50代の面長さんに大切な髪型のオーダー法について「ミセス編」

面長がコンプレックスなのでできるだけ髪型でカバーしたい」「ミセス風の上品なヘアスタイルにしたい」そんな50代の面長さん必見です!

こんにちは、原宿一人経営美容師のMAX戸来です。

50代になったら、やっぱり上品で女性らしく見える髪型にしたいですよね。個性的なヘアスタイルや流行っている可愛い髪型も素敵ですが、年齢のことを考えて落ち着いた感じの雰囲気にしたい方は多いと思います。とはいえ、地味な髪型やいかにも「おばさんっぽい」デザインのスタイルは嫌ですよね。

そこで今回は面長の50代女性向けに、おすすめのヘアスタイルやミセス風の上品な髪型を作るためのオーダーのポイントを解説していきます。※最後に動画で50代の面長さんに似合う髪型の解説をしております。

上品に見せつつ顔型をカバーすることができるヘアスタイルが知りたい方や、どんなことに気を付ければ良いのか分からなくて困っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

50代面長女性向け「長さ別」オーダーのポイント

まずは髪型をオーダーするときのポイントを、長さ別に解説します。

面長さんに似合うヘアスタイルの特徴も一緒にご紹介するので、デザインの参考にしてみてください!

50代面長女性がミセス風ショートにする場合

面長向けショート

ショートヘアはすっきり見えるため若く見えます。それだけではなく髪質を活かしたデザインにしやすいので、かなりおすすめの長さです。

50代になると加齢による髪質の変化(薄毛や抜け毛、白髪や髪の乾燥、うねりなど)が気になってくる方も多いと思います。そういう髪に関する悩みも、ショートヘアは解消しやすいんですよ。さらに髪のお手入れやスタイリングにかかる時間を短縮させられるというメリットもあります。なので僕は、40代・50代の大人の女性にはショートヘアをおすすめすることが多いですね。

面長さんがショートヘアにするときのオーダーのポイントは「前髪を作る」と「襟足を長くしすぎない」です。

まず面長さんは前髪を作るようにしましょう。これはショートヘアに限らず、どんな長さのヘアスタイルであってもそうです。

前髪を作らないデザインだと、どうしても面長が強調されてしまいます。さらに前髪を作ることで、50代のお悩むであるおでこのシワなどをカバーすることができ、若々しく見せられるという利点もありますよ。

ただし作ればいいという問題ではないので重い&厚い前髪はNGです。前髪が重いと顔が暗く見えてしまいます。適度に薄くしましょう。そして長さはやや長めにして、斜めに流すようにすると上品なミセス風スタイルになりますよ。

またショートヘアにする場合、襟足を長くしすぎないことも大事です。襟足を長くしすぎてしまうと縦のラインが強調されるので余計に面長に見えてしまいます。とはいっても襟足が短すぎるデザインは男性的に見えてしまうことがあるので、全体のバランスを見ながら女性らしさをしっかり出せるような長さにする必要がありますね。

50代面長女性がミセス風ボブにする場合

面長向けボブ

ボブスタイルにする場合のオーダーのポイントは「前髪を作る」「ひし形シルエットに近づける」「後頭部の丸みが低めの位置に来るデザインにする」の3点です。

面長をカバーしたい場合、シルエットはひし形に近づけてあげるのがおすすめ。ひし形シルエットのボブは顔型を自然にカバーすることができ、バランスの良い仕上がりになります。

また美しいシルエットを作るためには、後頭部に丸みを持たせることも大事です。ふんわりとしたシルエットにすると、加齢によって髪が薄くなってきても気になりにくいですよ。

ただし面長さんの場合は、後頭部の丸みが高い位置に来すぎないように気を付けなくてはいけません。なぜなら高い位置にボリュームを持たせてしまうと、余計に顔が長く見えてしまうからです。

低めの位置でふわっとするデザインにすると、適度に顔型をカバーすることができるので良いですよ!

