美容師解説!ブルドック顔に似合う髪型、注意すべきことはなに?

ブルドック顔に似合う髪型ないかな?」「たるみが気にならなくなる髪型って無いの?」そんな方必見です!

こんにちは、原宿一人経営美容師MAX戸来です。

年齢を重ねると、どうしてもたるみなどのエイジングサインが気になってきますよね。今回はその中でもブルドック顔をピックアップして、少しでも目立ちにくくする髪型を解説していきます。

またおすすめのヘアスタイルはもちろん「ブルドック顔の方にNGな髪型の要素」もご紹介します。ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね!

 

そもそも「ブルドック顔」ってどんなもの?

まずは「そもそもブルドック顔って何?」というところを簡単に説明します。

厳密な定義があるわけではないですが、頬がたるんでしまっていて垂れ下がっている状態の顔のことを言います。犬のブルドックのような感じだから、そう呼ばれているんですね。

ブルドック顔になるとほうれい線も目立つので、年齢より老けて見えてしまいやすいです。

 

ブルドック顔・たるみ顔に似合う髪型紹介!

加齢によって出てくるたるみやシワなどのエイジングサインは、多少は仕方がないものであると言えます。

でも、だからといって「仕方ないか」とあきらめたくはないですよね。誰だってできればいつまでも若々しく美しい見た目でいたいと思うはずですし、少しでもコンプレックスを解消したいと思っている方も多いと思います。

そこで、少しでもブルドック顔やたるみが目立たなくなる、おすすめの髪型をいくつか提案したいと思います。

before&after写真を用いてヘアスタイルのポイントを解説していきますので、ブルドック顔を気にならなくしたい方は参考にしてください!

 

ブルドック顔が目立ちにくくなるすっきりショート

ブルドック顔解消ショートヘア

ブルドック顔になってしまっていたり顔のたるみがかなり気になる方には、すっきりとしたショートヘアがおすすめです。

前下がりのショートや、レイヤーが入っているひし形のシルエットが必須です!

特にトップにボリュームがあったり重心が高めのデザインの髪型にすると、フェイスラインが気になりにくくなりますよ。

でも中には「ずっとロングヘアにしていたからショートヘアが似合うか不安」「髪を短くすると男の子みたいになってしまうのではないかと心配」と思う方もいると思います。

そんな方には、上記↑のafterのような、サイドと襟足を長めにしたショートヘアやショートボブがおすすめです!

サイドと襟足を長めに残してあげると女性らしい雰囲気が出るので、男性的に見えてしまう心配もありません。さらにサイドの髪を長めにすると、気になるフェイスラインをカバーする効果も得られるんですよ。

 

重心を上に持ってきてたるみが気にならないシルエットを作る!

すっきりショートヘア

たるみやブルドック顔が気になる方は、beforeのように重心が下の方にある重めのヘアスタイルはNGです。

毛先重めのデザインにしてしまうと、余計に頬のたるみが目立ってしまうからです。同じような理由で、下膨れさんにも毛先重めのデザインは向きません。

なので、重心は上に持って行きましょう。具体的には、トップに高さをしっかり出してひし形シルエットを意識すると良いです。襟足が自然にくびれるようなデザインも良いですね。ネックラインがきれいに見えるので、小顔効果、スタイルがよく見える効果が得られます。

ヘアスタイルは正面から見たときに素敵であることはもちろん重要ですが、サイドから見たときや後ろ姿だって同じくらい大事です。シルエットがきれいな髪型にすると、どの角度からも素敵に見えます。さらに頭の形がきれいに見えるというメリットもあるんですよ。

コンパクトな髪型にするとリフトアップ&小顔に見える

リフトアップコンパクトショートヘア

こういうコンパクトなショートもおすすめです。

たるみが気になる方や顔型にコンプレックスがある方は、フェイスラインをしっかり出すスタイルに抵抗があるかもしれません。でも思い切って出してしまった方が、すっきり見えることもあるんですよ。

またコンパクトなショートヘアはスタイリングやヘアケアが楽になるというメリットもあります!

 

ミディアムヘアはレイヤーを入れて軽さを出すと◎

軽やかミディアムスタイル

ブルドック顔やたるみが気になる方にはショートがおすすめと書きましたが、どうしても長めの髪をキープしたいという方は、もちろん無理に短くしなくて良いですよ。結局のところ、自分が好きなヘアスタイルにするのが一番だからです。

僕もショートをごり押ししているわけではありませんので、そのお客様のライフスタイルや好みを尊重し最善の髪型を提案するように心がけています。

ミディアムヘアは毛先を軽くして、ひし形シルエットに近づけると良いですね。ブルドック顔やたるみが気になりにくくなります。

ただし髪が長いうえに重たいと顔型が強調されてしまうだけでなく野暮ったく見えてしまうので、注意してください。大人の女性の場合は軽やかな感じを出すと良いでしょう!

長くする場合もレイヤーを入れたりして、軽さを出すことが大事なんです。毛量が多い場合は適度に梳いて、量を調節すると良いですね。髪を梳くとパサパサするイメージがあるかもしれませんが、梳き方を間違えなければ大丈夫ですよ。もし梳いたことによって毛先がパサつきやすくなった場合は、オイルやワックスを馴染ませてしっとりさせればOKです。

また上記↑のようにしっかり毛先に動きを出したミディアムヘアは、くせ毛の方にも向いています。

特に毛先がハネやすかったり大きくうねるような髪質の方だと、かなり再現がしやすいですね。自分の髪の癖を活かすことができるヘアスタイルは、スタイリングが簡単なので朝の身支度にかかる時間も短縮できますよ!

 

たるみが気になる方が注意するべき「NGポイント」とは

次に、逆にブルドック顔やたるみが気になる方におすすめできない「NGポイント」を解説します。

これからご紹介する要素は、ブルドック顔やたるみが強調されてしまうので注意しましょう!

NGポイント1:平面的に見えてしまう直線的なデザイン

毛先をパツンとカットした切りっぱなしボブ・ぱっつん前髪・ワンレングスストレートロングなど、直線的なデザインのヘアスタイルはやめておきましょう。

直線的なデザインのヘアスタイルにすると平面的に見えるので、顔型が強調されてしまうんです。

なのでブルドック顔が気になる方はもちろん、顔型をカバーしたい方も、直線的な要素は取り入れないようにした方が良いですよ。

 

NGポイント2:トップにボリュームがない髪型

トップにボリュームがないと、老けて見えてしまう上に、たるみも目立ってしまいます。

なので適度にボリュームを持たせて、ふんわりさせましょう。高さを出すと、フェイスラインがリフトアップして見えますよ。

とはいえ毛量が少なめの方や髪がやわらかい猫っ毛の方は、どうしてもボリュームが出にくいですよね。加齢によってトップが薄くなってきたという方もいると思います。

そういう方に試してみてほしいのが「分け目を変えてみる」ことです。分け目を変えると髪が立ち上がりやすくなるので、ふんわりさせやすくなるんですよ。

いつもと違うところに分け目を作る方法は、自分でも簡単に試せますよね。ぜひ一度やってみてください!

 

まとめ

最後に内容をまとめておきます。

 

  • 「ブルドック顔」とは頬がたるんでしまっていて垂れ下がっている状態の顔のこと
  • たるみが気になる場合はすっきりとしたショートヘアにするのがおすすめ(特に重心を高い位置に持ってくると良い)
  • シルエットは「ひし形」を意識するとブルドック顔が目立ちにくい&顔型や頭の形もきれいに見える
  • 長めの髪が好きならミディアムにするのも良い。レイヤーをいれたり梳いたりして軽さを出すとブルドック顔が気になりにくくなる上に素敵に見える
  • NGな要素は「平面的に見えてしまう直線的なデザイン」「トップがペッタリしている髪型」

 

今回はこれで以上となります。少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!