くせ毛を生かした(活かした)髪型ショートの解説『40代女性編』

くせ毛だからショートなんてできない」「軽い髪型にしたいけれど、“くせ毛だから”と断られてしまった」という方へ。

こんにちは、原宿一人経営美容師MAX戸来です。

40代からくせ毛を活かした髪型にするなら、ショートが一番おすすめです。しかしくせ毛の人は「重めじゃないとムリ」「髪があばれるからショートなんて…」と諦めている人が多いです。連日お悩みをいただくのですがそのたび残念だなと思っています。

断言しますが、くせ毛の人ほどショートが似合いますよ!そこで今回の記事ではくせ毛を活かしたカット事例と、オーダーする時の注意点を解説します。さらに記事の後半ではリアルくせ毛のショートカットBEFORE→AFTER動画をご紹介致しますね!ぜひご参考にしてみてくださいね。

「くせ毛だからショートは無理」は誤解

↑60代のくせ毛を活かしたショート。セットは乾かしてプリュムワックスを付けただけ、若く見えますよね。

くせを活かすなら断然ショートがおすすめ

くせ毛の人は、「毛量が多い」「パサつく」「広がる」といった特徴があります。そしてくせ毛を隠すために、ずっと縮毛矯正やパーマを続けている人もいます…。

縮毛矯正やパーマで作った髪型に満足していますか?頻繁に美容院に通うことに疲れてはいないでしょうか。

40代になるとホルモンバランスの変化や加齢によって、髪にも変化が出ます。ずっと縮毛矯正などで髪にダメージを与えていた人は、髪のツヤがなくなったり髪が薄くなったりして、30代までとは違う悩みを持ち始めます。

40代から新しい自分に出会いたいなら、思い切って縮毛矯正やパーマを卒業してみましょう。縮毛矯正やパーマに通うのを卒業するためには、ばっさりと切ってしまうのがおすすめです。

くせ毛の特徴をしっかり理解してその人に合ったショートにすれば、ストレートの人がうらやむような素敵な髪型になります。でもここで問題なのは長く通っている美容師さんだと「くせ毛だから広がってしまう」と断られてしまうことが多いです。

美容師さんは一度短く切ってしまうと戻すことができないし、失敗をしてしまうことでの失客もリスクですからできるだけ今の長さだったり雰囲気をキープしたくなるものです。

 

大人上品なショートは作れる

ショートカットは苦手、という人の中には、ショートカット=ボーイッシュというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

たしかに長い髪は女性らしさの象徴ですし、まとめ髪にしても長くなびく髪はとても女性らしいですよね。

しかし、女性らしさを引き立てるショートカットもたくさんあるんです。ポイントを押さえて作ったショートヘアなら、あなたのくせ毛を最大限に活かして若々しくすることだってできます。

おばさんっぽくならないショートのポイント

ポイントを外した“おばさんショート”になってしまうと、「失敗した」とがっかりしてしまいます。40代以降になると、やはり女性は実年齢より若く見られたいと思うものですよね。

若々しいショートには、ツヤとシルエットが大事なんです。

まずパサついた髪は清潔感がなく、ショートでもロングでも老けて見えてしまいます。とくにくせ毛の人はパサつきやすいので注意が必要です。

どんな髪型でも、髪のツヤは大事!でも、その場限りの高級サロントリートメントにお金をかける必要はありません。

そこでおすすめなのが、僕がくせ毛のために開発したプリュムワックス。トリートメント効果もあるので、朝のセットだけじゃなくお風呂上りのドライヤー前にも使っていただけます。


↑例えばこちらの女性は、バッサリとショートにしたあとプリュムワックスを付けただけで髪のツヤが出ていますよね。サロントリートメントにお金を掛けなくても、一瞬で髪のツヤは作れるんです。

髪を下したときに毛の量が多い方って、「ショートにしたら爆発をしてしまう」と思われる方がいらっしゃいますが、くせ毛だからこそふんわり女性らしいショートになることもあります。

