美容師解説「パーマでパサパサ、広がる」具体的な原因と治す方法を解説

パーマをかけたらパサパサするし広がりも気になる」そんな髪のお悩み、解決します!

こんにちは、原宿一人経営美容師のMAX戸来です。

パーマをかけた後、髪のパサパサや広がりが気になるようになってしまった方、結構多いのではないでしょうか。

今回はパーマをかけた髪がパサパサしやすくなる理由と、具体的な対処方法を解説します。悩んでいる方は参考にしてくださいね。

そもそもパーマにはどんな種類がある?

どんな種類がある?

美容院で行う「パーマ」という施術は、一種類ではありません。しかもサロンによって呼び名も違ったりするので「どう違うのか分からない」という方も多いのでは?

ということで、まずはパーマの種類についてわかりやすく解説します。

パーマは大きく分けると「コールドパーマ」「ホットパーマ」の2種類になります。

コールドパーマとは?

コールドパーマは熱を与えずに、薬剤の力でカールやウェーブをつける施術です。「パーマ」「水パーマ」と呼ばれます。

特徴は、乾いた状態よりも濡れた状態の方がカールやウェーブが強くなること。

乾燥した状態だとしっかりパーマが出ないため、スタイリングのときには一般医的にはヘアムースと言われているスタイリング剤か、濡れ感の出るワックスなどを使う必要がありますね。

ホットパーマとは?

ホットパーマというのは薬剤と熱でカールをつけるものです。パーマの中でも人気が高い「デジタルパーマ」はここに分類されます。

コールドパーマとは逆に、濡れているときより乾いた状態の方がカールやウェーブが出やすくなるところが特徴です。

なのでウェットヘアではなくドライな質感になるようにスタイリングすることが大事ですね。パーマのかけ方によりますがブローをすることで内巻きに入りやすくなります。

またコールドパーマよりホットパーマの方が一般にモチが良い&コテで作ったみたいな大きめのくるんとしたカールが作りやすいという特徴もありますが、失敗をしてしまうリスクも高いので注意が必要ですね。

パーマをかけるとパサパサしたり広がる原因

パサパサ&広がる原因

コールドパーマであってもホットパーマであっても、かけると髪は傷みます。

もちろん元々の髪質や施術を担当した美容師の腕とケミカル知識、毛髪診断能力によっても差はありますが、強い薬剤を使う施術なのでダメージがゼロというわけにはいきません。

ダメージヘアになると、乾燥してパサパサしやすくなります。また切れ毛や枝毛ができやすくなるため、傷んでいない状態よりも広がりが目立つんです。

なので「パーマをかけると多少パサパサしたり広がりやすくなったりするのは仕方がない」と思ってください。ただ、それを目立たなくする方法はありますし、後程解説するので安心してくださいね!

チリチリパサパサになったヘア

↑ただし、このようにあまりにもパサつきチリつきが酷かったり爆発したような感じになってしまうなら、パーマの失敗を疑った方が良いかもしれません。

失敗してしまう原因は、以下のものが考えられます。

  • 施術者の技術が良くない
  • ダメージヘアにパーマをかけた
  • 以前縮毛矯正をかけた髪にパーマをかけた

失敗してしまった場合はボサボサになってしまっている部分をカットするか、スタイリングで上手く艶のあるカールにする必要がありますね。

ちなみに失敗を防ぐために重要なのは「美容師と施術前にしっかり話す」ことです。

具体的には過去の施術履歴をしっかりと聞いてくれて、なおかつその施術内容を熟知していいる美容師さんでないと失敗をしてしまう可能性がございます。

カウンセリングの際はお客様自身も担当の美容師さんに積極的に伝えることが重要となります。

きちんとコミュニケーションがとれていないと、希望するスタイルが上手く伝わらず理想と異なった仕上がりになってしまうことも。これはカットやカラーでも言えることですね。

つまり、もしもパーマや縮毛矯正を過去にかけたことがあるなら、そのことも美容師に話しておいた方が良いです。そうすれば「数か月前に縮毛矯正した髪にパーマをかけてしまって、バサバサのダメージヘアになってしまった……」なんていう状態は、未然に防ぐことができるはずですよ。他にも気になることや悩みがある場合は、最初に話しておくと安心です。

