50代からこだわりたい「髪のつや」ヘアケア法とデザインの注意解説。

「50代になったら、髪の毛のツヤがなくなってきた…」と悩んでいる方へ。

こんにちは、原宿一人経営美容師MAX戸来です。

髪の毛もお肌とおなじく、年齢による悩みが出てきます。髪の毛が生えかわるサイクルがズレることでツヤがなくなり、若々しい印象が薄れてくるのです。

しかし50代でも髪の毛にツヤを取り戻す方法もあります!これから50代からできるヘアケア方法と、ツヤ感をアップさせるヘアデザインとヘアケア法そしてオススメのケアアイテム、そして!動画でお手当の方法をご紹介させていただきます。

50代の髪につやがなくなる3つの原因

↑こちらの女性は毎回美容院でトリートメントをされてしましたが、すぐにこのようにパサつく髪になってしまうのがお悩みだそうでご来店をいただきました。普通の美容院では「トリートメントをしましょう」となるのですが僕の場合はおすすめをしません。

なぜトリートメントを勧めないのか?については以下の記事で詳しく解説をしています。

50代あるある!髪がパサパサ!!「トリートメント必要ですか?」

1.加齢

人の髪には毛周期があり、年齢とともにサイクルが崩れてしまいます。そうなると、トップ部分にモヤモヤとした“アホ毛”が増えてしまい、不健康そうな印象を与えます。

髪の毛1本1本も痩せて細くなり、髪のボリュームも減ってきます。お肌や身体と同じように、髪も元気がなくなってしまうんですね。

髪の毛のツヤは顔に若々しさを与えて若見え効果があるので、50代の髪の毛にもぜひツヤを取り戻してほしいと思います。

2.くせ毛

くせ毛には「波状毛」といって、髪がぼこぼこ・なみなみの状態になっている人もいます。この場合は髪をケアしていても髪質的にパサついて見えて、ツヤ感がなかなか出ないんですよね…。

ツヤ感が出にくい髪は、遺伝や体質・ホルモンバランスの変化などが影響します。いわゆる剛毛といわれる人は、特に髪の毛のツヤが出にくいと悩む人が多い。

3.ヘアダメージ

白髪染め頻繁に染めるようになりましたよね?もしアルカリカラー(美容院でする一般的にヘアカラー)を毎回全体に染めているのなら今すぐやめてくださいね。全体カラーをしないといけない理由としては色が落ちるからだと思いますが、美容師さんに「若く見せたいから明るめにしてください」と頼んでしまっている場合、気が付けばパサパサの髪になります。

結論をいうと暗すぎず明るすぎない、そして貴女の雰囲気に合った大人の髪色は色持ち画いいので無理に明るく染めないことです。年に2回か3回の全体カラーで済むように白髪染めをしてもらいましょうね。

また、くせ毛の人はツヤ感が出にくく、雨や湿度の高い季節はさらにクセが強くでます。

そんな髪の毛にツヤを与える方法として縮毛矯正をかける人もいますが、50代の場合はそうはいかず縮毛矯正のダメージでさらに髪の毛のつやがなくなってしまうんです。下手したらチリチリになってしまいます。

くせ毛に悩む人は、何年も縮毛矯正やパーマでくせ毛を抑えています。そうやって髪にダメージを与え続けることで、50代に切れ毛や抜け毛に悩む人も多いんです…。それに一度縮毛矯正をかけてしまうと切らないかぎり残ってしまうためまた、施術をしないといけません。

もし現在縮毛矯正をして「つやが出ない、バサバサだ」というお悩みがありましたら以下の記事をご参照くださいね。

40代からのお悩み「縮毛矯正をやめたい」どうしたらやめることができる?

髪にツヤを取り戻す方法

↑もともとの髪質が原因なのと乾かし方などのホームケアが合っていなかったために、BEFOREのようにパサパサとしてしまっていました。AFTERではMAXオリジナルシャンプーとトリートメント、仕上げにプリュムワックスを使用しただけでブローやアイロン等も使用していません。

縮毛矯正やトリートメントをする前にまずはヘアケア製品を見直してみてはいかがでしょうか?

▽実際のお手当法動画(プリュムヘアオイルとプリュムワックスを使用)

乾かし方やヘアケア剤を見直すことでくせ毛ですらツヤを出すことができますので、ぜひ実践してみてくださいね。

ご紹介させていただいたヘアケア製品については最後でご紹介致しますので、以下でも重要事項をご紹介しておりますのでどうかお読みくださいね。

1.パーマ・縮毛矯正をやめる

髪本来のツヤを取り戻すために、パーマや縮毛矯正は今すぐやめるべきです。

特に縮毛矯正は、美容院での施術の中で一番痛んでしまうため50代女性は注意しましょう。たとえ真っ直ぐに綺麗になったとしても果たしてその髪型が「自分に似合うのか?」が重要です。

つやは確かに必要ですが、くせ毛のくるくるした感じを生かすことでオシャレな雰囲気になることだって十分可能なので、MAXでは縮毛矯正はおすすめしません。

それに髪にハイダメージを与え続けるとツヤが出なくなりますし、傷みがひどくなって見た目が汚くなるのです。

 

髪にダメージを与えるのはパーマも同じ。髪が伸びたらまた全体にパーマをかけて、傷みがひどくなってきたら切って…。

「もうそろそろ髪に時間や手間をかけるのがしんどくなってきたな…」と悩んでいる女性も多くいらっしゃいます。

2.サロントリートメントをやめる

くせ毛でツヤが出にくい人は、サロンに通ってトリートメントにこだわる方もいらっしゃいます。大半は「髪の毛にツヤがないのは髪質が悪いからだ」と思っているので、髪質改善を謳うサロントリートメントが魅力的に感じるのですね。

しかし、サロントリートメントでは髪本来のくせ毛を矯正することはできません

トリートメントをした後は確かにツヤツヤの髪になります。しかし、そのツヤはどれくらい持続するでしょうか?

結局、時間が経つと元のパサパサな髪に戻ってしまいますよね。そのたびにサロントリートメントを繰り返すのは、精神的にも身体的にも負担になっていませんか?

それよりも“ホームケア”に力を入れて、毎日ケアすることを習慣化したほうがいいと思います。そうすることで、毎日髪の毛のツヤをキープできるんですよ。

3.しっとり仕上げのシャンプーをやめる

市販のシャンプーでは、乾燥してパサついた髪をケアするためのものもあります。最初は「いいな」と思って使っていても、途中から合わなくなってくることってありますよね?

季節によって湿度は大きく変わります。それに合わせて、頭皮の皮脂の量だって変わるんです。だから、乾燥してツヤがなくなった髪をシャンプーでケアするという事は、本来間違っていると思うんですよ。それに安価なシャンプーを使用する事で洗浄力の強さをシリコーンで誤魔化すため、長い目で考えてつやの出る髪の毛にはならないしお肌にも悪いからおすすめはしません。

シャンプーの本来の役割は、「洗うこと(洗浄)」です。でもしっとり感を与えるために、市販のシャンプーのほとんどは「シリコーン」が配合されています。

シリコーンたっぷりのシャンプーは、実は美容師泣かせなんです。しかしコスパがいいシリコーン配合のシャンプーを使うお客様は多く、否定するつもりはありません。

 

くせ毛にはワックスがおすすめ

↑来店直後にプリュムワックスを付けただけ。

髪をセットする時、何かスタイリング剤は使っていますか?

「何もやっていない」という人は、パサパサの髪を改善することはできません。

スタイリング剤にはワックスやムースなどがありますが、くせ毛の人におすすめなのは「ワックス」です。

泡状のムースは部分的な使い方に向いていますが、水分が多いのでセットする力が弱い。それに比べてワックスは油分が多いのでセットする力があります。ただ、配合されている成分によってはギシギシと指通りの悪い髪になってしまうから注意しましょう。製品によっては固まらないのでくせ毛を生かしたナチュラルな動きを出せるんです。

しかしワックスも成分表記の最初に「水」と書いてあるものは、キープ力がないので注意してくださいね。

パサついて見えてしまうくせ毛の人は、表面をコーティングして保湿する必要があります。ワックスの場合は髪の1本1本をしっかり保湿してツヤを与えてくれます。もちろん、50代の髪の毛にもツヤが戻ってきますよ。

くせ毛におすすめのプリュムワックス

僕が開発したプリュムワックスは、髪のパサつきやまとまりのなさを改善する効果があります。ワセリンやミツロウ・ホホバ種子油など安全な成分だけを使っているので、お子さんにも使えるんですよ。

男性が使うとツヤが出て自然にまとまるので、中性的なデザインの方やくせ毛の方にもおすすめです。トリートメントとしても使えるので、寝る前に洗い流さないトリートメントとしても使えます。

・プリュムワックスの使い方
プリュムワックスはツヤを出す効果があるので、アホ毛対策やツヤが欲しい部分に使えます。さらにお風呂上りのドライヤー前や寝る前のトリートメントとしてもOK。コテを使う前後にも使っていただけます。

50代の方の髪は加齢特有のパサつきもありますから、ツヤが欲しい時には乾いた髪に付けるのもおすすめです。寝る前に付けて、それでも髪がパサつくようなら朝もう一度乾いた状態で付けてみてくださいね。

ヘアオイルは乾かす前には必須!ツヤが出る

ツヤを与えるために必要なオイルを使っていない方は今すぐ使うことをおすすめします。

ただオイルを使えばいいという問題ではなく高品質であり有効な成分でなくてはいけません。質の悪い成分ですと扱いにくい髪となるだけではなくぎっとりした質感になってしまいます。

だから乾かす前にはヘアオイルを使用して、仕上げに表面にはトリートメント効果のあるワックスを付ける必要があります。

↑これは外的要因である髪の毛の摩擦や熱によるダメージを軽減させるプリュムヘアオイルを使用し、乾かした後にプリュムワックスを付けた。

加齢によってパサつく、弱くなってしまった髪の毛を優しくコーティングするプリュムヘアオイルをおすすめします。

 

50代でも大丈夫!ツヤ感アップのヘアデザイン

トップの髪を梳いて大人かわいく

こちらの方は湿気等でうねるくせ毛なので、今まで髪の毛をほとんど梳いてもらっていませんでした。そこで、初めて来店した時に髪の毛を梳かせてもらいました。

初回と2カ月後の比較画像を見ると、かなり違いがあります。2回目ご来店のほうが、ずっと頭が小さく見えているのがわかるでしょうか?

かわいい感じを出したいなら、髪の毛を梳いて頭や後ろ姿を小柄に見せられるんです。髪もちゃんとまとまっていて、くせ毛とうまく付き合っている髪型になりました。

ボブも工夫一つでツヤ感が出る

くせ毛の人は重たいボブにされることが多いですが、くせ毛が活かせず広がってしまいませんか?

 

でも、こんな風にレイヤーを使って角度を上げたシルエットにすれば、ボブでも広がりにくくなります。パサつきも抑えられ、ツヤ感が上がりますよ。

まとめ

50代になって髪の毛のツヤに悩む人に向けて、ヘアケア方法とおすすめの髪型をご紹介しました。髪の毛のツヤは一度失われると勝手に戻ることがないので、適切なケアが大事。

サロントリートメントや縮毛矯正でもツヤが出にくくなった時は、見直しのチャンスです。若見えに必要なツヤを取りもどし、ステキに輝いてくださいね!

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

「50代から髪の毛のうねりやパサつきが気になってきた」そんな方は以下の記事をお読みください!!

「くせ毛が年々ひどくなる」その原因とヘアケア法、髪型のアドバイス