なぜ?髪の表面がうねうねする原因と対策を解説!

髪の表面がうねうねするのが気になるけど原因って?」「表面のうねうねが気になりにくい髪型にしたい」そんな方におすすめの内容となっています!

こんにちは、原宿一人経営美容師のMAX戸来です。

今回は髪の表面がうねうねしてしまうのが気になる方に向けて、髪がうねる原因と対策方法を解説していきます。

うねりが気になる方や、スタイリングで気になりにくくする方法などが知りたい方は、ぜひ最後まで読んでください!

髪表面のうねうねは癖が原因

髪表面の「うねうね」の原因は?

このような髪表面のうねうねは、基本的には「癖」が原因ですね。

くせ毛だと髪がうねったりチリチリしたり、ごわついたりします。もちろん髪質は人それぞれ違うので、くせ毛と言っても癖の感じは人によって違います。全体的に癖がある方もいれば、内側のみや根元部分のみ、サイドのみなど部分的に癖が出る方もいるんです。

うねり方も個人差があり、大きくカールするようにうねる場合もあれば、ウェーブみたいに細かくうねるケースもありますね。

そして残念ながら元々の髪質というのは基本的に変えることができません。

美容院で「髪表面のうねうねが気になる」と話すと、サロントリートメントや髪質改善などをおすすめされるかもしれませんが、それらの施術を受けたとしても根本的な解決にはならないんですよ。現状、髪質を本当の意味で改善する方法なんてありません。

「どうしてもうねりをなくしたい!真っ直ぐなサラサラストレートにしたい!」というのであれば、縮毛矯正をするしかないです。でも縮毛矯正だって、髪が伸びてきたら再びかけ直さなくてはいけないです。新しく伸びてきた部分の髪はくせ毛だからですね。なので結構メンテナンスが面倒ですよ。さらに髪に大きな負担もかかります。また縮毛矯正をしているとブリーチやデザイン性のある髪型ができないので、髪色、髪型にも制限が出てきます。

なので僕としては、髪のうねうねを「活かす」ことを提案したいです。うねりを逆におしゃれに見せてしまえば良いんですよ。

うねうねしやすい方はうねりを活かせる髪型に

というわけで、うねうねしやすい髪質の方におすすめしたい、うねりを活かすことができるヘアスタイルをいくつかご紹介していきたいと思います。

うねりが気にならないまとまり感ショート

うねりが気にならないまとまり感ショート

うねりの感じによっては、カットでかなりまとまる状態にすることが可能です。

こちらの方もそうですね。Beforeではかなり表面の髪の毛のうねりが気になっていましたが、afterではくせ毛だとは思えないくらいまとまり感が出ています。逆にくせ毛だから女性らしい丸みのある髪型にすることができました。

もちろん全員がこのようにまとまるとは限りませんが(繰り返しになりますが癖にも個人差があるからです)カット次第で気になりにくくすることは十分可能ですよ!

またうねりが気になる場合は、長さは短めの方が良いです。おすすめはショートヘアですが、長めが好きならミディアムでもOKですよ。理由は長めのスタイルより短めのスタイルの方が、癖を活かしたデザインや目立ちにくいデザインにしやすいからです。

くせ毛の方だと、結構「まとまらないから髪下ろすことができなくて、ずっと結べる長さをキープしている」という方が少なくありません。確かに気持ちは分かりますが、もったいないですよ。なのでぜひ一度、短めのスタイルにチャレンジしてみてほしいです。「短くするといったって、どんな髪型が似合うか分からない」という方は、ぜひ僕に相談してください。いつでもお待ちしています!

うねるからこそできるパーマ風スタイル

髪質を活かしたパーマ風スタイル

強めにうねる場合は、それを活かしてパーマ風スタイルにするとおしゃれです。

こちらの方はしっかりうねるタイプの髪質だったので、それを活かしたデザインのミディアムヘアにしました。こういうスタイルを地毛でできるのって、くせ毛さんの特権ですよ。直毛の場合はパーマをかけないとできませんし、パーマをかけてもこういう良い感じのふんわり感が出ない髪質の方はたくさんいます。ぜひチャームポイントとして活かしましょう!

