50代で「痛い」と思われる髪型とは?垢抜ける髪型をご紹介します。

50代に似合う髪型を知って垢抜けたい!」「周囲から痛いと思われないヘアスタイルにしたい!」そう思っている50代女性必見です。

こんにちは、原宿一人経営美容師のMAX戸来です。

今回はどんなヘアスタイルにしようか迷っていたり、少しでも垢抜ける髪型にしたいと思っている50代の方に向けて、野暮ったく見えにくいおすすめの髪型をご紹介します!※記事の最後に戸来が動画で40代から若く見える髪型についても解説しています。

大人の女性を美しく素敵に見せられる髪型ばかりなので、どんなスタイルにしようか迷っている方は参考にしてください。

 

垢抜けたい50代女性には短めスタイルがおすすめ!

50代女性におすすめのヘアスタイルは、ショートやボブなど「短めの髪型」です!

短めのスタイルはすっきりとした印象になりますし、加齢による髪のパサつきや薄毛を目立たせないスタイルが作りやすいです。さらに頭の高い位置にボリュームを持たせやすい長さなので、年齢を重ねると気になってくる顔のたるみのカバーもしやすいんですよ。メリットがたくさんある長さなんです。

あとはショートやショートボブは地毛の癖を活かしたデザインにしやすいので、くせ毛の方にもおすすめですね。くせ毛でロングだとスタイリングが大変だったりボリューミーになりすぎてしまったりしますが、短めスタイルならくせ毛特有のふくらみやうねり、ハネなども良い感じに見せることができますよ。

 

痛いと思われない50代女性におすすめの髪型

それでは、周りから痛いと思われにくく垢抜けることができる、50代の方におすすめの髪型をご紹介していきます!

丸顔が目立ちにくいすっきりショートヘア

こちらは丸顔がコンプレックスの方におすすめの、すっきり見せることができるショートヘアです。

元々丸顔だった方にはもちろん、年齢を重ねて顔のたるみが気になってきた方にもおすすめですよ!

顔型や頭の形は、結構ヘアスタイルでカバーすることができるんです。

横から見るとこんな感じのデザインになっています。

丸顔や下膨れ、たるみなどが気になる方には、後頭部の高めの位置にボリュームを持たせると良いですよ。そうすることでリフトアップ効果が得られるので、ナチュラルに若々しい雰囲気を作ることができます。

また高めの位置にボリュームを持たせたデザインの髪型にすると、横顔も美しく見えます。絶壁で後頭部がペタンコになりやすい方にも良いですね。

 

▼顔のたるみが気になる方はこちらの記事も参考にしてください

50代必見!たるみを隠す髪型はコレがおすすめ!!

 

短すぎるヘアスタイルに抵抗がある方におすすめの襟足長めショート

50代の女性には短めのスタイルがおすすめと言いましたが、今までずっとロングヘアにしていた方など、いきなりショートにするのは抵抗があるという方もいると思います。

そんな方におすすめしたいのが、こちらのような襟足を長めに残したデザインの髪型です。これならチャレンジしやすいのではないでしょうか。

また襟足を長めにしたショートは、男の子っぽい感じにならず、女性らしい雰囲気になるというメリットもあるんですよ。まさに大人の女性にぴったりなんです。

後ろ姿はこのような感じになっています。

ちなみにこの方の髪は「襟足がハネやすい」「全体的に毛量が多くて硬い」という特徴を持っていました。なので重たくならないように、しっかりと毛量を調節しています。

さらに襟足部分がハネやすい生え癖を逆に利用して、毛先がハネることでおしゃれに見えるデザインにしています。髪がハネやすい方は思い切って、ハネさせることで素敵に仕上がるヘアスタイルにすると良いですよ。そうすれば無理やりスタイリングで癖を抑える必要もなくなるので、毎朝のセットもかなり楽になります!

 

▼襟足に生え癖があってハネたり浮いたりしやすい方は以下の記事も参考にしてください

ついに発表!襟足の生え方が上向きのかたへ「髪型アドバイス」

これでショートにしても安心!「襟足がはねる」直し方解説

 

くせ毛を活かしたふんわりショートボブ

くせ毛で髪がうねってしまう方は、うねりを活かしてこういうデザインの髪型にしてはいかがでしょうか?