パーマでパサパサになった場合の対処法

お待たせしました!パーマでパサパサになった場合の対処方法をご紹介していきます。

方法①カット&スタイルチェンジ

パーマの失敗などによってどうしようもなくパサパサ&チリチリしている場合は、カットやスタイルチェンジをおすすめします。

特に中間から毛先の部分がパサパサし広がってしまっている場合は、カットをすることで改善することができるんです。

チリチリ髪before&after

↑こちらbeforeはパーマの失敗でチリチリになってしまっていたので、カットで目立たないように整えました。毛先のチリチリをカットして生かすことができるパーマは残してカットをしています。

ばっさり切ってもOKであれば、傷んでいる部分をしっかりカットしショートヘアにしてしまうのもおすすめです。長さをあまり変えたくない場合は、上のbefore&afterのように、誤魔化せるデザインにカットするのが良いですね。

ちなみに僕の美容院には「むやみやたらに髪を傷ませてほしくない」と「自分の髪を好きになってほしい」という思いから、パーマと縮毛矯正はメニューにありません。なので、くせ毛の方には癖を活かしたデザインをおすすめしていますし、パーマや縮毛矯正をやめたい方には髪の残っているカールなどを誤魔化せるスタイルを提案しています。

なので「パーマをずっとかけていたけど、そろそろやめたい」という方や「とれかけているパーマを良い感じに見せたい(再度かけるのは嫌)」という方がいましたら、ぜひ相談してくださいね!

ありがたいことにLINEやメール、お電話でご相談をいただくことが多々ありますが、毛髪診断については画像を見せていただいても確かなことをご回答できないため、来店することをおすすめします。

※カウンセリング10分4000円(税込み)

メニューの詳細はこちら

方法②オイルやワックスで保湿

髪に何もつけていない状態で乾燥が気になるのは、当たり前といえば当たり前なんです。

特にパーマをかけた状態の髪って、セットしないと良い感じにならないです。なのでスタイリング剤を使ってしっかりセットするようにしましょう。ちなみにコールドパーマの場合は、一度髪を濡らした方がカールがきれいに出ますよ!そして乾かし方も重要となります。せっかくパーマをかけてもらったのに乾かし方が悪いせいでカールがうまく出ないってこともありますので。

特にパサつきが気になるのであれば、保湿力がそれなりにあるスタイリング剤を使うと良いです。ツヤが出るので髪が健康的かつきれいに見えますし、パサつきや乾燥による広がりも解消できますよ。

どんな髪質の方にもおすすめなのはオイル

オイルでさらさら&しっとりした髪

↑パサついていた髪も、プリュムヘアオイルを馴染ませることによってサラサラ&つるつるに。

ヘアオイルは保湿力が高めなので、乾燥が気になる方におすすめです。

またプリュムヘアオイルはベタベタしないライトな質感なので、オイルが苦手な方や猫っ毛でペタンとしやすい方にも向いています。

どんな髪質・ヘアスタイルの方でも使えるアイテムなので、パーマをかけている方のスタイリングにもOK。また余計な成分は配合していないので、アウトバストリートメントとしてヘアケアにも使用できます。

プリュムヘアオイルをチェック

↓プリュムヘアオイルの口コミ

プリュムヘアオイルレビュー

プリュムヘアオイルレビュー2

パサつきが酷い方やしっかりセットしたい方にはワックス

ワックスで髪をつるつるに

パサつきやチリつきがかなり酷い場合やオイルでは広がりが抑えられない場合には、ワックスがおすすめです。

オイルよりワックスの方が使用感が重め&セット力があります。なのでパーマの失敗で傷んでしまっている方にも、ワックスはかなりおすすめです。ボサボサになってしまった髪も、上のbefore&afterのようにしっとりさせることができますよ。

プリュムワックスは髪がしっかりまとまるのに、べたつきがそこまで気にならないためワックス初心者の方でも使いやすいと思います。また無添加&シンプルな成分で作っているので敏感肌の方でも使用可能ですよ。

まとまりにくさで悩むくせ毛の方にも、かなりご好評いただいています。

プリュムワックス

↓プリュムワックスの口コミ

プリュムワックスレビュー1

プリュムワックスレビュー2

まとめ

今回はパーマヘアのパサパサ・広がりの原因と、改善方法について解説しました。最後に今回の内容を箇条書きでコンパクトにまとめます。

  • パーマには「コールドパーマ」と「ホットパーマ」の2種類がある
  • パーマの施術には強い薬剤を使用するので多少なりとも髪は傷む
  • 施術の失敗により酷くパサついてしまうこともある
  • パサつき&広がり対策には「カットする」「ワックスやオイルで保湿しながらセットする」のがおすすめ

今回はこれで以上となります。少しでもパサつき&広がりに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました!