ショートボブの50代「前髪ありorなし」印象の違いとポイント解説

ショートボブにする場合、前髪は作った方が良いの?」「あり・なしでどんな風に印象が変わるのか知りたい」そんな方のための内容です!

こんにちは、原宿一人経営美容師MAX戸来です。

前髪ってかなり顔の印象を左右しますよね。前髪のデザインを変えるだけでも、結構雰囲気が変わります。髪のデザインは全然変えていないのに前髪を切っただけで「いつもと雰囲気が違うね」や「髪切った?」と人から言われることもあるくらいです。

今回は50代女性がショートボブにする場合「前髪は作った方が良いのかどうか」「作るならどんなデザインにすれば良いのか」を解説します!

あり・なしで印象はどう変わる?おすすめは?

前髪を作るかどうかで印象がかなり変わるというのは、みなさんもうご存じだと思います。

では前髪あり・なしでどのように印象が変わるかというと、以下のような感じです。

  • あり:若々しい・活動的・可愛い・優しそう
  • なし:エレガント・大人っぽい・グラマラス・知的・落ち着いている

簡単に言うと「若々しい感じや活動的で明るい印象にしたいなら前髪あり」で「エレガントで大人っぽく落ち着いた印象にしたいなら前髪なし」が良いということになります。周囲からどんな風に見られたいのかは人によって違いますよね。それにファッションやメイクによっても、似合うヘアスタイルは変わってきます。

なので「絶対に作ろう!」とか「いや作らない方が良い!」とか、そういうことは言いません。

ただ、若く見られたいなら作ることをおすすめしています。それはその方がデザイン的に若々しい感じになるからというだけでなく「おでこのシワを隠せる」「生え際、頭頂部の白髪が目立ちにくくなる」「生え際が薄くなってきたのが目立ちにくい」などのメリットがあるからです。50代になると色々エイジングサインが気になってくると思いますが、そういう部分を前髪が隠してくれるんですね。

というわけなので、もし「絶対に作りたくない!」というのでなければ、一度前髪ありスタイルにチャレンジしてみていただきたいです!

作るなら「斜め前髪」が最強

シンプルな斜め前髪

ぱっつんとかシースルーバングとかアシンメトリーとか色々なデザインがありますが、最強なのは「斜め前髪」です!

上の写真のような斜めに流せる前髪は、かなり似合わせやすいです。顔型や髪質を問わないデザインなので、今まであまり前髪を作ってこなかった方にもおすすめ。特に「作りたいけど、似合わないと思う」という方や「昔前髪を作ったけど似合わなかったので、作るのをためらってしまう」という方にこそ、試してみてほしいデザインです。

さらに、どんな長さのスタイルにも似合うところもポイントです。ショートボブはもちろん、ショートヘアやロングヘアと組み合わせてもOKですよ。

50代の大人の女性の場合は前髪の範囲を広くとるのはおすすめできません!量は、少し少なめ(軽め)にしましょう。おでこが少し透けるくらいが良いですね。その方が垢抜けて見えますし、セットもしやすいです。厚くしすぎてしまうと野暮ったい印象になりますので注意してください。

50代におすすめ!前髪「あり」ショートボブ

↑50代の女性がショートボブにする場合、前髪ありをおすすめしますよ。

トップがペタンとしてしまうと丸顔や下膨れ、薄毛が強調されるのと分け目がはっきり出てしまうことから白髪が見えやすくなってしまうので「前髪があると良い」。

くせ毛の女性ですがセットはくせ毛を活かすワックスを使用しております。50代の女性でくせ毛の場合はふんわりさせるために、前髪を作っても「毛束を出す、艶を出す、くせ毛を活かす」必要があるため、ヘアワックスは必須となります。

 

さらに!前髪ありのショートボブとなしのショートボブどちらにしようか迷っている方向けに、「前髪ありのショートボブ」と「前髪なしのショートボブ」を重要なポイントを交えつつそれぞれご紹介します。

印象の違いなど、ぜひ参考にしてください!

分け目がくっきりしないショートボブで若見え

前髪無しから有りへ

↑分け目はくっきりはっきりさせない方が、シルエットがきれいになります。50代になり分け目部分が薄くなってきた方にも、分け目をぼかすようなスタイルがおすすめですね。分け目が目立たないショートボブにするなら、前髪は作った方が良いです。その方がぼかしやすいんです。

またサイドの髪も作りましょう。そうすると輪郭をさり気なくカバーできるので、小顔にも見えますよ!

