やはり50代のヘアスタイルはひし形が王道!!髪型紹介と理由解説

50代に似合うヘアスタイルって、結局どんなものなの?」「若作り感が出すぎるのは嫌だけど老けて見られるのはもっと嫌!自然に若々しく見えるヘアスタイルが知りたい」そんな方必見の記事です!

こんにちは、原宿一人経営美容師のMAX戸来です。

年齢と共に髪質が変化したり肌のエイジングサインが気になったりしてきますよね。

なので似合うヘアスタイルというのも、若い頃とは違ってくるんです。

今回はどんな髪型にすれば良いのか悩んで迷走してしまっている50代女性向けに、おすすめの髪型やポイントを解説していきます。

若々しい印象になるヘアスタイルが知りたい50代の方はぜひ最後まで読んでくださいね!

 

50代のヘアスタイルはやっぱり「ひし形」が王道

50代にはやっぱり「ひし形」が王道

50代女性のヘアスタイルは、長さによらず「ひし形」のシルエットにするのが、やっぱりベストです。

髪型は長さやカラーなどももちろん大事ですが、シルエットがとにかく重要なんです。シルエットがきれいだと、頭の形がきれいに見えますし、骨格も美しく見えます。また髪質に合ったメリハリのあるシルエットのヘアスタイルにすれば、凝ったスタイリングをしなくてもおしゃれに見えるので、扱いやすくもなるんですよ。

ひし形シルエットのヘアスタイルは、骨格をカバーしたい方にもおすすめです。

特に50代になると顔のたるみやほうれい線なども気になってくると思います。ひし形シルエットの髪型は、隠したいフェイスラインのたるみやおでこのシワなど、気になるところもカバーできるんですよ。

さらに、くせ毛の方にもおすすめのデザインなんです。理由は、しっかりメリハリがある髪型は元々の癖やうねりを活かしやすいから。段(レイヤー)の入っていない髪型はくせ毛には向いていません。

上の写真↑も毛先がハネていますが気にならないですよね。むしろ動きがあって軽やかに見えます。元々ある髪の癖は、抑えるよりも活かす方が断然おすすめです。その方がセットも簡単になりますし、何より自分の髪を好きになることができるから。

特に50代からは顔がたるんで見えてしまう(下膨れ)になってしまうから、リフトアップをさせるために毛先を軽くして、襟足は長めのショートにすることでひし形になる。

 

今回は髪質を活かしたヘアスタイルもご紹介しますので、「癖があってまとまらない」や「毛先がハネてしまう」など自分の髪にコンプレックスを抱いている方も安心してくださいね。

 

【長さ別】50代におすすめしたいひし形シルエットのヘアスタイル

それでは、長さ別に50代女性におすすめしたいひし形シルエットの髪型をご紹介していきます!

おすすめのショート

▽後ろ姿

癖が活かせるショート

50代の女性には、長めの髪型よりも短めの髪型の方がおすすめです。

その方がすっきりと見えますし、髪質を活かしたデザインにしやすいから。また年齢と共に白髪や薄毛が気になるようになっても、短めのスタイルだとカバーしやすいんですよ。

なのでもし長さに迷っている方がいたら、一度ショートやショートボブにトライしてみてください!ただし50代の年代のお客様が多い美容師さんに任せなくてはいけません。ちなみに僕の美容院にいらっしゃるお客様は、40代・50代になって初めてショートにした方がたくさんいます。

 

ひし形シルエットのショートヘアは、骨格がきれいに見えるおすすめのスタイルです。さらにトップをふわっとさせるとバランス良くみえますし、たるみをカバーすることもできます。

毛先は少し長めに残して、自然にハネるような感じにすると良いですね。適度な抜け感も演出することができます!

▽横顔

おすすめショート

くせ毛の方には、こんな感じのショートヘアもおすすめです。

髪質を活かしたデザインにしているので、簡単なスタイリングで十分おしゃれに見せることができます。またこういうデザインのひし形ショートは、毛量が多めで広がりやすい方にも良いですよ。

またサイドの毛を長めにしているところもポイント。サイドを長めに残したデザインにすると、耳に髪をかけてもバランス良く見せることができるんです。また毛先やサイドを長めにしたデザインのショートヘアは、女性らしく見せることができるという嬉しいメリットもあるんですよ。

 

