40代から若く見える髪型とは?ロングについて

40代でロングは痛いのかな…」「ロングで若々しく見せたい」と思っている方へ。

こんにちは、原宿一人経営美容師MAX戸来です。

40代になるとホルモンバランスが変わり、髪質も変化します。「髪型が似合わなくなった」「セットがうまくいかなくなった」と感じる人もいるでしょう。

40代の人が若見えするロングはあります。今回は、若々しく見えるロングヘアになるために大切なことをご紹介します。

40代がロングヘアで若見えするポイント

前髪を作ると若見えする

40代の女性が若見えのロングヘアにしたい時、前髪を作ることをおすすめしています。

もちろん骨格やその人が持つ雰囲気などが大きく関係しますが、前髪を作ると若見えする人が多いんです。

上級者はあえて前髪を長めに作ることもあります。長めの前髪をキープするためには、こまめなカットも必要となります。

といっても、厚めにした前髪はおすすめしません。前髪を厚くしてしまうとトップのボリュームが目立たず、髪型全体のメリハリが出てこないからです。一気に痛いロングになってしまうし、年相応に見えてしまう。

40代になると、多くの女性は実年齢より若く見える髪型を希望します。年相応の髪型は若々しさが出ず、野暮ったく見えてしまうんですよね。

前髪を作ると若見えする理由の1つに、おでこのシワや生え際の白髪が隠れるというポイントもあります。

40代になるとシワが増えてきます。

特におでこのシワも目立ってきますから老け見えしてしまうポイントなので、前髪を作ると自然に隠せるので若見えするんです。

白髪が生え際から多く生えている場合0.5センチでも伸びてきたら気になって仕方がなくなるし老けて見えてしまうため隠すためには前髪を作るしかありません。

アンチエイジングも大事

40代でも若々しいロングヘアを楽しむことはできます。しかし髪型だけではなく、お肌や体のアンチエイジングをすることもやっぱり大事なんです。

シミやシワが気になっている人は、スキンケアよりもクリニックに行きましょう。できてしまった肌の悩みは、クリニックで治療するほうがコスパがいいです。

そしてアンチエイジングは外見だけではなく中身も大事。40代といえば、子育てしている人はまだ子供に手がかかるころ。仕事に集中している人は立場が上がって部下が増え、毎日プレッシャーと戦っている人もいるでしょう。

内面は外見に現れます。若々しい雰囲気を保ちたいなら内面もアンチエイジングしないといけません。

アンチエイジングの大敵はストレスです。イライラするストレスをうまくコントロールして、自分で自分をハッピーにする方法を探しましょう。素直さや感謝の気持ち、前向きな気持ちを持っていれば、それだけで若々しい雰囲気になります。

あと、いつも「すみません…すみません…」と謝っている人はくせを見直しましょう。「相手に嫌われたくない」という気持ちも、老けて見える1つだと思います。

「自分らしさ」を大切にする

後ほど40代におすすめのロングヘアをご紹介しますが、一番大事なのは自分らしさです。

もちろんカタログや芸能人の髪型を参考にするのはOKです。でも、若々しい髪型には「好き」と「似合わせ」のバランスも大事。

自分に自信を持てる髪型が、あなたに似合っている髪型なんです。

ヘアカタログに載っている作り込まれたデザインを真似をしたところで、再現をすることが出来ないですよね。ボサボサ髪になってしまう40代女性はまずは自分の髪質を理解して、ライフスタイルにも合うヘアデザインを作ってもらうべきです。

無理をしないことです。

髪質が悪いからと諦めない

女性は40代になるとホルモンバランスが変わり、髪質も変化します。今までよりクセが強く出たりパサついたりして、髪質もすこしずつ老化をはじめます。

しかし、40代になって髪質が悪くなったからという理由だけでロングを諦める必要はありません

若く見える髪型には、髪のツヤが大事。髪のツヤが若々しさを作り、清潔な印象を与えてくれます。

40代で素敵なロングヘアにするためには、髪の保湿に力を入れましょう。といってもサロントリートメントや縮毛矯正ではなく、力を入れるべきはホームケアです。シャンプーやトリートメントなど、毎日使うものを見直します。

そして、髪にツヤを与えるならワックスがおすすめ。僕がくせ毛のために開発したプリュムワックスは、ドライヤーの前や朝のヘアセットの時に軽く付けるだけです。トリートメント効果もあるので、ホームケアの1つになります。

くせ毛のせいでバサバサと広がった髪は老けて見えます


↑画像のロングの女性は、くせ毛特有のパサつきがありました。そこでプリュムワックスを付けて乾かしたところ、右のようにツヤが復活。髪の色まできれいに見えていますよね?

