髪の湿気対策を解説!梅雨時にくせ毛さんが注意すべきこととは?

梅雨のヘアセットが苦痛だ」「梅雨のくせ毛をどう扱えばいいかわからない」…そんな方へ。

こんにちは、原宿一人経営美容師MAX戸来です。

ジメジメとした梅雨、くせ毛が爆発すると心まで曇ってしまいますよね。

 

「なにをやってもすぐに髪が膨らんでしまう」「うねりがひどいからセットする気が起きない」という人は、くせ毛のケア方法が間違っているかもしれません。

だからくせ毛の人におすすめしたいセット方法や、湿気対策としてOKなこととNGなことを解説します。

くせ毛とうまく付き合う方法

梅雨(湿気)はなぜ髪がうねるのか?

まずは梅雨で髪がうねる理由から見ていきましょう。髪がうねる理由…それはもちろん「湿気」ですが、髪は湿気を含むとふくらんでしまうんですよね。

図にするとこんな感じです。

髪の表面にあるキューティクルは、うろこ状に張り付いて髪を乾燥などから保護しています。でも、キューティクルは湿気があると開いてしまい、その開いたキューティクルの間から湿気が入っていくんですね。

パーマやカラー、くせ毛を隠すための縮毛矯正を繰り返している人は、平均以上にキューティクルがはがれています。だから、さらにうねりが強くなってしまいます。

くせ毛さんは湿気の時期はよりうねりが強くなります。朝ちゃんとブローしても、外出したら湿気が原因で崩れてしまうんです。

 

髪自体が膨らんでうねりも強くなるので、雨の日は髪型が1.5倍もふくらむという人もいるでしょう。

湿気でうねる髪はコーティングすればいい

梅雨時にあばれるくせ毛を落ち着かせたいなら、まずは髪をコーティングするのがおすすめ。髪がうねる原因は湿気にあるので、髪をコーティングして湿気が入らないようにすればいいんです。

図にするとこんな感じ。

図ではチリついた髪で説明していますが、ごわつく髪やうねる髪、天然パーマでも同じことが言えます。

「じゃあ湿気によってうねる髪をどうすればいいか?」というと、朝出かける前やコテやアイロン、ブローをする際に髪をコーティングすればいいんです。キューティクルでは防ぎきれない湿気をしっかり防げば、爆発するほど広がる髪も扱いやすくなります

髪の毛のコーティングをしてくれるのは、スタイリング剤です。

梅雨時は1日中湿気があるので、朝出かけるとき以外にも夜寝るときもスタイリング剤を付けたほうが方がいいですよ

ちなみにスタイリング剤はパリパリに固めるものではなく、しなやかに仕上がるタイプのものを選びましょう。それから夜にヘアケアとしても使うのであれば、成分もしっかり確認してから選ぶことをおすすめします。ケアにも使える、シンプルな成分で作られているものが良いですね。それからくせ毛は乾燥しやすいので、保湿力が高いものを選ぶことも重要です。

縮毛でじりじりになってしまう方におすすめするスタイリング剤は、ワックスです。

ワックスbefore&after

↑くせ毛の人のために開発した「プリュムワックス」をつけると、パサパサ毛もこのようにツヤツヤに。

プリュムワックスでチリチリ髪をしっとり

↑チリチリする縮毛も、このようにしっとり落ち着かせることができます。

プリュムワックスはオーガニック認証を取得し、徹底的に肌に優しいワックスに仕上げています。ワセリンが主成分で他にもオイルなどを配合しているため、乾燥しがちなくせ毛を扱いやすくして、しっかり保湿してくれますよ。リップハンドクリームとしても使っていただいてます。無添加なので、もちろん敏感肌の方でも使用可能です!

↓プリュムワックスの詳細はこちらからどうぞ

プリュムワックス商品画像

↓プリュムワックスを使ってくださったお客様からの口コミ

ワックス口コミ

ちなみに癖がそこまで強くない方や、髪がペタンとしやすい方には、ヘアオイルもおすすめです。

オイルはワックスと違いスタイリング力はほとんどないのですが、きれいなツヤをプラスすることができます。

オイルbefore&after

↑こちらはサラサラ&つやつやの髪に仕上げるプリュムヘアオイルを使った状態です。

プリュムヘアオイルは髪の見た目と指通りを良くするアイテムで、髪質問わず使っていただくことができます。軽い使用感でベタベタしないので、アウトバストリートメントとして使うのもおすすめです。

↓プリュムヘアオイルの詳細はこちらからどうぞ

プリュムヘアオイル商品画像

↓プリュムヘアオイルもご好評いただいています!口コミも読んでみてください

オイル口コミ

オイル口コミ2

◆なぜくせ毛にプリュムワックスとヘアオイルが必要なのか?動画で解説!