目にかかる長さの前髪もおすすめ

目にかかる長さがポイントの前髪

↑前髪長めのスタイルが好きな方や、今までほとんど前髪を作ったことがなくて「短くするのに抵抗がある」方には、目にかかるくらいの長さもおすすめです。

このくらいの長さだとエレガントで大人っぽい雰囲気になります。なのでかなりチャレンジしやすいですよ。目にかかるくらいの長さの場合は、太めのコテで巻いてあげるとふんわりして素敵です。

ちなみに前髪を長めにする場合は、ショートボブでも襟足をしっかり残したデザインにすると全体のバランスが良くなります。

アシンメトリーなデザインなら個性的な雰囲気も!

アシンメトリーな若見えスタイル

↑少し個性的な感じのショートボブにチャレンジしたいなら、アシンメトリーなデザインの前髪にしてみるのはいかがですか?

思い切ってイメチェンしたい方におすすめのスタイルです。また「ヘアセットがすごく苦手で、長めの斜め前髪は扱える気がしない」という方にも、このようなデザインはおすすめですね。そもそも斜めのシルエットになるようにカットで作っているので、スタイリングがかなり楽ですよ!

50代におすすめ!前髪「なし」ショートボブ

次に前髪なしのショートボブをご紹介しますね。

50代女性には基本的に前髪ありがおすすめだと最初に話しましたが、もちろん作らないデザインのショートボブだって素敵ですよ。

マダム風エアリーショートボブ

エレガントショートボブ

↑横顔の写真しかなくて分かりにくいかもしれませんが、こちらのようなデザインのショートボブだと上品な印象に。

前髪を作らないか、かなり長め(頬にかかるくらい)にすると、マダム風のスタイルになります。マダム風スタイルって、50代になったからこそしっくりくる髪型ですよね。大人の女性だからこそ似合います。

ただ前髪を作らないショートボブの場合はおばさんっぽくなってもいけないので、全体はバランスを考えて立体感を出したりエアリーな感じにしたりすると良いですね。

シンプルショートボブはアレンジを楽しみたい方に

アレンジしやすいシンプルスタイル

↑ヘアアレンジが好きで髪を巻いたり色々工夫したい方には、シンプルなデザインのヘアスタイルもおすすめです。

こちらは前髪なしのシンプルなショートボブなので、かきあげバングにしたり、いつもと違うところに分け目を作って普段と異なるシルエットにしたりもできます。さらに巻き髪も楽しめる長さです。

「とにかく扱いやすいヘアスタイルにしたい!セットは面倒!」という方は多いですが、全員がそうではないですよね。ブローをしたり巻いたりするヘアセットを楽しみたい方もいると思います。そういう方は、アレンジし甲斐があるデザインの髪型にすると良いですね。

また美容院でオーダーするときに「巻き髪をしたときに映えるデザインにしてほしい」「アレンジしたいから襟足を短くしすぎないでほしい」など、しっかり希望を伝えるのも忘れずに行いましょう!

ショートボブの芸能人はどうしてる?

女優やモデルなど芸能人のヘアスタイルを参考にしている方も多いと思います。オーダーのときに「女優のこの人みたいにしてほしい」と言う方もいますよね。

ちなみに40代~50代だと、滝川クリステルさんや米倉涼子さんのスタイルが特に人気ですね。このお二人はショートやショートボブにされていることが多いですが、前髪は「長め」か「作らない」デザインが圧倒的です。ぱっつんや重めのデザインにしていることは、あまりない印象でした。

他の女優さんを見ても、40代以降は前髪を長めにして斜めに流すか、作っていない方が多いです。若い頃だとぱっつんやショートバングも可愛いですが、大人の女性がそれをやってしまうとイマイチ垢抜けない印象になったり、変に幼く見えてしまったりしますからね。

↓米倉涼子さんや滝川クリステルさんの髪型の特徴やポイントをもっと知りたい方は以下の記事を読んでみてくださいね!

美容師が米倉涼子さんの髪型を解説!!くせ毛さんが注意すべきことは?

滝川クリステルさんの髪型ショート解説!2019年最新と過去のロングヘアは?

まとめ

今回は50代女性向けに、前髪あり&なしのショートボブの印象の違いや、作る場合に気を付けたいことなどをご紹介しました。

最後に、簡単に内容をまとめます。

  • 前髪は「若々しい感じや活動的で明るい印象にしたいならあり」で「エレガントで大人っぽく落ち着いた印象にしたいならなし」がおすすめ
  • 50代の方が作るなら「長めの斜め前髪」が最強。おでこのシワなど気になる部分もカバーできる
  • 前髪ありショートボブは前髪と全体のバランスを考慮してデザインを決めることが重要
  • 前髪なしショートボブは老けてみえないように立体感を出したり適度に全体を軽くしたりすると良い

今回の内容が少しでも参考になれば幸いです。

お読みいただきありがとうございました!