↓プリュムワックスを使う量はロングの人でこのくらいです。ショートにしたらもっと少なくてOKです。

くせ毛を活かす!40代におすすめの髪型before・after

同じショートでもシルエットの調整で激変

↑もともとショートの女性ですが、襟足部分をコンパクトにしてトップにボリュームを出すようにカットしました。今すでにショートにしていても、「若々しく見えない」「やっぱりショートは似合わないかも」と思っている人は、シルエットを変えるだけで素敵になります。

シルエットを整えたafterのほうではさらに髪を短くカットしていますが、パールのネックレスが似合う上品なショートカットになっていますね。

丸顔さんでもショートが似合うくせ毛を生かした髪型


↑こちらの女性はご来店時、「丸顔だから顔を出したくない」「毛量が多いから軽いショートにはできない」と仰っていました。だから顔を隠すように周りの毛を残して、重めにしています。

しかしafterでは軽いショートにしてフェイスラインもしっかり出していますが、beforeにくらべてアゴのラインがシュっとしているのがわかりますか?

横顔の雰囲気が、ずいぶんと若々しくなっています。

毛量が多いくせ毛さんも素敵なショートになる

↑こちらの女性も、くせ毛と毛量の多さにお悩みでした。くせ毛の人に多いのが、「毛量が多いから軽くできない」というお声。しかし重さを残したbeforeのショートカットは、広がった髪のせいで頭が大きく見えてしまっています。

重たいショートカットは野暮ったい雰囲気になりがちなので、40代以降の女性には向いていません。

ということでafterでは軽さを意識したショートカットにしました。トップのボリュームとほどよく出した耳で、首やフェイスラインがとてもきれいに見えています。

同じショートでも、シルエット1つでここまで違いが出るんです。

くせ毛を生かしたショートはワックスで軽くセットすればOK!

うねりやくせ毛、髪のチリつきで悩んでいる40代の女性は、

「くせ毛があるのにショートにすると、髪が広がって扱いにくくなる」
「自分では美容院でセットしてもらったみたいに再現できないでしょ…」

恐らく、このように思っているでしょう。

 

実際に。

美容院でショートにしてもらったのは良いけれど、翌朝から予想もしていなかった「髪との戦い」が待っていた…なんて経験をしたことがある方も多いかもしれませんね。

くせ毛さんが髪型をショートにするときには、やはり美容師の腕と「見極める力」がカギとなってきます。

冒頭で「くせ毛の人ほどショートが似合いますよ!」と断言しました。

しかし、髪質や毛量、くせの強さなどを完全に無視してカットしてしまえば、それは「くせ毛を生かしたショート」ではなく…単なる「くせ毛の人がショートにしました」というだけの無計画極まりない結果になってしまいます。

 

本当に似合うショートを作るためには、生え方のクセや、うねりの向きなどを総合的に判断して「ベストな長さ」でカットしていく必要があるのです。

まさに美容師の腕の見せどころです!

こちらの女性は、くせ毛のせいでパサパサに傷んで見えるのが悩みでしたが…

afterでは髪型をショートまでカット&カラーをして、乾かした後に「プリュムワックス」でセット。

これだけで、こんなに艶のある髪になることが可能なんです!
本当に見違えるようですね。

ワックスは指先にほんの少しの量でOK。
毛束を作るようなイメージで馴染ませ、トップと後頭部にふんわり感を出しましょう。

プリュムワックスは、美容院MAXが開発した「くせ毛さん用」のオリジナルワックス。
お肌にも優しい原料のみを厳選して作っているため、敏感肌やニキビができやすい方でも安心してお使いいただけます。

ワックス特有のゴワゴワ感が一切なく、主に「髪にツヤを与える成分」で構成されているため、多くの女性にも大好評!
ショートヘアだけでなく、ロングの方でも使えるほどナチュラルな仕上がりが特徴です。

女性らしい柔らかい印象の仕上がりとツヤを、ぜひ実感してみてくださいね。

▽50代くせ毛さんでも美しいショートカットに(動画)

くせ毛を活かすショートカットをオーダーする時の注意点

毛先は揃えすぎない

くせ毛の40代女性がショートカットにするときは、毛先を揃えないことが大事なポイントです。美容院でショートカットをオーダーする時は、しっかりと「毛先を揃えないでください」と伝えておきましょう。

なぜなら多くの美容院では、くせ毛の人をショートカットにするときは重ためにする傾向があるから。毛先があばれるのを抑えるために、毛先を揃えた重ためカットにされたという人も多いのではないでしょうか?

