美容師解説!50代がやってはいけない髪型とは?

若い頃と同じ髪型をやってはいけないというのはわかるけど、どんなヘアスタイルにすれば良いのか分からない」「50代におすすめの髪型やNGなスタイルが知りたい」そんな方へ。

こんにちは、原宿一人経営美容師のMAX戸来です。

今回は、50代におすすめの髪型と、「やってはいけない髪型」のポイントを解説します!

最近今までのヘアスタイルがしっくりこなくなってきた方や、年齢に合ったヘアスタイルにしたいと思っている方は、ぜひ読んでくださいね。

 

50代がやってはいけない髪型のポイント

まずは50代がやってはいけない髪型の主なポイントをご紹介します。

①派手な髪色や明るすぎる髪色

ハイトーンカラーなど明るい髪色は、50代の大人の女性にはおすすめできません。

明るいカラーは褪色しやすくきれいな状態をキープするのが難しいので、頻繁に染め直さないと汚く見えてしまいます。でも頻度良くカラーをしてしまうと髪が傷んでしまいます。

また明るすぎるカラーは「若作り感」が出てしまうというデメリットも。

若々しさを追求するのは良いんですが、若作り感が出てしまうと「無理している感じ」に見えてしまうので、あまり素敵とは言えないです。

それから50代になると白髪染めをする方も多くなりますが、紫などの鮮やかすぎるカラーに染めるのはやめましょう。「おばちゃんカラー」のイメージが強いからです。

紫カラー卒業

↑髪色を変えただけで、こんなに印象が変わります!なぜかマニキュアで派手カラーにする方がいらっしゃいますが、ファッションカラーで白髪を薄っすら染めるのもオシャレで若々しくなりますよ。

 

②ぱっつん前髪や重めボブなど幼い感じの髪型

ぱっつん前髪や重めボブなど、子どもっぽい感じがする髪型やガーリーすぎるテイストのスタイルも、50代の方にはおすすめできません。

幼い印象のヘアスタイルは、50代の女性がやってしまうと、アンバランスな見た目になってしまうからです。

もちろん「そういうヘアスタイルが好きで、他人にどう思われても良いからそれを貫きたい!」という、こだわりがしっかりあるのであれば、幼さのある髪型にしたってもちろん良いんですよ。

でもそういうわけではないなら、やっぱり避けた方が良いですね。

年齢を過剰に気にする必要はありませんが、適度に意識してスタイルを作った方が、結果的に素敵に見えたり若々しく見えたりするものです。

 

③長すぎるヘアスタイル

髪質は加齢に伴って変化するもの。

若い頃はサラサラ&ツヤツヤのストレートだったという方も、年齢を重ねていくにつれて、髪がパサパサしたりまとまりにくくなったりしがちです。

なので年齢を重ねると、きれいな髪をキープするのが難しくなってきます。そうすると、スーパーロングヘアなど長すぎるスタイルは、扱いがかなり大変です。

長すぎる髪は手入れが大変な上に、パサパサしていたりうねりがあったりすると、それだけで清潔感がなくなってしまいます。

そのためロングヘアが好きな方であっても、あまりにも長すぎる髪は50代になったらやめた方が良いですよ。

もちろん、ロングヘアが絶対にダメというわけではありません。「長すぎる髪」にしてはいけないというだけです。

ロングヘア

↑長めの髪が好きなら、40・50代からはこのくらいの長さにしましょう!

長すぎないセミロングなら比較的扱いやすいですし、汚い感じに見えたり個性的すぎる雰囲気になったりする心配も少ないです。

 

▼ロングが好きな方はこちらの記事も読んでみてください!

50代の悩み!「くせ毛でもロングにしたい」あなたへ。

 

50代の方におすすめしたい髪型

ここからは、50代の方におすすめしたい髪型をbefore&after画像と共にご紹介!

どんな髪型にしたら良いのか悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

シルエットがきれいなショートで若返りを狙う

若く見えるショート

長めの髪もアリですが、50代以上の方にはショートヘアなど短めのスタイルが基本的にはおすすめです。

加齢に伴って気になるようになる薄毛や白髪なども、目立ちにくくなるんですよ。

50代になると「トップがペタンとして貧相な感じに見える」というお悩みを抱える方も増えますが、立体的なデザインのショートなら、トップにボリュームが出しやすいんです。

さらにヘアケアも楽になるので、忙しくて髪の手入れに時間をかけられない方にもおすすめです!

