットでバサバサに見えないように工夫します。

まとめ

今回は、髪の広がりを抑える方法を髪型&長さ別に解説しました。最後に内容を簡単に箇条書きでまとめておきます。

  • ショートの場合はスタイリングを工夫すると良い(ワックスを使うのがおすすめ)
  • ボブの場合はショートボブにしたりレイヤーを入れてデザインを工夫するのがおすすめ
  • ミディアム~ロングの場合はワックスやオイルでしっかり保湿を。中途半端な長さならバッサリカットも良い
  • くせ毛の場合は癖を活かせるデザインの髪型にする&ワックスで誤魔化す
  • ダメージヘアの場合は傷んでいる部分をカットするか汚く見えないカットをする

今回はこれで以上となります。髪の広がりを抑えたいと思っている方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!