美容師がズバリ!!40代がやってはいけない髪型を徹底解説

「40代になったら、今までの髪型がしっくりこなくなった」そんなお悩みをよく聞きます。これを読んでいる方の中にも、そんな風に感じている方が少なからずいるのではないでしょうか。

こんにちは、原宿一人経営美容師のMAX戸来です。

結論から先に書くと、年齢によってどうしても似合う髪型は変わってきます。なので20代・30代の頃は似合っていたヘアスタイルが、40代になったら似合っていないと感じるようになる……みたいなことは起こりがちです。髪型だけでなく、洋服やメイクなんかもそうですよね。

なので今回は、今までの髪型がしっくりこなくなった40代女性に向けて「やってはいけない髪型のポイント&特徴」を、現役美容師である僕が徹底解説します!

もしかしたら「NGなポイント」を無意識に取り入れてしまっているせいで、今の髪型が不自然に思えてしまっているのかもしれませんよ。しっかり学んで改善しましょう。

老けて見える!やってはいけない前髪の特徴

前髪はかなり重要です。

顔の印象をかなり決める要素だと言っても過言ではないからです。実際、全体の髪の長さやデザインをほとんど変えなくても、前髪をちょっと変えただけでかなり雰囲気が変わりますよね。

↑こちらのお客様は50代ですが、40代の女性も是非参考にしていただきたいです。前髪は重め、センターパートではなく作ることで若くスタイリッシュに決まります。

おでこや眉間のシワが気になる方にもおすすめですよ。

前髪は1ミリ長さが変わるだけでも結構印象が違ってしまうものなので、しっかり計算してデザイン&カットしなくてはいけません。

芸能人の前髪でも例を挙げさせていただきます。

↑好みがあると思いますが、どっちが似合うと思いますか?僕は前髪がない方(右)が似合っていると感じます。

米倉さんはどの髪型でも前髪を長くしているのが特徴です。40代以降になると、前髪はあったほうが若見えします。しかしぱっつんはNG!長めに作って、斜めに流すとエレガントな米倉涼子さん風になります。

引用:https://kusegelove.com/yonekuraryouko-kamigata/

↑パッツンにすると若作り感が出るだけではなく、顔の輪郭が強調されてしまうから顔のたるみやシワが気になる方は斜めに流す前髪をお勧めします。

このようにNGポイントも多いです。なので「面倒くさい……」と思ってしまうかもしれませんが、前髪に気を使ってあげるとぐっと垢抜ける&若見えしますよ。なのでぜひ今回、NGな前髪とOKな前髪の特徴を覚えていってください!

40代にNGな前髪とは?

40代女性にNGとなる前髪の特徴は、まとめると以下のような感じになります。

  • ぱっつん前髪(子どもっぽく見えるので大人がやると不自然)
  • もっさりとした重め前髪(おばさんっぽいし顔が暗く見える)
  • 時代遅れ感のあるデザインの前髪(ツンツンしたデザインなど古臭く見えるものは当然NG)
  • 分け目がくっきり&はっきりした前髪(分け目くっきりだとトップがペタンとしやすい)
  • 前髪無しのスタイル(似合う人もいるが若く見せたいなら前髪を作った方が良い)

これらは基本的にNGです!

(もちろん例外はありますが、個性的なヘアスタイルが好きなわけではないなら取り入れない方が無難です)

40代にOKの前髪とは?

「逆にOKな前髪はどんなものなの?」と気になりますよね。

40代の女性におすすめの前髪は、ズバリ「斜めに流すことができる、やや軽め&長めの前髪」です。

言葉で説明してもピンとこないと思うので、実際に写真でご覧ください。

大人の女性におすすめのデザイン

↑こういうデザインにしましょう!

このような前髪はおしゃれ&垢抜けて見えるので、40代の方だけでなく20代以上の大人の女性なら何歳の方にもおすすめです。また顔型問わず似合わせやすいのもポイントになります。さらに全体の髪が長めでも短めでもしっくりくるんですよ。かなり万能なデザインなんです。

セットするときはつぶれないように、少しふわっとするように気を付けると良いです。またストレートアイロンかコテがあると簡単にセットできますよ。毛先が少しくるんとするようにセットすると素敵に見えます。

どんな前髪デザインにすれば良いか迷っている方や「イマイチ垢抜けない気がする」と感じている方は、ぜひ上の写真のようなデザインにチャレンジしてみてください!

重めスタイルは卒業!やってはいけない長さとデザイン

スーパーロングヘア

40代になったら、スーパーロングと重めスタイルは卒業しましょう!

