くせ毛に似合う髪型を発表!今50代のあなたへ

こんにちは、原宿一人経営美容師MAX戸来です。

50代になってから、くせ毛に悩んでいるという女性はとても多くいます。年齢を重ねると髪質も肌と同じように変化をするので、昔よりも髪の毛が扱いにくくなったと感じることもあるのではないでしょうか?やってみたい髪型はあるけれど「50代・くせ毛」ということが引っかかってオーダーができないことはめずらしくありません。

 

今回は、そんな悩める50代のくせ毛さんが似合う髪型を徹底紹介します。

50代!加齢による「エイジング毛」の悩み…

年齢を重ねるごとに、髪に関する悩みは増えてくるものですよね。

50代女性の代表的な変化は「髪のうねり・くせ毛の悪化」でしょう。
若い頃にはストンとした直毛だった人も、妙なうねりが出てきて髪がまとまりにくくなったりします。

その他にも…

  • どんどん白髪が増えてきて、見つけるたびに気分が落ち込む
  • ちりつきや切れ毛が増えて、髪表面がボワボワする
  • 髪が細くなって、ボリュームダウンした気がする
  • 女性らしいツヤがなくなり、乾燥・パサつきが目立つ

このような悩みによって、「私も老けちゃったな…」とか「もう髪のおしゃれができないのかな」なんて暗い気持ちになるのも、よくわかります。

髪は女の命!といわれるほど、髪の毛は女性にとって凄く大切なパーツですからね。

うねり、くせ毛、乾燥、ちりつき、パサつきといった50代の悩みは「エイジング毛」と呼ばれるもの。

だからといって、諦めてしまうのは早すぎる!

 

50代女性を悩ませるエイジング毛は、毎日のヘアケアと髪型、そして正しいセット法で見違えるように変化させることができるのです。

しかも、これらの方法は決して難しいことではありません。
正しい知識を持ったプロの美容師にかかれば、あなたも本当に似合う若々しいヘアスタイルを手に入れることが可能!

朝から「なんだか疲れてる?」なんて言われてしまう毎日を卒業しましょう。

50代のくせ毛さんに似合う髪型ってなんだろう?

↑くせ毛を生かしたからブローなどのセットはしていません。

 

髪型には、ショートヘア・ボブ・ミディアム・ロングと大きく分けると4種類存在しています。年齢を重ねると、若い頃していた髪型が似合わなくなった人もいるでしょう。これは髪質や毛量も、肌と同じように年齢を重ねると変化するからです。

 

くせ毛だけでも髪型に悩むのに、髪質や毛量も変化するとどんな髪型が似合うのか分からなくなりますよね。50代にもなると、世間の目も気になり好きなヘアスタイルを純粋に楽しむことが難しいと感じる人もいるはず。特に、ロングヘアやミディアムヘアを避ける人が増えていきます。

 

本当はロングヘアやミディアムヘアが好きなのに「50代だから」と止めてしまうのは僕としてもしたくない・・・

でも50代のくせ毛さんも、好きな髪型を諦めることはありません。ポイントさえおさえれば、50代でもくせ毛でも似合う髪型にすることができるからです。

 

50代なら髪の毛の色は何色が似合う?

ツヤがあり年齢的にもしっくりくるのは、落ち着いたブラウンヘアです。ブラウンにも赤みのあるものから黄色みのあるものまで幅広いのでぴったりの色を探しましょう。さらに、髪色は、パーソナルカラーに合わせることでその人に1番似合う色に仕上げることができます。

 

パーソナルカラーとは、肌の色・瞳の色などからブルーベース・イエローベースの2種類に大きく分けられるもの。ここからまた細かく分かれるので、ぜひ1度自分に似合う色の診断を受けてみてはどうですか?。とはいえ洋服と違って髪色はそう簡単に色を選ぶことはできません。なぜなら白髪を染めなくてはいけないためです。

ブリーチをした後にカラーをすれば色味をある程度選択する事ができますが、大人のヘアカラーは質を重視する事をお勧めします。品よく大人っぽくを目指すことです。

 

 

パーソナルカラーに捉われずに避けた方が良いのは、真っ黒な髪色と明るすぎる髪色です。黒い髪色は、落ち着いた印象が強く年齢よりも老けて見られがち。そして、明るすぎる髪色はツヤがなくパサついたイメージを持たれてしまい清潔感が失われるので避けましょう。

 

50代のロングヘアやミディアムヘアは痛々しい?

