【くせ毛のミディアム】オーダー法と広がる原因と対策について

くせ毛だと一般的には艶のある髪にすることが難しいと言われています。だから

一般のお客様はパサつき、広がりを隠そうとして毎日結んでいる方もいらっしゃいますね。

「ショートヘアになりたい」と美容師さんにオーダーをしても「くせ毛だから短くすることができない」と言われてしまったりします。

一般のお客様は「毎日ホームケアにこだわっているし、毎回高い美容院でのトリートメントや髪質改善をしているのに、ツヤツヤの髪にならない」と悩んでいる人は少なくありません。

結論!髪質は残念ながら変えることはできないけれどもくせ毛でもヘアケア法によっては、美しく見せることは可能です!

 

こんにちは、美容院MAXの戸来です。

 

今回の記事ではくせ毛さんの悩みで多い「広がる」について、お勧めの髪型とヘアケア法と注意点等を解説していきますね。

よろしくお願い致します!

くせ毛はなぜ広がってしまうのか?おすすめのヘアケア法

大前提として上記のようにカットでスカスカになってしまってはどんなに良いヘアケア製品を使ってもどんなに頻度良く美容院に通っても広がってしまいます!なので、もしスカスカな毛先になってしまっている方は以下の記事をお読みいただき、本記事にお戻りください!

【緊急】すかれすぎた髪が戻るまでの対処法解説します‼

広がってしまう原因はくせ毛さんの場合、当然一本一本の髪の形状が真っすぐではなく曲がっているからとなります。だから根本的に解決させるためには髪の形状を変える必要がありますね。

そのため一般的には広がりを抑えるためには「縮毛矯正をすることが正しい」と思う方が多いのが当たり前となっています。

 

でも、ちょっと待ってくださいね!!

 

ほとんどのお客様は美容師さんに髪が広がることを相談すると縮毛矯正を勧められると思います。当然、縮毛矯正をかけるメリットとしては薬剤の力で髪の毛の形状を真っすぐにすることができるので、結果的にボリュームを抑えることができます。

でもそれはメリットだけではなくデメリットもありますよ。ちなみに僕の場合はデメリットの方が多いと考えています。

 

なぜなら、くせ毛のボリュームを抑えようとするためには継続的に行わないといけないからです、当然お金も時間もかかりますよね。

 

大抵のお客様はお仕事が休みの日に美容院に行かれると思いますが、せっかくの休みなのに縮毛矯正をするその4時間以上の時間を使かってしまうとせっかくの休日なのに、1日のほとんどを美容院に費やすことになりますよね。

そしてお金も生涯的に考えると正直、高額になります。

※当然時間にもお金にも余裕がある方は問題ありません。

 

結論!僕はくせ毛さんには縮毛矯正をおすすめしません。

なぜなら、しなくてもくせ毛を綺麗に、そして貴女にしかない個性としてオシャレに変えることができるからです。

その代わりに重要なこととしてお客様にあった毎日のヘアケア法をお教えすることと、毎回の美容院での施術にこだわっております。

では以下では僕がご提案しているヘアケア法、毎回の施術のこだわりをご紹介していきますね。

くせ毛さん必須!3つの正しい髪の毛の扱い方

縮毛矯正や痛んでしまう毎日のアイロンセット、ブローと美容院での痛む施術をせずにくせ毛を綺麗に見せる方法をご紹介します。

(1)「正しいスタイリング剤を使用する」

肌質(脂性肌・乾燥肌)によってスキンケア法を変えるように、髪の毛も『髪質』にによって変える必要があります。くせ毛の場合はセット力があるスタイリング剤を使用しなくてはいけませんね。けれど当然ですが、ガチガチに固めてしまうスタイリング剤を使用して「はい、綺麗にボリュームを抑えれましたね!」というのは間違っていますよね!

なぜなら長期的に髪を痛ませてしまうのは美容師的におすすめはできないからです!

つまり、くせ毛の広がりを抑えつつ、指通りがよくキープ力もあり、艶感の出る成分のスタイリング剤を使用しましょう。

日々のお手当をこだわるだけで変わることができます!