 

暗め色&軽やかスタイルで若々しくおしゃれに

暗めカラーで若々しく

↑明るめの髪色にされていた方ですが、暗めのトーンにして上品な印象に。

また毛量をしっかり調節して、軽さも出しました。軽さを出してあげれば、長めでも重たい印象にならないので、大人の女性にもおすすめです。

元々の髪のうねりが、良い感じに動きを演出してくれているところもポイント。簡単なスタイリングでおしゃれに見せられるスタイルです!

でも梳きすぎはパサパサ髪になってしまう原因でもあるので、要注意ですよ。

 

襟足の浮きやパサつきを髪型で解消!

↑こちらは57歳のお客様です。半年に1回カットに通ってくださっている方で、カラーはご近所の美容院でされています。

襟足が浮いてしまうことと、パサパサすることに悩んでいました。

さらに白髪や薄毛も気になるということです。50代になると、髪の悩みは色々と出てくるもの。そうした悩みをカットなどの施術で解消するのが、美容師の仕事です。

【before】

↑カット前の状態(後ろ姿)はこんな感じです。

襟足が浮いており、下の方にボリュームが出すぎてしまっていますね。下にボリュームがありすぎると老けた印象になりやすいので、カットで解消していきます。

↑横から見るとこんな感じ。

飲食店で働いており、結べる長さをキープした方が良いのではないかと思ってこの長さにしていたそうです。

↑反対側はこのような感じです。

 

【after】

↑ふくらみやすさを活かして、ふんわりとしたエレガントなスタイルにしました。

このくらいの長さなら、結ばなくてもすっきりとした清潔感のある印象になります。

↑後ろ姿はこのような感じです。

髪質を活かして自然にふわっとするスタイルにしたので、スタイリングも楽ですよ。

↑短くしたことで若々しい印象になりました!

 

若々しく見せるためには髪のツヤも重要

若々しく見せるためには髪型のデザインも大事ですが、髪がきれいに見えることも同じくらい重要なんです!

重視したいのは「髪のツヤ」ですね。

ツヤがあるだけで美しい髪に見えますし、若い印象になるんですよ。もちろん清潔感もアップします。

ワックスでツヤをプラス

↑髪にツヤがあるだけで、印象が全然違いますよね!

 

最初にも書きましたが、加齢によって髪はパサパサしがちです。

パサついていると傷んでいなくてもダメージヘアっぽく見えてしまうので、しっかりとツヤを出すようにセットしなくてはいけません。

でもパサパサしているからといって、サロントリートメントなどをする必要はないですよ。スタイリングのときに保湿系ワックスを使うだけで良いんです。

プリュムワックスを使った髪

↑こちらはくせ毛の方向けに開発した「プリュムワックス」を馴染ませただけ!

パサパサ&ゴワゴワする髪も、ワックスを塗布するだけでツヤのある仕上がりになるんです。

髪がかなりパサパサ・乾燥しているなら、スタイリングにこだわるだけでなく、シャンプー後のヘアケアもしっかりしましょう。

洗い流さないトリートメントを活用して、ツヤのある若見え髪を目指したいですね!

ちなみにプリュムワックスはシンプル処方&保湿力があるので、ワックスとしてだけでなくヘアケアアイテムとしても使えるんですよ。

 

▼プリュムワックスについてもっと知りたい方はこちらへ

「くせ毛にはワックスが必須」女性のためのプリュムワックス【使い方・特徴】

 

まとめ

最後に今回の内容を簡潔にまとめます。

 

  • 50代がやってはいけない髪型のポイントは「明るすぎるカラー」「幼い印象のスタイル」「長すぎる髪」
  • 特におすすめのヘアスタイルはショート
  • 髪質を活かすスタイルにするとおしゃれに見える上に扱いも簡単になる
  • ツヤがあるとそれだけで若く見えるのでワックスを活用したり髪色を暗くしたりしてツヤ髪を目指そう

 

今回はこれで以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!