 

50代でロングヘアをしていると「痛々しい」「年齢を考えた髪型をした方がいい」などと言われたことありませんか?実際、50代でミディアムヘアやロングヘアを「痛い」と指摘され、落ち込んで短く切りに来店される女性はめずらしくありません。しかし、年齢と髪型は関係ないと僕は思います。

 

40代以降髪の毛をボブやショートに切る女性は確かに多いです。

理由については以下で列挙します。

 

  • 髪の毛の管理が難しいから
  • 髪の毛が細くなりボリュームがなくなってしまったから
  • 白髪が増えてロングヘアだと目立つから
  • ツヤがなくなった

 

上記の内容が短く切る理由となっています。

 

反対に

  • 髪の毛がしっかりしている
  • ツヤがある
  • 量が多い
  • ダメージが少ない

 

上記のように、髪の毛の質が良ければ50代だってミディアムヘアやロングヘアを楽しめるのです。髪型に年齢は関係なく、髪の毛を美しい状態で保つことが1番大切だと考えています。これは、くせ毛さんもくせ毛さんではない人も一緒です。

 

50代のくせ毛の髪型が決まらないときはどうすればいい?

 

50代になると、エストロゲンとよばれる女性ホルモンの分泌が終わり髪の毛にも影響を与えます。髪の毛が水分を保つ力が少なくなるため、ツヤのないパサパサした髪質に変化する人が多いです。

 

パサパサの髪の毛をケアするためには、毎回の美容院での施術とシャンプーとコンディショナーを変えるところから始めましょう。低刺激のシャンプーとコンディショナーで頭皮と髪の毛を洗うだけでも変化を感じます。

 

さらに、ヘアセットにはくせ毛におすすめの「プリュムワックス」がぴったりです。

↑プリュムワックスを付けただけ

 

 

くせ毛をしっかりと落ち着かせるだけでなく、ツヤを与え動きを出すこともできます。非常に扱いやすいワックスなので1つ持っておくといざという時に安心です。

 

50代の顔型別の似合う前髪の作り方

50代でも似合う顔型別の前髪についてご紹介します。これは、ヘアスタイルがショートヘアからロングヘアになっても基本的には変わりません。

 

面長 

面長さんは、前髪があるヘアスタイルが似合います。面長のコンプレックスである顔の長さも、前髪を作ることにより緩和されるからです。理想は厚めのぱっつん前髪ですが、50代の女性にはハードルが高いかもしれませんね。ナチュラルに眉下辺りで長さを整え、ふんわり仕上げると若々しいイメージになります。

 

長めの前髪ならば、分け目を左右どちらかに取り、顔の長さが目立つセンターパートは避けましょう。長めの前髪も、左右どちらかにふんわりと流すとエレガントな雰囲気で素敵です。そのさい、ボリュームが出ないようであればパーマをかけてあげるとセットもしやすくなるのでおすすめします。とはいえ、くせ毛だった場合上手くカットをしてセット法も正しければパーマをかける必要もないですから、かける前に相談してくださいね。

 

丸顔

 

丸顔さんは、前髪で丸みをカバーすると理想の卵型に近付けます。前髪は面長さんとは逆でぱっつん前髪や厚めの前髪は、余計に顔の丸さが目立つので避けましょう。縦のラインを作るイメージで前髪を作ると丸顔が緩和されるのおすすめです。

 

丸顔さんは、長めの前髪をセンターパートで分けるか左右に分ける、かきあげ前髪などが似合います。

 

エラ張り

エラ張りさんの髪型は、前髪が鍵を握っているというくらい重要なポイントとなります。気になる顔の横幅が前髪で決まるので慎重にカットしなくてはいけません。

前髪を斜めに流すスタイルも似合うので好みで決めましょう。ただし、面長さんが似合うようなぱっつん前髪は、エラ張りさんには難しいスタイルです。

 

50代のくせ毛に似合うヘアスタイルを長さ別にチェック!

