50代の悩み、それは「髪のうねり」なぜ?と解決策を提案。

昔はストレートだったはずなのに、50代になったら髪のうねりが気になってきた……

そんなお悩みありませんか?

こんにちは!原宿一人経営美容院、美容師の戸来と申します。

梅雨になると「うねうね」「ぱさぱさ」

憂鬱になりますよね。

でも大丈夫です。

正しいホームケアをするだけで必ず美髪になりますよ。

こんなふうに・・・

こちらの女性は60代です。それでも2STEPアウトバストリートメントを使用しただけで艶髪になることができました。

 

実際に加齢に伴って、髪質はどうしても変化するものです。

なので「子どもの頃や若い頃は特に髪の癖は気にならなかったのに、最近うねりやハネ、パサつきなどが気になるようになった」という40代・50代の方は少なくないと思います。

今回はそのお悩みを少しでも解消するために、うねりを活かすことができるヘアスタイルや、うねりが気になる方におすすめのホームケア法などについてを動画付きで解説していきます!

 

そもそも加齢で髪がうねったりするのは何故?

加齢で髪がうねったりするのは何故?

加齢によって肌質が変わったりカサカサしやすくなったりするのと同じように、髪質も加齢で変化するものです。

女性の場合は出産でホルモンバランスが変わり、髪質が変化する方もいますね。もちろん人それぞれですし、あまり変化を感じない方もいるとは思います。

ちなみに40代・50代頃から出てくる主な髪の悩みとしては「白髪」「うねり」「パサつき」「抜け毛や薄毛」などが挙げられます。

 

「どうして加齢で髪がうねってしまうのか?」については、「髪の水分量や頭皮の皮脂量が減少して、その結果うねりが出る」や「頭皮がたるむことによって毛包がゆがみ、その結果うねる」などと考えられています。しかしこの考え方は実は、根拠があるわけではありません。

※ヘッドスパをすることで髪質改善することはないのでご注意をしてくださいね。

 

なので加齢による薄毛によってうねってしまう場合、解消したり予防したいのであれば、エイジングケアが有効かもしれませんね。

けれど、髪の毛のパサつきはホームケアで改善することはできますよ。

でも、カットも見直す必要はあります。

手っ取り早くうねる髪を気にならなくするならカットしよう

↑仕上げはプリュムワックスを使っただけ。乾かすのが楽に、扱いも簡単になるため艶のある髪にすることが可能。

「うねってしまうのを今すぐに何とかしたい!扱いやすい状態にしたい!」というのであれば、カットしましょう。

50代からはうねるのを活かすことができるヘアスタイルにしてしまえば良いんです。

薄毛などが原因でうねる髪の場合、レイヤーを入れ前髪を軽めに、そして跳ねてもうねっても自然なボリュームが出るようなデザインにする必要があります。

ちなみにパサつきやうねりが気になる方の中には、サロンでトリートメントや髪質改善をしないといけないと思われがちですが、その必要はないですよ。

なぜなら髪は既に死んでいる細胞ですし、サロンでケアをしたからといって劇的に髪質が良くなったりするわけではないからです。

施術直後はサラサラになるかもしれませんが、根本的に解決するものではないんですよ。

なぜパサパサするのか?正しいヘアケア法については以下の動画でもご紹介をしております。

▽動画を観る

うねりが気になる50代におすすめの髪型

「うねりが気になるので活かせるヘアスタイルにしたい」

「髪がうねったりパサパサしたりしてまとまらないので、今までの髪型が似合わなくなった」

 

そんな50代の方におすすめしたい髪型を、写真でご紹介します。

どれも縮毛矯正などは不要で、髪質を活かせるものばかりです。参考にしてくださいね!

大きくうねる髪を活かすことができる動きのあるショート

大きくうねる髪を活かしたショートヘア

↑このように大きくカーブするようなうねりがある方には、そのうねりを活かして動きを出すことができるショートがおすすめです。

自然にふわっとするので、気になる髪の根元をカバーすることもできています。薄毛が気になってきた方にも良いスタイルですね。

こちらの方の場合元々ショートだったので全体の長さはあまり変えていませんが、デザインが違うので結構印象が変わっていますよね。

長さを劇的に変えなくても、こんな風にデザインで違った雰囲気にすることは十分に可能ですよ!

