「くせ毛でよかった」魅力的なショートヘアご紹介!【40代女性編】

「くせ毛はショートにすると手入れが大変」

「40代からイメチェンなんて怖くてできない」

「私にはショートは似合わない・・・」

そんなお悩みのあなたへ!

こんにちは。カット3万円美容師のMAX戸来です。

くせ毛を活かしたからこそできる素敵なショートカットはたくさんあります。

↑こちらのお客様は常連様で50代の方です。今ではセットも楽ちんでくせ毛だからこそオシャレで魅力的な雰囲気に。

「くせ毛だからショート失敗」そんな経験ありませんか?

髪質だけではなく面長の顔がコンプレックスだったり「襟足の生え癖でショートを断られてしまう」、または「老けて見られてしまう」という悩みを抱えている人は必読ですよ!!

お手入れもセットもラクなショートカットを手に入れて、楽に若々しさを手に入れませんか?

という事で今回の記事では40代からおすすめのショートと美しく見せるためのヘアケア法についてご紹介させていただきます。

40代のくせ毛女性にショートヘアがおすすめな理由

  1. 手入れがとっても楽
  2. くせ毛のうねりを長所に変える事ができる
  3. 40歳から若く見える

でも条件を満たさないといけません。

くせ毛で毛量が多い場合や比較的「男顔」などと思われる方はレイヤーとシャギーが上手にカットされているデザインをお勧めします。

芸能人で例えるなら吉瀬美智子さんです。

このように毛先が軽いヘアスタイルは40代女性に特におすすめです。

理由は重めにカットをしてしまうと顔がリフトダウンしてしまうからです。

丸顔が気になってしまう方や「エラが張っている」と悩んでいる方は前髪を長めに残しましょう。

40代は30代までとは違う髪の悩みが出てくる

いわゆる「加齢」が進むと髪の悩みが変化するのが一般的で“毛周期”という髪の生え変わりサイクルが崩れてしまうことが影響しています。

生え変わりサイクルが短くなると髪の伸びるスピードが遅くなるし、髪自体も細くなったり切れやすくなったりするんです。

 

若い頃似合うと自覚した髪型が似合わなくなるのも上であげた「加齢」が原因です。

髪の悩みが変わったら、その悩みをカバーするような髪型に変えることが大切なんです。

自分に合ったショートヘアはとにかく手入れが楽!

↑このようにちょっとしか切らなくとも美しくなる事が可能です。

それにセットは僕がパサついてしまうくせ毛さんのために開発をしたヘアオイルとワックスを付けただけだから、とにかく手入れが楽。

↑カット後ブローなどの難しいセットをしなくても、くせ毛を垢抜けるショートに仕上げました。

 

40代といえば、仕事・家事・育児・介護…と毎日バタバタと忙しく動いている人が多いですよね。そして、30代の時に比べて「加齢」を本格的に気にする人が増えてきます。

そんな悩みを抱えている方がくせ毛を活かしたショートヘアにすると、以下のような特典があります。

「朝のスタイリングが楽」
「毎晩のドライヤーが楽」
「白髪も薄毛も気にならなくなる」

と髪のお手入れだけではなく見た目と心の在り方すべてがとっても楽になるんです。

 

さらに“若見えする”というメリットまであるので、いいことずくめなんです。

ちなみに「若作り」と「若見え」は違います。

若い時のような「ぱっつん前髪」や「明るすぎる髪色」は若作りと見られ、“イタイ印象”になることも…。

くせ毛を活かしたショートヘアなら、マイナス5歳や7歳といった“若見え”効果も期待できるんですよ。

自分の骨格と髪質を活かしてくれるショートヘアなら、若々しさと自信を取り戻せるでしょう。

40代からショートカットデビューする女性は多い

20代・30代をロングやセミロングで過ごしてきた女性にとって、「40代からショートヘアなんてハードルが高い…」と思っていらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、僕のお店にいらっしゃるお客様の多くは、40代からショートヘアデビューしているんですよ。

「くせ毛」と一言でいっても人それぞれ、クセの強弱は違います。だからこそ、その人に似合った髪型にすることが大事なんですね!

【40代おすすめの髪型】くせ毛が好きになるショートヘア3選

さて前置きが長くなってしまいました。

今からご紹介する髪型はショートにする事ができない、似合わないと思っていた方の変身画像になります。

1.「恥ずかしい、見慣れない!」という人は“長めショート”。

この肩にあたって“はねる”襟足がポイントなので、間違っても「うねるのがイヤ」と切ってしまわないでくださいね…。女性らしさがなくなり、一気に「おばさんショートヘア」になってしまいます。

丸顔や頭が大きく見えてしまうのが悩みの人は、この長めに残した襟足がカバーしてくれますよ。

くせ毛だからといってヘアカットの後にコテやブローといったスタイリングを一切していません。

2.ひし形シルエットで一気に「若見え」

くせ毛さんにとってボブは定番ですが、四角いシルエットのボブは“ちびまる子ちゃん感”が出て失敗しやすいのです。

くせ毛を隠したい人は重めのヘアスタイルにしがちですが、下にボリュームが出るボブは年相応になりやすいので、「若見え」しません。

そこでおすすめなのが、画像のようにひし形シルエットのショートカットです。

面長に似合うショートヘアもある

「面長だからショートは似合わない」と思っている人が多くて僕は正直驚いています。骨格をカバーするならショートヘアが一番なんです。

しかしショートヘアは失敗すると、面長が強調されてしまうのも事実…。自分の骨格に合ったショートヘアにすることがなにより大事です。

面長さんがショートヘアにする時のポイントは、「前髪があるかどうか」です。

前髪を作ることで面長を活かしたヘアスタイルとなり、顔の長さが強調されません。

 

注意すべきは前髪は短すぎてはいけないということ。

「ちょっと邪魔」くらいの長さにして、写真のように流すようなデザインにしましょう。

くせ毛ショートヘアで避けるべきポイント

「ショートにしたらまとまらない」「老けて見られてしまった」「野暮ったく見えてしまう」というお悩みの方に、失敗をしないためのアドバイスをさせて頂きます。

重ためボブは失敗のもと

先ほども言いましたが詳しく説明しますと“無難”という理由で重ためボブは人気ですが、くせ毛の40代女性には向いていません。

なぜならくせ毛の強さによってはボブにすると広がってしまい、セットがとても大変!仕事に家事にと忙しい40代女性には、セットが大変な重ためボブはおすすめしません。

ショートヘア+縮毛矯正やパーマは失敗しやすい

くせ毛の人に多いのが縮毛矯正。「くせ毛だからまっすぐな髪にしないと!」と縮毛矯正をかける人もいますが、僕に言わせればそんな必要ありません。

今回ご紹介したようにくせ毛を活かしたショートカットなら、縮毛矯正はかけなくても問題ないどころか、くせのある髪が必要です。

女優さんでもショートカットにしている人は多いですが、あえてコテで巻いて「くせ毛風」にスタイリングすることもあるんですよ。

女性らしいショートヘアには、「丸み」や「うねり」といった曲線のシルエットが大事。しかし縮毛矯正をあてることでシルエットが直線になってしまい、男性的な印象になってしまうんです。

くせ毛を扱いやすくするためにパーマをかける人もいますが、髪の傷みが気になる40代には向いていません。

くせ毛を美しく見せるポイントはホームケアにあり

↑僕がくせ毛さんのために開発したプリュムワックスとプリュムヘアオイル。

 

くせ毛の場合、パサついたり広がったりするので髪のお手入れが重要です。「お手入れ」というとサロントリートメントを連想する人が多いですが、サロンケアは時間やお金の浪費。

「ホームケア」のほうがずっと大事だし経済的にもお得なんです。

なぜならサロントリートメントをした直後はサラサラツヤツヤの髪になっても、シャンプーやドライヤーを繰り返す間にまたもとに戻ってしまうからです。

 

サロンケアはあくまでも一時的なもので、「くせ毛」という本来の髪質を変えることまではできません。

だからいかに「毎日くせ毛を綺麗に見せるのか?」が重要だと思って、僕はヘアオイルとワックスを開発しました。

↑このように乾かす前にプリュムヘアオイルを付けて、仕上げにプリュムワックスを使う事で艶のある髪に仕上げる事が可能です。

↑くせ毛さんやダメージ毛はうねりやパサつきを出してしまうので、ヘアオイルで補修・保護しなくてはいけません。

そして、くせ毛を綺麗に見せるためにワックスを付ける必要があります。

\嬉しい喜びの声/

こちらだけではなく、「縮毛矯正をやめる事が出来た」「くせ毛でもまとまる髪にする事が出来た」など多くの喜びの声をいただいております。

1日103円で3ヶ月間、美しいくせ毛にする事ができるのでおすすめですよ。

 

以上、くせ毛でも魅力的なショートになることができた実例とおすすめのヘアケア製品をご紹介させていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。