プリュムワックスを他の製品で代用することができるのか?代用できない理由について

「プリュムワックスは市販のワックスやワセリンとホホバオイルを混ぜるなどして代用できないの?」と思われる方もいると思いますが、残念ですができません

こんにちは、原宿一人経営美容師のMAX戸来です。

プリュムワックスは2015年に発売開始してから多くのお客様にご好評いただいている、MAXオリジナルのアイテムです。

プリュムワックスは現在MAXの公式WEBショップか美容院MAXでしか購入できません。@コスメさんやアマゾンさん、薬局さんでは一切販売していません。もし販売されている場合中身が違う場合もありますのでご注意くださいね。

もしかしたら「使いたいけど購入しにくいから別のもので代用したい」という方もいるかもしれません。

 

ですが、市販のワックスなど他の製品で代用することはできません。今回はその理由を解説します。

プリュムワックスの特徴について

ワックスの特徴

どうして他の製品で代用することができないのかを説明する前に、まず「そもそもプリュムワックスってどういうアイテムなのか?」を解説させていただきます。ただ髪の毛をセットするためのワックスではありません。

プリュムワックスは、くせ毛の方のために開発したオリジナルワックスです。髪の毛に相性の良いテクスチャー、香り(無香料)、キープ力等を美容師である僕が多くのお客様に使用し、やっと完成したスタイリング剤です。

配合成分の分量、バランスなど成分にかなりこだわって作っているアイテムで、配合している成分はたった5種類(ワセリン・ミツロウ・ホホバ種子油・アルガニアスピノサ核油・酢酸トコフェロール)のみ。かなりシンプルで保存料や人工香料などは一切配合していません。そのため、お子さんやお肌がデリケートな方にも安心して使っていただけます。

それから、ごわごわしたり広がったりする髪をしっかりまとめることができるところと、ツヤツヤの仕上がりになるところも特徴です。

パサパサする髪をまとめる

↑このように乾燥毛もしっかりまとめてツヤを出します。

癖が強い髪のスタイリング

↑縮毛などチリチリするタイプのくせ毛さんにもおすすめ!癖が強い髪をパーマ風に見せたいときに使うのも良いですよ。

それからスタイリング剤としてだけでなく、ヘアケアアイテムとしても使用可能なんです。毛先のパサつきが気になるときに少々塗布したり、お風呂上りにアウトバストリートメントとして使ったり……等々、色々な使い方をしていただくことができます。また髪だけでなくお肌や唇の保湿ケアにも使えます

↓詳細はこちらからどうぞ

ワックス商品画像

↓口コミも参考にしてみてください

感想レビュー

↓成分や口コミについてもっと詳しく知りたい方は以下の成分解析&口コミ紹介記事を読んでみてくださいね

プリュムワックスの口コミ・評判と成分を徹底解析!

プリュムワックスが他の製品で代用できない理由

プリュムワックスは大量生産しないからこそできる、こだわりを詰め込んだアイテムとなっています。

そのため、市販のもので代用することはできません!

 

それからヘアケアアイテムのボトルなどに記載されている成分表示を見ていただくと分かると思いますが、多くのヘアケア製品やスタイリング剤には10種類以上の成分が配合されているはずです。ワックスで、ここまでシンプルな成分のものはなかなか見つからないのではないでしょうか。

またワセリン主成分のワックスですが、薬局で売っているワセリンで代用できるかというと、そういうわけでもありません。ワセリン単体だとベタベタしてしまいますし、セット力もあまりないです。何よりも髪の毛に使うと見た目が「シャンプーしていない人」に見えてしまいます。

さらに言うとワックスに限らずヘアケアアイテムや化粧品というのは、配合する成分の量やバランスも大事なんです。なので例え「ワセリン・ミツロウ・ホホバ種子油・アルガニアスピノサ核油・酢酸トコフェロール」の5つの成分を混ぜたとしても、分量が違えば同じものは作れません。

少し量が違うだけでも使用感などが異なってしまうため、実際僕もプリュムワックスを完成させるまでに何度も試作を繰り返しています。

プリュムワックスが市販のスタイリング剤やワセリンで代用できないのは、このような理由からになります。

【動画解説付き】プリュムデュールはプリュムワックスの代わりに使える?