まずスーパーロングはかなり髪質が良くないと似合いません。そして個性的でモードな雰囲気になりやすいため、若くても似合うのは少数派ですよ。

適度な長さにすることがお勧めです。

さらに長いと毎日のケアも大変ですし、少し傷んだだけでも汚い印象になってしまいます。特にくせ毛の方にはNGです。「スーパーロング×くせ毛」はボリュームが出すぎてボサボサ&ごわごわしてしまいます。

大人の女性におすすめのセミロング

↑40代以降は、長くてもこれくらいの長さに留めておいた方が良いですよ!

量が多い場合はすっきりさせよう(beforeafter)

それから重めのデザインもやめた方が良いですね。

くせ毛の方や広がりやすい方の中には、あえて重めにしている方がいます。それは「梳いたりしないで重くした方が、髪の重みで広がりが抑えられると美容師に言われたから」という理由であることが多いです。確かにそれは正解です。でも、重すぎる髪型っておしゃれではないですよね。「広がりを抑えられるならダサくても良い!」というなら止めませんが、「少しでもおしゃれに見せたい、垢抜けたい」と思うなら梳きましょう。

梳いたりレイヤーや段を入れてすっきりさせれば、多少広がっても変にはならないです。それに量を減らせば、ドライヤーをかける時間なども短くなるので、ヘアケアも楽になるんですよ。良いことばかりですよね。

汚く見えるのはNG!やってはいけない髪色の特徴

最後に40代女性がやってはいけない髪色について解説します。

まず「汚く見える色」はやめましょう。具体的には一昔前のヤンキーみたいな金髪や、メンテナンスが大変なハイトーンカラーです。

ブリーチが必要な色は、40代以降はやめた方が良いですね。ブリーチ必須のハイトーンや外国人風カラーなどは若くてもきれいな状態を保つのが大変な上に、ブリーチを繰り返すと髪もかなり傷みます。傷むとパサパサしたり枝毛・切れ毛が目立ったりして、髪がきれいに見えなくなってしまうんです。ツヤがない髪は老けて見える原因にもなるので、できるだけ傷ませないように注意しましょう。

カラーで印象が変わる

じゃあ具体的にどんな色にすれば良いのかというと、7トーンより暗いカラーです。

暗めの色はブリーチしなくてもOKですし、さらに髪がツヤっとして見えやすいというメリットもあります。基本的に暗いカラーの方がツヤが出やすいんですよ。あとは暗めカラーだと根本が伸びてきても「境目」が目立ちにくいので、頻繁にリタッチしなくても良いです。なのでこまめに美容院に行けない方にも嬉しい色なんですよ。

色味はどんなものにすれば良いかというと、おすすめはブラウン系ですね。ブラウン系は褪色しにくいですし、多くの方に似合うからです。

でも似合う髪色って人によって違うんですよ。ブラウンが似合う方もいれば、黒髪が似合う方もいます。またブラウンといっても赤みが強いブラウンが似合う方もいれば、黄みが強いブラウンがしっくりくる方もいます。

似合う色が人それぞれ違うというのは、メイクや服のことを考えてもらうとわかりやすいです。「ピンクのリップでも、コーラルピンクは似合うけど青みピンクは似合わない」とか、そういうことありますよね。

髪色もそういうものなので、自分に似合う色を選択しましょう。どんなカラーが似合うかわからないなら、美容師に相談してください。またパーソナルカラーについて少し勉強するのも良いですよ。どんな色が合うのが知っておくと、ヘアカラーやコスメ、洋服などを選ぶときに役立ちます。

まとめ

今回は40代女性がやってはいけない髪型について、美容師である僕が徹底解説しました。

最後に重要なポイントをまとめるので、復習に活用してください。

  • 前髪はかなり重要なのでこだわるべき。NGなのは「ぱっつん前髪」「おばさんっぽく見えるもっさり前髪」「時代遅れなデザイン」「分け目がくっきりしすぎたデザイン」「前髪無しスタイル」
  • 逆におすすめの前髪デザインは「斜めに流すことができる、やや軽め&長めの前髪」
  • スーパーロングや重めデザインは垢抜けないのでやめた方が良い
  • 汚く見えやすいカラーやメンテナンスが大変なハイトーンカラーはやめよう
  • カラーは7トーンより暗いブラウン系がおすすめ(ただし人によって似合う色は違うので自分に似合うものを選択することが大事)

今回の内容は、これで以上となります。

ヘアスタイルに悩んでいる方や「痛いと思われない髪型にしたい」と思っている40代の方は、ぜひ参考にしてください。NGポイントをできるだけ避けて、大人の女性ならではの魅力を引き出すことができるヘアスタイルを作りましょう。

僕もお手伝いしますので、何かあれば相談してください。最後までお読みいただき、どうもありがとうございました!