重ためロングは痛い

40代でロングヘアというと、「年齢的に痛いのでは?」という声をよく聞きます。

40代におすすめなのはショートです。でも、だからといってロングが痛いというわけではない。その人の雰囲気や髪質を活かしたロングヘアなら、痛い雰囲気にはなりません

でも、痛いロングもあります。それは、くせ毛の人がやりがちな重ためロング

「髪を軽くすると暴れる」という理由で、くせ毛の人は重ための髪型にすることが多いです。でも重ためのロングにしても、くせを完全に抑えることはできません。だからモワモワと広がって、老け見えのロングになってしまう。清潔感がないし、頭まで大きく見えてしまいます。

くせ毛の人は、くせ毛を活かしたロングヘアにすればいい。あえてロングヘアを軽くすれば毛先に動きが出るので、若見えするんです。

40代が若く見えるロングのヘアスタイル

前髪ありのロングで若見え

↑画像の女性は前髪を作ることで、大人かわいい雰囲気のロングになっています。目にかかるほど長い前髪にすると、こんなに若く見えるんです。

長い前髪は邪魔と感じる人もいて、機能性が高いとは言えない。でも圧倒的に若見えするので、長めの前髪はおすすめです。

ぱっつん前髪ではなく画像のように流すことで、上品な大人の雰囲気が出ています。

軽やかなツヤ髪ロングで若見え

↑画像の女性はbeforeでもきれいなロングですが、ある日酔っ払いにババアといわれてしまったんだとか…。「どこが?」という感じですが、ご本人はとても悩んでおられました。

髪の長さは変えたくない、結んだ時に顔周りを自然にカバーしたいというご希望でafterのようにカット。長さは変えていませんが、若々しさがアップしています。顔周りをカットしているので、結んでもフェイスラインが強調されにくいです。

ロングは巻いてヘアアレンジを楽しめますが、重ためのロングは広がって大変なことになってしまう。これくらい軽くすると、ヘアアレンジも無理なく楽しめます。

髪色を暗くしたロングでマイナス5歳

↑画像の女性は、カラーも変えました。明るいロングヘアは痛い印象になりがち。色が暗くなると髪のツヤがアップするので、それだけでマイナス5歳のロングヘアになるんです。

40代の髪色は、明るすぎると若作り感が出るのでおすすめしません。でも暗すぎてもよくない。その人に似合ったカラーを見つけることも、若見えの大事なポイントとなります。

似合った髪色を考えたときにパーソナルカラー診断に行かれた方も多いのでは?洋服は自由に色を変えれますが、髪色(彩度)は変えることは難しいです。メイクや洋服で調整し40代からは髪質を大切にしましょう。

難しい髪色をオーダーするのではなくツヤが出る長持ちするカラーをしてもらうことです。

 

ロングのオーダーで気を付けたい事

毛先はそろえるようにお願いする

↑カットカラーをして仕上げにプリュムワックスを付けただけ。

特別なトリートメントや髪質改善はしておりません。

くせ毛の人や毛量が多い人は、ロングヘアにすると梳かれるケースが多い。その時毛先までスカスカに毛量を減らされるとパサつきやすくなり、清潔感がなくなるんです。

画像の女性のように、ロングヘアの場合は毛先をそろえるとまとまります。ヘアサロンでオーダーする時は、毛先を揃えるようにオーダーしてくださいね。髪を伸ばしている場合、綺麗に伸ばせるようになりますよ。

されたくない髪型を伝える

雑誌やスマホの写真で、「こんな髪型にしてほしい」というオーダーをする人は多いと思います。

してほしい髪型ではなく、「してほしくない髪型」を伝えることも大事。「ロングヘアをキープしたいけれど、こんな髪型は嫌」というイメージをしっかり美容師に伝えることで、最悪の結果を防ぐことができます。

「こんなシルエットは嫌だ」「こんな髪色は嫌だ」と明確に伝えて、美容師さんにしっかり理解してもらいましょう。

 

まとめ

40代になると、「ショートにするか、ロングにするか」と悩む人も多いでしょう。前向きな気持ちでショートにするのは歓迎ですが、「ロングヘアは痛いから…」という理由でロングをやめるのはおすすめしません。

年相応の髪型は大事ですが、嫌なら髪の長さを変える必要はありません。髪色やシルエットを変えるだけで、若々しくすることはできるんです。

年齢にとらわれず、あなたらしい髪型を楽しんでくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。