MAXには現在、プリュムワックスの他にプリュムデュールというワックスもあります。

どちらもワックスなので「この2つはどう違うの?」と疑問に思われている方もいると思います。また「プリュムワックスの代わりにプリュムデュールを使ってもOKなのか知りたい」という方もいるはずです。なので、簡単に2つの違いを解説しますね。

まず「プリュムデュールはプリュムワックスの代わりに使っても良い?」に関して回答すると、代わりに使っていただいてもOKです。

ですがこの2つのワックスは、まったく同じ使用感&仕上がりというわけではありません。なので髪質やスタイルによっては、片方があまり合わないという方もいるかもしれません。

それぞれの特徴を簡単にまとめると、以下のようになります。

【プリュムワックス】

  • しっとりまとまる
  • ツヤが出る
  • クリームみたいな質感で伸びがとても良い
  • やわらかい仕上がりでパリパリにならない
  • 5種類の成分で作られている
  • ヘアケアやスキンケアにも使用可能

【プリュムデュール】

  • セット力&キープ力が高い
  • ややマットな仕上がり
  • バターのような質感で体温でやわらかくなる(伸びはそこまで良くない)
  • 9種類の成分で作られている
  • ヘアケアやスキンケアにも使用可能

この2つの大きな違いは「質感」と「セット力」です。

プリュムワックスはクリームのようなやわらかいテクスチャで、伸びがとても良いです。プリュムデュールはプリュムワックスよりやや硬めの質感で、その分セット力とキープ力に優れています。

またプリュムワックスはツヤツヤの仕上がりになりますが、プリュムデュールはどちらかというとマットな仕上がりなのでツヤはそこまで出ません。

↓この2つの違いについては動画でもお話しさせていただきました。よろしければご覧ください!

繰り返しになりますが、プリュムデュールは髪にまとまり感を出したい場合にはプリュムワックス代わりに使っていただくことができます。ですがツヤを出したい方にはあまり向いていません。

なのでツヤを出したい方は、プリュムワックスかプリュムヘアオイルを使いましょう。

ヘアオイルでサラサラに

プリュムヘアオイルはセット力はないのでショートヘアに束感を出したりすることはできませんが、髪に自然なツヤをプラスすることができます。

それからプリュムワックスよりも軽い使用感でサラサラの手触りになりますので、手触りを重視したい方にもおすすめです。

簡単にまとめると「適度なセット力が欲しい&ツヤのある仕上がりにしたい方にはプリュムワックス」「しっかりとしたセット力&キープ力がほしくてツヤ感はそこまで出すぎない方が良い方にはプリュムデュール」「手触り重視でつやつや&サラサラのナチュラルな髪に仕上げたい方にはプリュムヘアオイル」という感じになります。どれを選べば良いか迷っている方は、目安として参考にしてください。

まとめ

今回は「プリュムワックスは他の製品で代用できるの?」という疑問に回答し、プリュムワックスとプリュムデュールの違いを説明させていただきました。

最後に今回の内容を箇条書きで簡単にまとめておきますので、ざっと目を通していただければと思います。

  • プリュムワックスは敏感肌の方でも使えるスタイリング剤で保湿ケアアイテムとしても使用可能
  • プリュムワックスはシンプルな成分のアイテムだが配合量やバランスにこだわっているため他の製品で代用したり自作したりすることはできない
  • プリュムワックスとプリュムデュールの大きな違いは「仕上がりの質感(ツヤが出るのかマットなのか)」と「セット力&キープ力」
  • 髪にツヤをプラスしたいならプリュムヘアオイルもおすすめ

今回はこれで以上となります。少しでもお役に立つ内容になっていれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!