 

次に、髪型別に50代のくせ毛さんが似合うヘアスタイルをご紹介します。

 

ロングヘア

 

フワフワとくせ毛を活かしたロングヘアを楽しみましょう。「プリュムワックス」で揉みこんであげるだけでくせ毛がパーマのようにセットできます。

面長さんは特に横にボリュームを持たせたロングヘアが似合うので、くせ毛を積極的に活かしましょう。丸顔さんは前髪を短く狭く作ったロングヘアがピッタリです。エラ張りさんはフェイスラインを隠すようにカールを作ってあげると顔の面積をカバーできます。

 

ミディアムヘア

 

毛先を軽くするためにレイヤーを入れてあげると立体感が出るため、若々しいミディアムヘアができあがります。軽くするとくせが出てしまうと思われがちですが逆で、重たいと髪の毛に動きが出ないので垢ぬけないプ印象になってしまいます。「プリュムワックス」を使用して髪の毛に動きを持たせれば、若々しく垢ぬけたミディアムヘアがくせ毛さんでも可能です。

 

丸顔さんは長めの前髪を流し、フェイスラインを隠すミディアムヘアが似合います。面長さんは、前髪を作りひし形のシルエットになるようにカットしてもらいましょう。エラ張りさんも同じくひし形の形がポイントです。そしてトップにボリュームを持たせるようにカットしてもらうことをおすすめします。

ボブ

↑カット後プリュムワックスを使っただけ。

ショートヘアは抵抗あるけれど短くしたいときにピッタリなのがボブです。くせ毛でも「プリュムワックス」を揉みこむと簡単にパーマ風にセットできる長さなのでおすすめ。髪の毛の量を減らしすぎるとパサパサのボブになるので程よく毛量をキープしましょう。

 

丸顔さんは、前髪なしのボブが顔の形をカバーできるので似合います。逆に、面長さんは前髪を作ったボブだと顔の長さをカバーできるのでおすすめ。エラ張りさんは、ひし形を意識したボブにすると小顔に見えますよ。

 

ショートヘア

くせ毛でも似合うショートヘアを作るには、くせ毛を活かせるようにカットをすることが1番大切です。くせ毛の特徴や動きを意識してカットすればバランスの良いショートカットになります。50代になるとショートヘアにする人が多く、くせ毛を活かしたフワフワショートヘアは幅広い年代におすすめなので挑戦してみてください。

↑くせ毛を生かしたカットだけ

丸顔さんは、顔周りに髪の毛がふんわりかかるくらいのショートボブがお似合いです。前髪を伸ばしてセンターパートにするのもいいですね。面長さんは、前髪を幅広く作りマッシュルームショートにすると、顔の長さをカバーしつつワンランク上のおしゃれなショートヘアとなります。エラ張りさんは、顔周りの毛を長めに残したショーへアがぴったりです。くせ毛を活かしフワフワとパーマ風に仕上げるとフェイスラインをカバーできておすすめ。

 

まとめ

50代になっても女性は髪型を楽しむ権利があります。くせ毛だからと諦めているヘアスタイルも、カットの方法やセット方法を見直せすことで可能性は広がります。くせ毛は1つの個性だと思うととても素敵ですよ。あなただけのくせ毛を活かして、世界で1つだけのヘアスタイルを楽しみましょう!

そして、髪型がうまく決まらないと感じたら僕が開発したホームケア用品をお試しください。くせ毛さんの悩みを解決に導きます!最後まで読んでいただきありがとうございました。