ちなみにくせ毛の場合はショートボブがおすすめです。軽さを出してあげた方が、癖やうねりを活かしやすいからですね。

反対にやめた方が良いのは、重めのボブスタイルです。重めのボブは確かに可愛いのですが、髪質や骨格が良くないと似合わせるのが難しいです。また50代の女性が重めボブにしてしまうと、個性的な感じになりすぎたり若作り感が出てしまいます。個性的な雰囲気が好きなら別ですが、エレガントなミセス風ヘアを目指すのであれば、避けた方が良いでしょう。

50代面長女性がミセス風セミロングにする場合

面長向けセミロング

50代になったら髪を長くしすぎないことも大事です。鎖骨あたりがおすすめです。

長い髪はどうしてもきれいな状態をキープするのが難しいですし、加齢によるパサパサ感も目立ちやすいです。なので長くするにしても、ミディアム~セミロングくらいの長さにしておきましょう。

セミロングにする場合のオーダーのポイントは「髪色を暗めにする」と「毛先を重くしすぎない&長くしすぎない」の2点です。

髪をきれいに見せるためにはツヤが大事です。そして明るい髪色より暗い髪色の方が、ツヤっぽく見えやすいんですね。なので暗めのカラーにした方が、髪が美しく見えて若々しい印象になります。

似合う髪色はその人の雰囲気や肌の色によっても変わってきますが、誰にでも似合いやすいおすすめカラーは「7トーンより暗いダークブラウン」です。上品な雰囲気も出せるので、困ったらダークブラウンにチャレンジしてみましょう。

また毛先に軽さを出すことも重要です。毛先が重いセミロングだと、暗い印象になったり野暮ったく見えてしまうからです。毛量が多めの方は、レイヤーやシャギーを入れて調節しましょう。

さらに毛先には動きを出した方が、面長解消に効果的ですよ。ストンとしたセミロングやロングだと縦ラインが強調されるので、余計に顔が長く見えてしまいます。少しふんわりさせると良いですね。

注意!50代の面長さんにNGなヘアスタイルのポイント

NGなヘアスタイルのポイント

最後に、50代の面長さんにはおすすめできない「NGなポイント」をご紹介します。

サロンでオーダーする際には気を付けてください!

NGポイント1:ぱっつん前髪

ぱっつん前髪は顔型を強調するので基本的にはおすすめしません。

また幼い印象になりやすい前髪デザインなので、子どもや若い方にはともかく、大人の女性にはあまり似合わないんですよ。

上品ミセスを目指すのであれば、斜めに流せるデザインの前髪が良いですよ。

NGポイント2:センターパート

センターパートというのは、いわゆる「真ん中分け」ですね。顔の真ん中に分け目を作って、前髪を左右に分けた状態のことです。

センターパートは面長を強調するので、面長が気になっている方はやめた方が良いですよ。繰り返しになりますが、前髪は斜めに流しましょう!

NGポイント3:トップに高さを出しすぎたデザイン

トップをふんわりさせたり適度にボリュームを持たせたりすると、立体的でおしゃれな雰囲気になります。

ただし面長さんの場合、あまりにもトップに高さを出しすぎてしまうと縦長を強調してしまうので気を付けてください。

もちろんトップがペタンとつぶれていると貧相に見えてしまうので、調節が難しいところでもありますが……。

トップのボリュームは程々にして、サイドの髪をふんわりさせたりしてバランスをとるのが理想ですね。軽くコテで巻いたりするのも良いと思います。

まとめ『動画でも解説』

最後に、今回の内容を簡単にまとめておきます。

  • 面長さんがショートにする場合のポイントは「前髪を作る」「襟足を長くしすぎない」
  • 面長さんがボブにする場合のポイントは「前髪を作る」「ひし形シルエットに近づける」「後頭部の丸みが低めの位置に来るデザインにする」
  • 面長さんがセミロングにする場合のポイントは「髪色を暗めにする」「毛先を重くしすぎない&長くしすぎない」
  • NGなポイントは「ぱっつん前髪」「センターパート」「トップに高さを出しすぎたデザイン」

今回は、これで以上となります。少しでも参考になれば幸いです。

▽動画で解説

最後までお読みいただき、ありがとうございました!