毛量を調節して作る軽やかな大人ミディアム

毛量をしっかり調節して作るパーマ風ふんわりスタイル

うねうねする髪質&量が多めだと、ボリューミーになりすぎてしまうことが多いです。

なのでしっかりとボリューム調整をすることが大事になってきます。「髪を梳くと広がるから」とあえて梳かない人もいますが、量が多い場合は梳いた方が良いです。多少パサパサしたとしても、その方がおしゃれに見えますよ。全く梳かない髪型だと、確かに広がりやパサつきは抑えられるんですが、正直あまりおしゃれなデザインとは言えません。パサパサ感が気になるならワックスなどをつければ良いので、量が多い方はしっかり毛量調節しましょう。梳くだけでなくレイヤーを入れるのもおすすめです。

こちらのbefore&after写真の方もボリュームが出すぎてしまっていましたが、毛量を調節することで、ふわっとした軽やかな印象のスタイルになりました。

スタイリングも一工夫しよう!

カットやヘアケアが大事なのはもちろんですが、毎朝のスタイリングも重要です。

スタイリングの仕方によっても、癖を目立たなくしたり、髪をきれいに見せたりすることができるんですよ。

まずは朝出かける前に工夫をしましょう。

↑プリュムヘアオイルを付けただけ。

▽朝時間がない方向けセット動画解説

↑朝の3分で髪の毛は綺麗になれます。

プリュムヘアオイル詳細

癖が強い方にはワックスがおすすめ

このサイトでも何度か書いていますが、くせ毛の方のスタイリングにはワックスを使うのがおすすめです!

くせ毛ってどうしてもパサパサしやすいんですよね。なので保湿力があってツヤも出るワックスを使って、髪をきれいに見せましょう。

表面の髪の毛がうねうねしたり、乾燥してもわもわしてしまっている方にも、ワックスはかなりおすすめですよ。ワックスはスタイリング力も高いアイテムなので、束感を出したいショートヘアのスタイリングなどにも使えます。

↑ツヤのあるウネりにすれば、嫌なくせ毛もオシャレに変わります。

癖が強い方におすすめしたいプリュムワックス

MAXでもオリジナル製品「プリュムワックス」をご用意しています。安心して毎日使っていただけるように開発したもので、多くの方にご好評いただいています。

ワセリンが主成分なのでしっかりと保湿ができますし、肌の保湿ケアにも使える&子どものスタイリングに活用してもOKなくらい低刺激なんですよ。

軽いうねりならストレートアイロンでスタイリングを

髪表面のうねうね感がそこまで強くなく軽くうねる程度であれば、ストレートアイロンを使うことで大分改善することができます。

強い癖だとさすがにストレートアイロンで伸ばしきることは難しいですが、軽い癖なら結構セルフスタイリングでもきれいに仕上げられます。

ちなみにストレートアイロンを使うときのコツですが、高温にしすぎないように注意してください。ヘアアイロンやコテは確かに高い温度に設定した方がセットしやすいですが、高温のヘアアイロン・コテを使ってしまうと、熱によって髪が傷んでしまいます。なので低温でセットするのがおすすめです。

それから熱ダメージから髪を守るためにも、スタイルのキープ力を高めるためにも、ヘアアイロンやコテでセットするときにはスタイリング剤を付けましょう! 先ほどご紹介したプリュムワックスなどのワックスでも良いですし、癖が強くないならヘアオイルでもOKです。

まとめ

今回は髪の表面がうねうねしてしまう原因と対策方法について解説しました。

最後に、今回の内容を簡単にまとめます。

  • 髪表面の「うねうね」は癖が原因なので根本的に改善するのは無理(どうしてもというなら縮毛矯正をかけるという手段があるがおすすめはしない)
  • うねうねするのが気になるなら逆にうねりを活かしたおしゃれな髪型にすれば良い
  • 癖がある髪は保湿力のあるワックスでスタイリングをするときれいに見える
  • 軽いうねりであればストレートアイロンでのスタイリングで癖を伸ばすのがおすすめ

今回は、これで以上となります。少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!