おすすめのショートボブ

▽横顔

女性らしいショートボブスタイル

ショートボブも50代女性に向いているヘアスタイルです。

ちなみに丸みのあるボブや重めのぱっつんボブなどは、顔型や髪質が良くないと似合わないので、基本的にはおすすめしません。モデルさんがしているとおしゃれですが、一般人だと似合わせるのは実は結構難しいんですよ。なので軽さのあるショートボブをおすすめします。

こちらのヘアスタイルは自然にひし形のシルエットになるようにカットしているので、頭の形がきれいに見えますよね。ひし形シルエットのスタイルは、絶壁で後頭部がペタンとしやすい方にも向いていますよ。

またサイドと毛先を結構長めにしているところもポイントです。フェミニンで大人の女性らしい雰囲気が出ていますよね。

 

おすすめのミディアム

▽後ろ姿

癖があってもできるミディアム

次にミディアムヘアをご紹介します。ミディアムの場合も、ひし形を意識したシルエットにすると、重く見えず軽やかな印象になりますよ。

肩くらいの長さのミディアムはどうしても毛先がハネやすいので、それをあえて活かしたデザインにすると良いですね。

毛先をハネさせることによってひし形のシルエットがさらに強調されるので、デザイン性が高まるという利点もあります。もちろんスタイリングも楽ですよ!

ミディアムの場合は重たくならないように毛量をしっかり調節することも大事です。梳くと確かにパサパサしやすくなるんですが、全く梳かないデザインだと野暮ったい感じになってしまいますので、量が多い場合は梳いたりレイヤーを入れたりしましょう。パサパサ感はワックスやヘアオイルなどで保湿してあげればOKです。

※ひし形なシルエットにしたけどパサパサして形が綺麗に決まらないという方へお勧めはプリュムワックスかヘアオイルになります。

詳細▶40代くせ毛女性におすすめのヘアケア製品

 

おすすめのセミロング

おすすめのまとまりセミロング

大人の女性には、長すぎるスーパーロングなどは基本的におすすめしません。

髪が長いとどうしても毛先の傷みが気になりやすいですし、ケアも大変です。きれいな状態を保つのが難しいので、汚く見えてしまう可能性もあります。

なので長めの髪型にする場合でも、セミロングくらいにしておくのが良いですよ。こちらの写真くらいの長さであれば、きれいに見せやすいですし、比較的扱いも楽です。

セミロングだとシルエットがちょっとわかりにくいかもしれないんですが、こちらのスタイルも一応ひし形を意識したデザインになっているんです。長めの場合でもしっかりメリハリをつけてあげると、野暮ったい印象にならずおしゃれに見えますので、ぜひやってみてくださいね。

シルエット以外に重要なポイントは?

シルエット以外に重要なポイント

最後に、シルエット以外に重要になるポイントについて簡単に解説しますね。

まず髪色は印象を左右する重要な要素なので、自分に似合う色にしましょう。似合うカラーというのは人によって違いますが、基本的には暗めトーンがおすすめですね。ハイトーンなど明るいカラーだと、どうしても汚く見えてしまいやすいんです。また根本が少し伸びただけでも気になるので、リタッチも頻繁にしないといけません。

暗めのカラーなら根元が少しくらい伸びてきても目立ちにくいですし、上品に見えるというメリットがあります。さらに暗めの色の方が髪がつややかに見えるんですよ。なので髪色に迷ったら、ダークブラウンなど暗めにしてみることをおすすめします。

あとは前髪も重要ですね。前髪は作った方が若く見えますよ!ただしぱっつん前髪や重すぎる前髪は、大人の女性がやってしまうと違和感のある髪型になってしまう可能性が高いので、避けた方が無難ですね。適度に軽くして、斜めに流すようにすると素敵に見えておすすめです。

 

まとめ

ここまで50代の方にひし形の髪型がおすすめの理由と、長さ別におすすめのデザインをご紹介してきました。

最後に、今回の内容を簡潔にまとめます。

 

  • 50代女性には骨格をカバーできる上におしゃれにも見える「ひし形」シルエットのヘアスタイルがおすすめ
  • ショートやショートボブの場合はサイド&毛先を長めにすると女性らしく見える
  • 長すぎる髪型は野暮ったく見える上にケアも大変なので長めの髪型が好きな場合でもミディアム~セミロングくらいにしておく方が良い
  • 毛量が多い場合は梳いたりレイヤーを入れたりして量を調節することも大事
  • シルエット以外に気を付けたいポイントはヘアカラーと前髪

 

今回は、これで以上となります。少しでも髪型に迷っている方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!