パーマをかけたら髪が「パサパサ」広がる髪を3日で治す4つの方法と対策

「モデルさんのようなゆるふわパーマをオーダーしたはずなのに髪がパサパサに…これじゃあ仕事にもいけない!」

美容師さんのアドバイス通りにセットをしているのにも関わらず、鏡をみるたび理想と現実のギャップに落ち込んでいませんか?

当然ですが、パーマによるパサパサを改善するには正しいパーマのセット方法と日々のヘアケア方法を変えなくてはいけません。

この記事では、これまで1万人以上を担当してきた現役の美容師MAX戸来が、失敗したパーマを『素敵』に変えるための方法をご紹介します。

美容師MAX戸来
僕が紹介することを実践していただくだけで、必ず今よりパサパサを改善することができますよ。
今すぐ改善方法をお伝えしたいのですが、まずは原因についてお読みください!

パーマ後に「パサパサ」広がる4つの原因

1. 美容室でのヘアカットミス

パーマ後に髪がパサパサになる主な原因はカットです。
代表的なのは「梳きすぎによるパサつき」となります。

毛先が「スカスカ」だとセットが難しくなり綺麗なカールが出にくくなります。

2. パーマの失敗

パーマをかけてもらう前には必ず担当美容師さんがあなたの髪の診断をしますよね。

でも、その診断」を誤ってしまうことでパサパサになる可能性は格段に高くなります。

美容師さんは診断結果をもとに

  • 弱いパーマ剤(傷んでいる髪)
  • 強いパーマ剤(健康的で太い髪)

を選びますが、診断が適当だったり、正確ではなかった場合残念な結果になります。

例えば、硬くて健康な髪の毛はパーマがかかりにくいため、強い薬を使用しなくてはいけませんが、傷んでいる髪の毛なのに強い薬を使用した場合はパサパサになってしまいます。

他にも

  • 適切な放置時間
  • 正しい巻き方

が成功の鍵となります。

薬剤をつけてもらった後の放置時間が長すぎると、失敗してパサパサになってしまうこともありますよ。

美容師MAX戸来

回転重視の低価格サロンの場合、担当スタイリストさんが他のお客様を掛け持ちするため失敗のリスクは高くなります。とはいえ「マンツーマン」だからといってパサパサにならないという保証はありませんが…

 

3. パーマヘアに合っていないセット法

乾かす前にヘアオイル、お出かけ前にはパーマに適したセット剤を使用しないと髪の毛はパサパサになってしまいます。

 

はるか
すでに使っているのに午後になったらパサパサになってしまうのはなぜ?

 

美容師MAX戸来

それはきっとパーマのセットに適していないセット法(スタイリング剤)だからです。

パーマには

  • ホットパーマ(専用の機械使用)
  • コールドパーマ(液体パーマ)

の2種類がありますが、それぞれでセットの法は若干違いますよ!

「そもそもパーマの種類がわからない」そんな方は以下の図をご覧ください。

  • 濡らさないとカールが出ないのがコールドパーマ
  • 乾いたときにカールが出るのがホットパーマ

となります。

ぞれぞれの特性にあったセット法をしなくてはいけません。

4.パーマ後にサロントリートメントをしている

通常、パーマ剤に含まれているアルカリ剤や還元剤を適切な方法で除去しなくてはいけません。

でも、美容室でトリートメントをすると髪の内部にパーマの薬剤を閉じ込めてしまいます。

以下の図をご覧ください。

パーマ直後にトリートメントをすると髪を傷めるアルカリと還元剤が髪内部に残留して、数日後「パサパサ」になってしまいます。

 

以上、パーマ後に髪をパサパサする4つの原因についてご説明しました。

次に3日でパサパサを治す具体的な方法をご紹介します。

はるか
本当に3日でパサパサを治すことができるの?私は忙しいからすぐに美容室にいくことはできないけど…
美容師MAX戸来
大丈夫です。忙しいあなたでも3日以内(最短)で治せる方法をご紹介します!

 

パーマによる広がりを3日で治す4つの方法

  1.  通っている美容室で「パーマ落とし・縮毛矯正」をしてもらう
  2. パーマをかけた箇所を切ってもらう
  3. パーマの正しいスタイリング法を実践する
  4. 補修・保湿・保護の『2STEPアウトバス』を使用する
はるか
え…時間がないって言ったのに美容室にいかないと治せないの?
美容師MAX戸来
いいえ。忙しい方でも大丈夫!
③でご紹介した「パーマのスタイリング法」はすぐできますよね!そして、④でご紹介する『2STEPアウトバス』を使用するだけで1日中ツヤをキープしたパーマスタイルになっている方は大勢いらっしゃいますよ。①と②は美容室頼みですが、3日もあれば予約が取れるはず。では以下で詳しくご紹介しますね。

1.通っている美容室で「パーマ落とし」をしてもらう

コールドパーマの場合「ストレートパーマをかけてもらいましょう。

デジタルパーマの場合は「縮毛矯正をかけることで治すことができます。

「治す」といっても注意をしなくてはいけません!

理由は強い薬剤を使用するため今よりも髪の毛は傷みますので、腕のいい美容師さんではなくてはいけません。

成功すれば見た目のチリチリは治すことができます。

「パーマ落とし」の費用と時間

縮毛矯正やストレートパーマは10,000~15,000円(カット込)が相場となります。

お金をかけずに治す方法として、おすすめはパーマの施術をした美容室で「お直し」をしてもらいましょう。

ほとんどの美容室は、パーマの施術によってパサパサしてしまったらお直しの対応をしてくれますので「泣き寝入り」しないでくださいね!