湿気でうねるくせ毛を乾かす方法

梅雨の時期、くせ毛に起こる悲劇といえば爆発したかのように広がってしまう寝起きの髪ですね。

「今日はうねりが強い」「髪全体がボワっと広がっている」そんな時は、迷わず頭全体を濡らしましょう。そして、プリュムワックスを付けてドライヤーで乾かす。

梅雨で広がったくせ毛は、乾かし方もポイントがあります。以下の手順を試してみてくださいね。

①髪・頭皮全体を濡らす
霧吹きを使って、頭皮からしっかりと濡らしていきます。うねり爆発がひどい部分は特にしっかりと濡らしてください。

②地肌からしっかり乾かす
髪をなでつけるのではなく、頭をかくようなイメージでしっかり髪を持ち上げ、地肌を乾かしていきます。うねりの原因は生え方にもあるので、根元からしっかりと毛流れを整えましょう。

③毛流を逆方向に引っ張りながら乾かす

右に向かって毛が流れている人は、左から右に向かってドライヤーを当てながら乾かします。この段階で、地肌を完全に乾かしておきます。

④毛を片手でつかんで、引っ張りながら乾かす

③の段階で地肌を乾かしたので、最後に髪の毛を乾かします。↑の画像のように根元から髪の毛を優しく掴み、毛の流れの反対方向に引っ張りながら乾かします。

ドライヤーの使いかたにもポイントがあります。

髪の毛は、熱いと柔らかくなり冷めると固まる性質があります。だからドライヤーも、温風→冷風を繰り返すことでクセが伸びやすくなるんです。

ちなみに①~④の工程は3分くらいでできます。これなら、朝自分や子供の準備に忙しくてもできますよね…?

最後にプリュムワックスを付ければ完成。これだけで、こんな風にうねりが改善するんです。↓

うねりを真っ直ぐにしようとしない

梅雨の湿気で髪がうねると、「なんとかストレートにしよう」という人が多いです。

もちろんボサボサの髪や爆発したままの髪は清潔感がありません。でも、だからといって縮毛矯正やストレートパーマのような美容院での施術で、くせを真っ直ぐにする必要はありません。

うねりが強いなら、くせ毛を活かしたカットにしてうねりを活かしてあげればいい。くせ毛特有のパサつきがあるなら、プリュムワックスでツヤをプラスしてパーマをかけたようなオシャレな髪型にすれば良いです。

そっちのほうが、毎朝のスタイリングもすごく楽ですよ。

 

梅雨の湿気対策でおすすめな対処法

髪を結ぶ

広がってしまった髪の毛をキュっと結ぶのは、湿気対策としてOKです。朝忙しくて時間がない時、長さがある人はササっと結んでヘアセットを完了させる人もいるでしょう。

一番簡単な湿気対策ですが、フェイスラインがそのまま出てしまう・シワや白髪が目立ってしまうという点だけ注意が必要ですから結んだときのデザインもこだわりましょう。

朝シャン

梅雨になると寝汗もかきますし、朝にシャンプーするのもおすすめです。ただし髪をセットする時は、髪をコーティングするようにスタイリング剤を使ってくださいね。

◆動画でも解説!くせ毛の対処方法について

梅雨の湿気対策でNGな対処法

はじめての美容室で大胆なスタイルチェンジ

たとえば適当に予約した美容院でロングからショートにするなど、梅雨時期に大きく髪型を変えるのはおすすめしません。

通っている美容師さんがあなたの髪質を理解して時期によって、カットを変えてくれるはずなので相談をしてから切ってもらいましょう。

ちなみにくせ毛の状態によってロングをお勧めする場合とショートをお勧めする場合がありますので、一概に「このヘアスタイルが良い」とは言うことが出来ません。どんな長さでもカットが粗末な場合はセットするのは大変です。

どちらかと言えば、くせ毛に悩む場合ショートをおすすめしています。

 

ショートにすれば、くせ毛の人はロングの時より毛先に動きがでます。その動きを活かした髪型は確かに素敵なんですが、梅雨の時期にショートデビューすると「思った以上に髪があばれる=失敗」と思いかねません。

梅雨の髪型は安定志向がおすすめですね。

前髪デビュー

40代以降の女性は、前髪があるほうが若見えする人が多いです。だから前髪デビューをおすすめすることもあります。しかし梅雨時期の前髪はうねりやすい。今まで前髪なしのスタイルでいた人は、扱いに慣れるまで苦労するかもしれません。

もちろん前髪がある髪型も素敵ですが、梅雨時でいえばあるよりもないほうが低リスクです。

難しいヘアアレンジで対処

湿気でうねった髪も、編み込みやみつあみにしてしまえば目立ちません。しかし、残念ながら似合う人って少ないんですよね。

そもそも仕事に家事にと忙しい朝に、自分のヘアセットに時間をかけられる人は少ないです。それでいて似合わない仕上がりなんて…がっかりですよね。

梅雨でうねる髪は、くせを伸ばすドライヤー+髪のコーティングによる対処がおすすめです。

縮毛矯正

梅雨で扱いにくいくせ毛であっても、縮毛矯正はおすすめしません

なぜならワンシーズン終われば、地毛のくせ毛部分が生えてきます。そうなると当然縮毛矯正した部分と馴染まないので、結局またかけたくなってしまうからです。

勢いやなりゆきでデビューした縮毛矯正は、卒業(やめる)まで最低1年はかかります。

あとパーマもNGです。うねりを矯正する目的でかける人もいますが、湿気や汗でうねるのにさらにパーマでうねりを強くしたら…。綺麗なうねりが出るのは稀なんです。しかし、パーマによる傷みやパサつきは確実にプラスされるでしょう…。

パーマをかけたいなら、ストレートアイロンやコテ巻きの練習をしたほうが良い。セルフでもできる技術や知識でうねりの見せ方を変えてあげれば、もっと素敵な髪型になります。

まとめ

くせ毛の人が一番苦労する梅雨。湿気でうねりが強くなりますが、正しい対処をすることでくせ毛と上手に付き合っていけます

くせ毛を封印するための縮毛矯正は、卒業するまでとても時間がかかるやっかいなもの。それよりもくせ毛と上手に付き合う方法を見つけて、自分の髪を好きになってくださいね。