僕のお客様の中にも、「くせ毛だからこれ以上軽くできないといわれた」という方も多いんです。

だけど、くせ毛を活かしたショートにするなら軽さは大事!毛先は揃えず、軽いショートを楽しみましょう。

とはいえ、軽くするのが100%正解ってことではないのですが、活かす場合はレイヤーを上手に入れるだけではなく毛先を軽くしなくてはいけない。パサパサになってしまうリスクが高くなる分、成功すれば今よりも魅力的な雰囲気に慣れるので勇気をもってイメチェンしてみてはいかがでしょうか?

「これ以上は切らないで」という限界を伝える

美容院で「どれくらい切りますか?」と聞かれたとき、「3センチほど」とか「10センチほど」と伝えている人が多いと思います。「具体的な数字を言ったほうが伝わりやすい」というのが一般的な考えですもんね。

でも、ちょっとそのオーダー法はナンセンス・・・。だって想像していただきたいのですが、定規を持ちながらカットをさせること自体無理がありますよね・・・。

結果的に、仕上がりを見て「オーダーした雰囲気と違う!」という結果になりかねない。

特にショートは1センチ切っただけでも雰囲気が全然違います。だから、切ってほしい長さを伝えるよりは、「これ以上は切らないでほしい」というギリギリのラインを伝えたほうがいいんです。

長さをこだわっている理由はきっとコンプレックスが出てしまうからと心配をしているからですよね?自分では短所だと思っている顔のパーツは他人からするとそうでもないケースが多い。

似合う髪型は他人が決めることなので信頼できる美容師さんであれば、任せてみるのもよいかもしれませんね。そしてできた髪型が見慣れなくても、一度受け入れてみてはいかがでしょうか。

パーマもサロントリートメントもいらない

最初にお伝えした通り、おばさんっぽくないショートにするには髪のツヤが大事です。トリートメントメニューがある美容院で「髪のツヤがほしい」と言ったとき、ほぼ間違いなくサロントリートメントをすすめられるでしょう。

しかし、ツヤ髪のためのサロントリートメントは不要、というのが僕の考えです。

サロントリートメントをしたところで、髪質は変わりません。あくまでも一時的にツヤが手に入ったように見えるだけで、時間が経てばツヤはなくなります。そうなるとまた、サロントリートメントに行かなくては、という気になってしまう。

髪のツヤを作るためには、ホームケアをしていれば十分。毎朝サっとプリュムワックスを付けるだけでツヤツヤになるし、保湿までできます。

あと、くせ毛のうねりを隠すためのパーマもいりません。もともとうねっている髪にパーマでうねりを強くしても、成功するケースはあまりみかけません。髪がより傷んで扱いにくくなり来店される方の方が圧倒的に多いです。

もちろん縮毛矯正も不要。縮毛矯正が残った状態でショートにすると、直線的なラインが強調されて男性っぽさが目立ってしまいます。さらにトップのボリュームも出にくいので、大人かわいいショートや上品なカットは作れません。

くせ毛を隠す必要はなく、くせを活かしたカットにすればあなたの個性が活きてきます。

まとめ

40代から若々しい髪型にしたいなら、断然ショートがおすすめです。今回ご紹介したように、ショートカットでも女性らしい雰囲気は十分作れます。

ショートに挑戦するなら、オーダー方法も注意が必要です。今回ご紹介した注意点を抑えて、あなたの個性であるくせ毛を引き立てるショートを手に入れてくださいね。