fbpx

強いくせ毛でも素敵に変身!40代「脱おばさんショートヘア」を美容師が解説

「私のような強いくせ毛でも女性らしい魅力的なショートヘアになれたら・・・」

強いくせ毛で悩んでいるあなたは、自分の嫌いなくせ毛を魅力に変えたいと思っているはずです。

実は、毎日の正しいホームケア方法と注意点を知るだけで「くせ毛」を魅力に変えることができます。

はるか
「女性らしいショートは無理」
「おばさんっぽくなる」
「丸顔だからショートは似合わない…」

ご安心ください。

もし、これからショートにしたいと思っているなら、ぜひこのページを最後までお読みください。

美容師:戸来
これまでたくさんのくせ毛で悩む40代女性を担当させていただいた、美容師の戸来があなたのお悩みを解決します。

強いくせ毛の特徴と4つの種類(タイプ)

画像のように「くせ毛」には4つの種類があります。

  • 波状網(はじょうもう)
  • 捻転毛(ねんてんもう)
  • 連珠網(れんじゅもう)
  • 縮毛(しゅくもう)

4つの中で特に強いくせ毛は「縮毛」です。

「縮毛だから魅力的なショートになれない」と決めつけているあなたに朗報です。

結論、毛量や髪の太さによっては「縮毛」でも女性らしい品のあるショートになれますよ。

ご覧の通り艶とまとまりのある女性らしいショートになれます。

今からお伝えする秘密を実践いただいた方のみが強いくせ毛でも魅力的なショートになれますよ。

「縮毛」ではないくせ毛の方も是非参考にしてください。

失敗しないくせ毛ショートの注意点と頼み方のコツ

似合う髪型や理想の髪型がわかっていても、切るのはあなたではなく美容師さんです。

だから、頼み方を間違えてしまえば、失敗します。

失敗しないためには、あなた自身が自分の髪質や生え方の特徴を理解している必要があります。

 

でも、正直自分の髪質をわからない方もいらっしゃると思います。

「失敗したくない」そんなあなたは以下の4つに注意をしてください。

  1. 毛量の調整
  2. 過剰な段(レイヤー)
  3. 髪にダメージを与える施術
  4. ホームケア

では、これら4つの注意点と頼み方のコツを順番に解説していきます。

毛量の調整
強いくせ毛で髪の毛の量が多い場合「髪を軽くしてください」というオーダーには注意をしなくてはいけません。

理由は、40代の女性の髪はうねりやパサつきが10代のころに比べて出やすくなっているからです。

「ショートヘアにイメチェンをしたい」と考えている方は、スカスカでまとまりがないショートにならないように注意しましょう。

逆に重すぎてもいけません。

一切軽くしない重めのショートヘアは、髪質と年代によっては有効ですが、40代以降で垢抜けた髪型になりたい方は適度に軽くしてもらう必要があります

つまり、重すぎず軽すぎないショートにしなくてはいけないのです。

例えばこんなふうにです。

担当の美容師さんには過去の失敗談もお伝えすると失敗の確率が低くなりますよ。

過剰な段(レイヤー)
まず、お断りしておきますが…
トレンド的に極端に段(レイヤー)を入れたヘアデザインはおすすめしません。

たしかにトップにボリュームを出すために段(レイヤー)を入れると効果的な場合がありますが、トップが短すぎては「痛い40代の髪型」になってしまいます。

逆に、段を一切入れない髪型にしてしまうと野暮ったい印象になってしまうので注意をしましょう。
では、具体的にどのようなショートがおすすめなのかをご紹介します。
以下の事例をご覧ください。

このように、適度な段(レイヤー)を加えたショートヘアは毛量の多い髪質でも女性らしい印象になれるので参考にしてみてください。

ただし、強いくせ毛を女性らしい艶とまとまりのある髪にするためには、正しいホームケアをしなくてはいけません。

これからもっとも大切なことをお伝えしますので、是非お読みください。

毎日のお手入れが楽になる2STEPアウトバストリートメント

強いくせ毛を隠すために、あなたは美容院でしかできないトリートメントや髪質改善、縮毛矯正をしていませんか?

結構お金ってかかってしまいますよね。

そう考えると毎日お家でサロンクオリティーのヘアケアをした方がお得です。

それに、縮毛矯正で真っすぐな髪が似合うとも限らないですよね。

40代以降の女性は真っすぐでまとまりのある髪型よりも、自然体が一番好印象です。

「そう言われても•••。私は強いくせ毛だから、縮毛矯正をかけないと広がってしまって素敵なショートになれない」と思う方もいらっしゃいますよね。

そんなお悩みのあなたのために開発した2STEPをご紹介します。

・広がり
・パサつき
・チリつき

そんなお悩みを解決できるホームケア商品です。

2STEPの口コミ一覧(22件)を見てみる

ショートヘアで「おばさんみたい」に見えてしまう3つの特徴

襟足、前髪が重い
襟足、前髪が重いとデザインにメリハリが出せません。重たい襟足は、後ろ姿が太った印象になってしまうため軽くしましょう。

シルエットが四角い
下膨れや丸顔でお悩みの40代女性が四角いシルエットのショートヘアにしてしまうと、コンプレックスと感じている顔型を強調させてしまいます。
強いくせ毛でも「垢抜けた印象になりたい」という方はひし形を目指しましょう。

艶と束感のない髪
強いくせ毛&ショートヘアには艶がなくてはいけません。
スタイリング剤(ワックス、ヘアオイル)が必要となります。

以上、3つの特徴を踏まえ、以下では
・アイロンなし
・縮毛矯正なし
のBefore→Afterをご紹介します。

強いくせ毛におすすめ!40代のショート4選

「強いくせ毛&丸顔」40代におすすめのショート

毛先に動きがあって、シルエットがひし形だから丸顔を強調しない!

大人可愛いショートに変身できましたね。

フェイスラインに沿わせるように、顔周りには短い髪を作るのをおすすめします。

美容師:戸来
どんなに上手にカットをしてもらってもお家でのヘアケアがくせ毛に合わなければ『美容院帰り』の艶は再現できません。そこで、僕はたくさんのくせ毛さんの生の声をもとに商品開発をしました。

 

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます。

最後に重要事項を以下でまとめます。

  • 「おばさん」にならないために重すぎずすぎないデザインがおすすめ
  • 40代の強いくせ毛には縮毛矯正ではなく、スタイリング剤が必須
  • 丸顔のショートは毛先に動きとシルエットにメリハリが重要

以上です。

くせ毛のお悩みがなくなりますように。

https://maxherai.com/shopdetail/000000000035/?utm_source=kusegelove&utm_medium=banner&utm_campaign=kusegelove_kizishita_banner_20210917