こちらのお客様はロングヘアをやめて、癖を活かしたショートボブに。大きくうねるようなタイプのくせ毛だったので、その癖を活かしたデザインにしました。

動きがあっておしゃれに見えますよね!

こちらもしっかり段を入れているので、立体感があります。立体的なヘアスタイルにすると、バランス良く見えておすすめです。また段やレイヤーを入れたスタイルは、毛量が多い方にも向いています。

 

ボブにするなら前下がりのデザインにすると若々しい印象に

ボブスタイルよりもショートボブの方が似合わせやすいので、基本的にはショートボブをおすすめすることが多いです。

でもどうしてもボブが良いなら、やや前下がりのデザインにしましょう。丸みを出しつつも角度を少し上げるような感じのシルエットにすると、リフトアップして見えるからです。角度のついていない髪型を大人の女性がしてしまうと「痛い髪型」となってしまいます。

こちらは自然に毛先が内巻きになるようなまとまり感のあるボブですが、毛先の生え癖などでハネやすいなら外ハネデザインのボブにしても良いと思います。

↑メニュー カットだけ

毛先がパサパサとしてしまうのはエイジングサインかもしれない。けどカットが原因でもありますよ。

AFTERは一切梳いていません。(軽くしない)

仕上げはブローなどもせずに、プリュムヘアオイルを使用しました。

痛い感じにならないために50代女性が気を付けたい髪型のポイントとは?

気を付けたいヘアスタイルのポイント

最後に、痛い感じに見られないようにするために50代女性が気を付けたい髪型のポイントについて、いくつかご紹介します。

①ぱっつん&重め前髪はNG

前髪は作った方が若く見えるんですが、ぱっつん前髪や重めの前髪はやめたほうが良いです。

子どもや若い方がしていると可愛いですが、大人の女性がしてしまうと、垢抜けない感じになってしまいやすいんです。

なので前髪を作る場合は、斜めに流せる前髪やアシンメトリーなデザインの前髪にすると良いですよ。量は少なめにして軽やかにすると、顔もぱっと明るく見えます。

 

②明るすぎる髪色よりも上品なダークカラーが◎

髪色は明るすぎると、清潔感が失われやすいので注意してください。明るい色だと根本が少し伸びてきただけでもプリン状態が目立つので、色味によっては汚く見えてしまうこともあります。

なので大人の女性や頻繁に根元のリタッチができない方には、暗めのカラーをおすすめします。ダーク系のカラーは髪がツヤツヤに見えやすいですし、上品な印象になるというメリットもあるんですよ。

特に定番のダークブラウンカラーは、多くの方に似合いやすい色ですし、痛い感じに見えることもないのでおすすめです。しかも褪色しにくくモチが良いので、こまめに美容院でカラーしなおすのが難しい方にも向いていますよ!

 

③パーマや縮毛矯正は卒業しよう

パーマや縮毛矯正を繰り返すと、髪はどうしても傷んでしまいます。

髪が傷むとパサパサしますよね。パサパサ・スカスカの髪は老けて見える原因になりますので、極力傷ませないことが大切です。

なので50代になったら、できればパーマや縮毛矯正は卒業しましょう。パーマや縮毛矯正などの施術に頼らず地毛を上手く活かしたヘアスタイルにすれば、髪の状態も悪くなりにくいですし、メンテナンスも日々のスタイリングも楽になります。

 

▼もし現在縮毛矯正をしていて「そろそろやめたい」と思っている方がいたらぜひこちらの記事を読んでみてください

40代からのお悩み「縮毛矯正をやめたい」どうしたらやめることができる?

 

 

まとめ

50代の女性におすすめのヘアスタイルをご紹介してきました。

▽40代から若く見える髪型解説動画

最後に、今回の内容を簡潔にまとめます。

 

  • 痛い感じにしたくない&若々しく見られたい50代女性には短めのヘアスタイルがおすすめ
  • 後頭部の高い位置にボリュームを持たせたデザインにすると丸顔やたるみが目立ちにくくなる
  • ショートに抵抗がある方には襟足を長めに残したスタイルがおすすめ
  • くせ毛の方は癖を活かしたデザインの髪型にするとおしゃれに見えるし扱いも楽になる
  • 50代女性が気を付けたいポイントは「ぱっつんや重めの前髪にしない」「髪色はダーク系にする」「パーマや縮毛矯正はできるだけしない」

 

今回は、これで以上となります。少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!