2.パーマをかけた箇所を切る

チリチリと広がる毛先はたった3センチカットをするだけで治すことができます。

もちろんチリチリ、パサパサの箇所をすべて切ることができれば、パーマによる「パサパサ」を根本的に解決することができますが、そうはいかないですよね。

雰囲気をあまり変えることなく、カットだけでもだいぶ改善できますよ。

3.正しいパーマのセット法を実践する

パーマがちゃんとかかっていても、朝のセット法が間違っているとパサパサになってしまうため正しいセット法を知らなくてはいけません。

以下ではパーマの種類別でおすすめのセット法をご紹介します。

コールドパーマ

  1. ブラッシング
  2. パーマをかけた箇所をぬるま湯で軽く濡らす
  3. 乾いたタオルで拭き取る
  4. パーマをかけた箇所にワックスを揉みこむように付ける
  5. ドライヤーで乾かす(弱温風)

デジタルパーマ

  1. ブラッシング
  2. ヘアオイルをつける
  3. ねじった後ドライヤーの熱を加え、冷ます(3回ほど繰り返す)
  4. パーマをかけた箇所にワックスを付ける

 

美容師MAX戸来

毎日、髪を乾かす前は必ず補修・保湿ができるヘアオイルを使用しましょう。

そして、パーマのカールを綺麗に維持させるために必要な「水分」を逃さないように、ワックスが必要。

パーマのセットだけではなく、傷んだ髪を補修・保湿・保護できる『2STEPアウトバストリートメント』がおすすめ!

 

とれかけたパーマのセット・対処法

上でお伝えしたことを実践していただくだけで、十分にパーマを復活させることはできるはず。

パーマをかけて3カ月以上経過した髪は綺麗なカールが出なくなります。かといって、また同じ箇所にかけてしまうと傷んでしまうので担当の美容師さんに「パーマが取れてきたのでかけてもいい?」と相談しましょう。

新しい美容室でかけてもらうのはリスクが少し高いから注意ですよ。

4.適切なホームケア製品を使用

パーマ後はアルカリ・還元剤を除去するシャンプートリートメントを使用しましょう。

そしてパーマに適したスタイリング剤を使用することで「パサパサ」を解消することができます。

美容師MAX戸来

「美容室で除去してもらっているから平気」と思っていたら要注意!

美容室で後処理をしてもらっても完全には除去できていませんよ。

毎日できるホームケアが最も重要となるため、僕はヘアケア製品を開発しましたので以下でご紹介します。

パサつく髪を補修・保湿・保護するスタイリング剤

結論、適切なスタイリング剤を使用しないとお金と時間の無駄になってしまいます。

適切なスタイリング剤を使用することで綺麗なカールを1日キープできますよ。

はるか 
私は美容師さんがおすすめするスタイリング剤を使用しているから、必要ない!(でも午後になるとパサパサしてしまうのはなんでだろう・・・)
美容師MAX戸来
パーマヘアを長時間、美しくキープしたい場合、ムースやミルク、ヘアスプレーではなくヘアオイルとワックスを使用しなくてはいけませんよ。

確かに、パーマのカールを出すだけが目的ならどんなスタイリング剤でもいいかもしれません。

でも傷んだ髪の毛を補修・保湿・保護をしてあげないと、みるみるうちにパサパサ髪になります。

「午後になったらパサパサに…」というお悩みでも2STEPで解決できます。

パサつきの原因は「ヘアダメージ」でもあるから、ケアをしなくてはいけません。

ヘアケア効果だけではなく、2STEPはべたつかず、ふんわりとしたスタイリング剤としてもお使いいただけます。

本気で悩みを解決したいあなたへおすすめします。

詳細は以下の公式通販をご覧ください。

パーマ後の髪をケアする弱酸性のシャンプートリートメントを使用

パーマ剤に含まれているアルカリや還元剤などを除去する必要があるためヘマチン」が高配合されているシャンプートリートメントの使用をおすすめします。

パーマ後の髪の毛はアルカリ性に傾いているため、弱酸性に戻さなくてはいけません。

少なくとも3週間はパーマヘアをケアできるシャンプートリートメントを使用する必要があります。

シャンプー&トリートメントの選び方のポイント

  • 弱酸性
  • 洗浄力がマイルド
  • ヘマチンが高配合
  • ノンシリコン

これら、すべてを満たしているシャンプートリートメントこそが『プリュムシャンプー&トリートメント』 になります。

お客様からいただく生の声」をもとに開発させていただきました。

このように、髪の内部に浸透した薬剤を除去してくれるので、パーマ後のパサパサを予防することができます。

多くの方にご使用いただき、効果を実感していただいております。

美容室では完璧なケアができないため、毎日できる特別なホームケア製品を使いましょう。

使うたび、髪も地肌も健康的に導くことができます。

詳細は以下の公式通販サイトをご覧ください。

最後に

美容師MAX戸来

ご存じでしたか?

実は、雑誌やインスタでみるパーマスタイルのほとんどは、美容師さんによるセット(コテ巻き)で完成しています。
実際にはパーマをかけていません。

だから理想通りにならないのです。

毎日、コテで巻く時間がないからパーマをかけていると思いますが、せめてパサパサにならないように「ホームケア」をこだわらなくてはいけません。

パーマを長持ちさせるにはパーマ後のケアができる『プリュムシャンプー&トリートメント』と、1日中ツヤのあるカールが持続する『2STEPアウトバストリートメント』が必要です。

正しいヘアケアで長く、美しくパーマヘアを楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

「今使っているシャンプーはダメ?」

「私の髪がパサパサするのはなぜ?」

などなど、疑問がありましたらお気軽にご相談ください。

美容師MAX戸来

ご相談は以下の公式LINEへどうぞ。

僕があなたのお悩みを解決します。