 

地毛のうねりを素敵に見せるナチュラルスタイル

うねりを綺麗に見せるためにパーマをするのはちょっと待って。ご注意ください。

地毛を活かしたナチュラルヘア

↑こちらの方は以前縮毛矯正をしていたそうですが、頭皮にトラブルが出てしまったため縮毛矯正ができなくなってしまったとのこと。

 

そして「癖を活かすためにはパーマをかけたら良いのでは?」と思い、デジタルパーマをされていました。

でもデジタルパーマも髪へのダメージがあるので、毛先などがパサパサしてしまっていたんですね。

 

そこでデジタルパーマで傷んでしまっていた部分をカットしました。

地毛のうねりを活かして、ふわっと軽やかなニュアンススタイルに。

パーマをかけなくても動きがしっかりと出て、おしゃれに見えますよね!

癖を活かしたスタイルは「縮毛矯正を卒業したい」や「デジタルパーマをかけたけどきれいに見えない」という方にもおすすめです。

縮毛矯正やデジタルパーマなどはどうしても髪が傷んでしまいますし、お金も時間もかかるので、やらなくて良いのであればそれに越したことはないですよね。

50代からのエイジングサインであるうねりやパサつき、そして薄毛はくせ毛だからこそカバーをすることができます。

ボリュームと動きのあるヘアスタイルは若々しい雰囲気を出すことができますよ。

うねりを活かしたボリュームアップショート

ボリュームアップショート

↑50代になると髪が薄くなってきて、トップや生え際が気になる方も多いと思います。

そういう方におすすめしたいのが、髪のうねりを上手く活かしてボリュームアップさせたスタイルです。

トップと後頭部がふんわりするので、髪が薄くなってきてしまっても目立ちにくいんですよ。また毛量が元々少なめの方や、髪が細い方にも向いています。

さらに短くすることによって毛先中心のうねりもほとんど気にならなくなっているのが、before&after写真でも分かるかと思います。

 

髪質を活かした巻き髪風ミディアムでフェミニンに

巻き髪風ミディアム

↑うねりや癖が気になる50代の方には基本的にショートやショートボブなどがおすすめですが、長めの髪が好きなのであればミディアムもOKです。

こんな風にうねりを活かして巻き髪っぽく見せれば、まとまり感も動きも両方出て、とてもおしゃれに!

髪の量が多いのがお悩みだからと言って梳きすぎてしまうとパサパサになってしまうから、きれいにうねりを出すことはできません。

だからAFTERでは重さを残しつつもレイヤーを入れて、自然な動きが出るようにしています。

 

パーマをかけなくてもくるんとカールしたヘアスタイルに仕上げることができるのは、髪にうねりや癖がある方の特権です。

どうせならくせ毛に悩むのではなく「癖があるからこそできる素敵なスタイル」を楽しみましょう!

 

今からできる加齢が原因のうねり・パサつき改善とは

トリートメントや髪質改善をしなくても2STEPアウトバストリートメントで美髪になりました。

 

加齢によるうねりやパサパサ感は、毎日のアウトバストリートメントで美しくするする事は可能です!

 

もちろんカットで気にならなくしたり活かしたりすることは可能です。

ですがそれだけだとどうしても足りないので、ホームケアもしっかり行うようにしましょう!

 

重要なのは「髪の補修×保護×保湿」です。

毎日使用することで髪にツヤがプラスされ、若々しく見えるという嬉しい効果もありますよ。

商品の詳細を見る

 

 

成分にかなりこだわって作っているため、頭皮がデリケートな方でも安心して使うことができます(大人だけでなく小さいお子さんにも使ってOKですよ!)。

 

まとめ

最後に今回の内容を簡潔にまとめますね。

 

  • 加齢により髪質が変化してうねりや癖が出てしまうことがある
  • うねりが気になるならそれを活かした髪型にすると◎
  • 縮毛矯正やデジタルパーマをかけてしまうと、かえってパサパサして汚く見えることがあるのでおすすめしない
  • 加齢によるうねり・パサつきが気になるならホームケアが重要
  • 髪を毎日補修×保護×保湿すると簡単にきれいな髪に見せることができる

 

今回はこれで以上となります。髪のうねりでお悩みの50代女性の参考になれば幸いです。今の自分の髪を活かして、魅力的なスタイルを作りましょう。

「自分にあった髪型を知りたい」「今使っているヘアケア製品が自分の髪質にあっているのかわからない」などなど、美容師である僕が貴女にお答えをしております。

ぜひ公式LINEをご登録いただきご相談くださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!