実例1:猫っ毛、絡まりやすいくせ毛

↑乾かす前にヘアオイルを使用し、乾かした後に表面だけワックスを使用しています。当然ですが仕上げにはストレートアイロン、ブロー等をしておりません。乾かしただけとなります。

実例2:硬い強いくせ毛

加齢、毎回のヘアカラーによってパサつく、広がる方でもスタイリング剤を付けるだけでご覧の通り変わることが可能です。美容院でしかできないようなトリートメントや髪質改善をしなくても、お客様自身で自宅で再現することは可能です。

実例3:毛量が多い、ダメージ毛のくせ毛

髪の毛の表面からパサパサと出てしまうくせ毛さんでも乾かす前と乾かした後にスタイリング剤を使用しただけで艶髪にすることができました。

くせ毛にもいろいろな種類があります。何もつけないと広がってしまうので必ず乾かす前と乾かした後にはヘアケア製品を使用することをおすすめします。

(2)正しい乾かし方やドライヤーのかけ方について

▼乾かす前の前処理のポイント

  1. お風呂あがりにまずは優しくタオルドライをします。
  2. その後毛先→中間→根本の順番で優しくコーミングをする
  3. 再度タオルで水気を取る(優しく擦らず、揉むように)
  4. ヘアオイルを付ける
  5. コーミング
  6. 乾かす

このように、6つの工程をしっかりと丁寧にすることが重要となります。「めんどくさい」と思われるかもしれませんが習慣付けすることで結果的に乾かすのが早くなるだけではなく、長い目で綺麗に髪になれるため美容院での無駄なトリートメントや髪質改善をする必要がなくなるから、経済的にも時間的にも節約となるのでしっかりとやりましょうね。

この乾かし方については以下の動画でも解説をしております。

\ 正しいくせ毛の乾かし方動画 /

(3).その他

当然ですがくせ毛の場合乾かさないで寝てしまうと余計にうねってしまい、翌朝に広がってしまうので必ず乾かすようにしてください。もし時間がなくてどうしても乾かすことができない場合は(2)でお伝えした1~5だけをしてタオルターバン等をしてできるだけ髪が絡まらないようにすることです。

そして毎日使うシャンプーやトリートメントにもこだわることで艶を出し、ボリュームを抑えることが可能となります。

 

広がるくせ毛さんにおすすめのミディアムオーダー法

段(レイヤー)が一切入っていないブツ切りのカットでは広がりやすくなるため、レイヤーを入れた髪型をオーダーしましょう。

そして梳きすぎには注意をする!逆に梳かな過ぎも毛量が多い方にはおすすめしないといけませんね、だからくせ毛のお客様を多く担当しているに美容師さんに相談をすることで失敗を防ぎ、扱いやすいデザインになることができます。

文章でお伝えするのは難しいので以下のBEFORE→AFTERをご覧ください。

このように頭頂部から生えている髪の毛が適度な長さに切られていないといけません。

毛量が多くて硬い、くせ毛が強い方は絶対に段(レイヤー)を入れなくてはいけませんね。

このように肩に跳ねることで動きのあるくせ毛を活かした髪型にすることが可能です。

とくに上記のような髪型は顔が大きい、毛量が多い、くせ毛が強いというお悩みの女性におすすめです。梅雨時の大変な時期や家事や育児の際に、いざというときに結ぶことができるから安心ですよね。

ミディアムといってもお客様の髪質や骨格、体系によって提案する髪型が変わってくるので大胆なイメチェンをする際は担当の美容師さんと相談をすることをお勧めします。

とはいえくせ毛の強さ、お客様の生活習慣によってはミディアムをすることをおすすめしないこともあります。

その場合は短めの髪型にすることも検討してはいかがでしょうか?

↑こちらのお客様はくせ毛が悩みで縮毛矯正をかけていました。でもやめたいとオーダーをいただきAFTERのようにくせ毛を活かしたショートボブにすることができました。

このようにミディアム以外のヘアスタイルも是非検討してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

今回の記事ではくせ毛で悩む女性に広がる原因と対策、そしてオススメの髪型をご紹介しました。

縮毛矯正をすることでうねるくせ毛を真っすぐにしてボリュームをダウンさせることは可能ですが、将来的なコストを考えるとくせ毛を綺麗に見せるために毎日のホームケアにこだわり、毎回の美容院での施術に注意をしましょう。ミディアムでも広がらない髪型にすることは可能ですが、強い場合はショートボブにすることで楽だし、評判がよくて似合うと言われるかもしれませんよ。

もし縮毛矯正を検討している方は以下の記事も参照にしてみてくださいね。

縮毛矯正をやめるならタイミングはいつが一番最適なのか解説

もしミディアムではなく、女性らしいショート、ショートボブを検討している方以下をどうぞ!

【40代からのヘアスタイル】くせ毛の髪型BEFORE→AFTER集で「好き」が見つかる!!

以上です。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。