tokioトリートメントとは。痛む?効果がないって本当?解説します!!

最近聞くtokioトリートメントって何?」「効果はあるの?」そんな疑問にお答えします!

こんにちは、原宿一人経営美容師のMAX戸来です。

最近「tokioトリートメント」が流行っていますよね。実際に施術を受けたことがなくても、聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

今回はtokioトリートメントがどのような施術なのかや、効果があるのかなどについて解説していきます。

 

tokioトリートメントとは?

tokioトリートメントとは?

まず、tokioトリートメントがどのようなものなのかについて簡単に解説をしますね。

tokioトリートメントはサロントリートメントの一種で、0~4までの5種類の薬剤を使用して髪をケアするものです。正式名称は「TOKIO INKARAMIトリートメント」と言います。ちなみにtokioトリートメントは日本の会社が開発した比較的新しいヘアトリートメントで、海外のサロンなどでも使用されているそうですよ。

主な特徴は、「インカラミ」という技術が特許を取得していること、抗酸化作用がある「フラーレン」という成分が配合されていることです。

5種類の薬剤を使用するため、ベーシックなサロントリートメントよりも施術工程が多く、時間もかかります。

簡単に工程をまとめると、以下のような感じですね。

 

  1. まず0剤を髪全体に塗布する
  2. 1剤を塗布してベースを作る
  3. 2剤を塗布して髪にしっかり馴染むように叩き込む
  4. 10分ほど熱を加える(このとき髪をラップなどで包んでおくことも多い)
  5. 3剤を塗布して髪をしごくような感じで全体に馴染ませる
  6. シャンプーをする
  7. 4剤を塗布してコーミングしたら洗い流す

 

tokioトリートメントは効果ある?

気になるのが「本当に効果はあるのか?」というところだと思います。

まず最初にお話ししておきたいのが「サロントリートメントだろうとホームトリートメントだろうと、髪のダメージを根本的から治したり髪質を変えたりすることはできない」ということです。

このサイトでも何度か書いているので他の記事を読んでくださっている方はご存じかもしれませんが、髪は既に死んでいる細胞なんですね。死んでいる細胞を修復したりすることはできません。これはトリートメントが悪いとかそういうことではなくて、仕方がないことなんですよ。

なのでtokioトリートメントの効果が全くないとは言いませんし、施術直後は確かにサラサラ&つるつるの髪になったように感じるかもしれませんが、その効果は一時的なものです。だから繰り返し繰り返し美容院で施術を受けなくてはいけないのです。

これは他のサロントリートメントであっても同じですよ。髪の表面をコーティングしているものがシャンプーなどで取れてしまえば、髪の状態は戻ってしまいます。

なので僕はサロントリートメントはおすすめしていません。だから僕の美容院にはヘアケア系のメニューはないんです。効果が持続しないものに、貴重な時間やお金を使うのはもったいないと思うからですね。

別に「どうしてもサロントリートメントがしたい!」というのであれば、しても良いと思いますよ。ただあくまで一時的なものであるということは、後悔しないためにも覚えておいてください。

 

tokioトリートメント失敗のケースとは?

tokioトリートメントをしたことがある方の中には「施術前よりも逆に髪が汚く見えるようになってしまった」という方もいるかもしれませんね。

そういう口コミもあるので「かえって髪を傷ませてしまうのでは?」と心配になっている方もいるでしょう。

参照

髪質改善トリートメントをすると傷むの?美容師が解説!!

トリートメントをしたことで痛んでしまう場合もあるから要注意です。

 

tokioトリートメントは先ほど解説したように、かなり工程が多いです。そのため施術者の技術がなかったりすると、逆に仕上がりが残念な感じになってしまうことがあるようですね。美容院での施術で美容師さんの知識、技術不足で満足のいく仕上がりにならないというのは、カットやカラーでもそうだと思います。どのような施術であっても、しっかりとした腕を持っている美容師に担当してもらうようにしましょう!

あとは種類を選び間違っていた可能性もありますね。tokioトリートメントの2剤・3剤・4剤は、それぞれ3種類あるんです。簡単に言うと、軽やかに仕上がるタイプ・しっとり仕上がるタイプ・ボリュームが出るタイプの3つです。これらは髪質に合わせて選択されるのですが、その人の髪質に合っていないタイプを選んでしまうと、当然思っていたような効果は得られません。髪がペタンとしやすい方にしっとりタイプは向かないですし、髪がゴワゴワ広がりやすい方にボリュームタイプを使うのも違いますよね。

このような施術者のミスにより、施術前よりも髪の状態が悪く見えてしまうケースもありますので、美容院選びは慎重に行いましょう。

 

サロントリートメントよりホームケアが大事

繰り返しになりますが、サロントリートメントであってもホームケアであっても、髪を根本的に改善できるわけではありません。

でも、だからといって何もしなくて良いというわけではないんですよ。根本的に髪のダメージを治すことができないものではありますが、髪の表面をコーティングしておくことには意味があります。まず髪をツヤツヤに見せることができるので、若々しい雰囲気を手に入れられます。さらに髪をしっかりコーティングしておいてあげると、摩擦などのダメージから守ることができるので、これ以上傷んでしまうのを予防することができるんですよ。

そこで僕がおすすめしているのが、自宅でのセルフケアです。

具体的なセルフケア法について動画でご紹介します。

▽正しいシャンプー法

▽髪の毛の乾かし方

▽朝時間のない方向けのヘアセット法

極論美容院のクオリティを自宅で体験するためには髪をコーティングすれば良いんですから、別にわざわざサロンでケアしなくても、自分でアウトバストリートメントやヘアオイルなどを使ってケアすれば良いんですよ。

もちろんお金にも時間にもものすごく余裕がある方であれば頻繁にサロンでケアしても良いですが、大半の方はそうではないですよね。そういう方でもホームケアなら気軽にできますし、サロンケアよりお金もかかりません。また自宅でのケアなら、毎日行うことができます。まさか美容院に毎日通うわけにはいかないですから、しっかり自分で髪をケアしてあげることが大事なんです。

このような考えだから僕はヘアケア製品を開発し、販売をしております。

プリュムワックスでケアした状態

髪がパサつきやすい方やくせ毛の方には、オイルかワックスでケアするのがおすすめです。

上のbefore&after写真は、くせ毛の方向けに開発したMAXオリジナル製品「プリュムワックス」を単に馴染ませただけです。

保湿系ワックスを付けるだけでも、髪はしっとりきれいに見えます。

ちなみにプリュムワックスはシンプルな成分で作っており、スタイリングにはもちろんヘアケアにも使うことができます。

 

▼詳しくはこちらをどうぞ!

「くせ毛にはワックスが必須」女性のためのプリュムワックス【使い方・特徴】

 

maxオイルでまとまる状態に

こちらは2019年12月に発売開始したプリュムヘアオイルをつけた髪です。

ワックスとオイルの使い分けですが、癖が強い方やしっかりスタイリングしたい方にはワックスが、癖が弱めの方や直毛の方、そしてナチュラルなスタイルが好きな方にはオイルがおすすめです。

ワックスもオイルも保湿力がしっかりあるので、髪のパサつきを抑えてツヤをプラスしてくれます。全体に馴染ませるだけで髪を美しく見せることができるので、ぜひ使ってみてくださいね。

 

まとめ

最後に内容をまとめておきます。

 

  • tokioトリートメントは5種類の薬剤を使って髪をケアする施術
  • tokioトリートメントに限らずサロントリートメントは効果が持続するものではないので確かに施術後はサラサラになるが一時的なもの
  • 髪をきれいに保ちたいのであればお金も時間もあまりかからないホームケアがおすすめ

 

今回はこれで以上となります。少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!