40代の髪型「手入れが楽でもオシャレ」面長を柔らかな印象にする方法。

面長にはどんなヘアスタイルが似合うの?」「できれば手入れが楽でおしゃれなスタイルにしたい!」そんな方必見です!

こんにちは、原宿一人経営美容師MAX戸来です。

骨格や髪質によって、似合う髪型というのは変わってきます。もちろん年齢や体型によっても変わりますし、ファッションのテイストによってもしっくりくるヘアスタイルは違ってきます。

今回は、40代で面長という方に似合う髪型について解説しますね。

さらに「セットが苦手・忙しくて髪に時間がかけられない」という方のために、面長の方に似合う「手入れが楽なのにおしゃれに見える髪型」実例もご紹介します!

どんなヘアスタイルにすれば良いのか悩んでいる方や、自分の顔型にコンプレックスを抱いている方は、ぜひ今回の記事を最後まで読んで参考にしてください。

 

「面長」の特徴と似合う髪型のポイントとは?

まずは面長という顔型の特徴と、面長さんに似合う髪型を作るときに重要になるポイントについて解説します。

そもそも面長ってどんな顔型?

面長は顔の縦幅が長い顔型のことを言います。

理想的な顔型と言われている卵型が「顔の横幅:顔の縦幅=2:3」のバランスなので、それよりも縦幅が長いと面長ということになりますね。

面長は卵型や丸顔と比べると、大人っぽく見えたりクールな印象になりやすいです。だから言い方を変えると「ハンサム顔」ともいわれますね。

そのため面長さんの中には「老け顔に見えやすくて悩んでいる」という方もいます。でもそれはいくらでも長所に変えられますよ。

大人っぽく見えるというのは、本来デメリットではありません。その特徴を活かして、クールビューティーな雰囲気のヘアスタイルやメイク、服装を楽しめば良いんですから。シャツとかが非常に似合うのが特徴でもあります。

もし「面長で年齢より上に見られがちだけど、背が低くてかっこいい系の服が似合わない」と感じているなら、ヒールの高い靴を履けば良い。

「はっきりとした顔立ちをしている」のであれば、思い切ってドレッシーなファッションにチャレンジしたり、ゴージャスなヘアスタイル・ヘアアレンジに挑戦してみれば良い。

例えば女優さんやタレントさんは、自分の個性を活かしたスタイルをしていますよね。

面長の女優さんを見てみると、意外と顔型を強調するヘアスタイルをしていたりします。それは自分の顔型や雰囲気などをコンプレックスではなく強みにしているからです。

隠すのではなく、むしろ活かしていくやり方もあるんです!一つの方法として覚えておくと、選択肢が増えますよ。

もし「今までコンプレックスだと思っていた自分の個性を活かしたい」と思ったら、自分と似たタイプの女優さんを参考にすると良いですよ。

(例えば面長の方なら面長の女優さんを、長身の方ならモデルなど長身の芸能人をお手本にすると良いです)

 

レイヤーを入れた動きのあるスタイルが似合う

大人っぽい雰囲気がある面長さんには、ぱっつんボブのような重たいヘアスタイルはあまり似合わないです。

レイヤーを入れて軽さを出したり、動きのある髪型にした方が良いですよ。

毛量が多めの方はしっかり量の調節をすることをおすすめします。軽くなると小顔に見えるようになりますし、また扱いも楽になりますよ。

メリハリのあるショート

↑顔が痩せていてシャープに見えすぎてしまう場合は、こんな風にメリハリをつけた髪型も良いですね。バランスが良くなります。襟足はあえて長めにすることでひし形のシルエットを出すことができます。

ふんわりヘア

↑面長の女性にはふわっとしたシルエットのスタイルもおすすめです。

特にこういう自然に内巻きっぽくなるデザインの髪型は優しい印象になるので「きつく見られやすい」とお悩みの方にも良いですよ。

カジュアルじゃない服装が好きな方はレイヤーを入れても毛先は重めをお勧めします。反対にシャツやジャケット、パンツなどカジュアルな場合は毛先は軽めで動きのあるヘアデザインにしましょうね。その方が似合います。

面長をカバーしたいなら前髪を作ろう

面長をカバーしたい場合、前髪は絶対に作った方が良いです!

理由は、前髪を作らないスタイルだと、より一層長さが強調されてしまうから。

特に真ん中分けのワンレングスロングなどは、避けた方が良いですよ。余計に顔が長く見えてしまいます!

前髪を作ると顔型が目立たなくなるだけでなく、若々しい印象になるという嬉しい効果も。過剰な若作りは不自然に見えてしまいますが、前髪を作ると自然に若く見えるんですよ。

前髪ありのスタイル

↑40代の大人の女性におすすめしたいのは、このくらいの長さ・デザインの前髪です。

斜めに流すことができる長さが、扱いやすい上におしゃれに見えておすすめ。また適度に軽くすることも大事ですよ。重たい前髪にしてしまうと、顔が暗く見えたり野暮ったい印象になってしまうからです。

前髪アリショート

↑前髪を作ると、こんなに雰囲気が変わります。フェイスラインもきれいに見えますよね。

さらに顔色がぱっと明るくなって、beforeよりも一層若々しく!

面長の方にお勧めのスタイル

↑「本当は前髪ナシのスタイルが好きなんだけど、顔型もカバーしたい」という方は、このくらいの長さにしてはいかがでしょうか?

面長さんの場合ひし形フォルムの角を頬骨より上に持ってきてしまうとクールになりすぎます。似合わせの難易度が高いから頬骨より少し下に毛先を残しています。

長めのデザインですが、この長さでも面長を気にならなくする効果は十分にありますよ!

 

面長さんに似合う「手入れが楽でもおしゃれ」な髪型はこれ!

主なポイントを押さえたところで、ここからは「手入れが楽でもおしゃれ」な面長さんに似合う髪型をご紹介していきます。

before&after写真付きでヘアスタイルを提案しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

長さを変えなくても似合わせることは可能!

軽やかショート

↑重ため&ストンとしたシルエットだったので、軽くして動きも出るようにカットしました。

若々しくなりましたし、横顔もきれいに見えますよね!

長さはあまり変えていませんが、雰囲気はかなり変わっているのが写真でも分かると思います。デザインは本当に大事なんですよ。

ちなみにこのようなショートヘアはワックスをつけるだけで簡単にセットできるので、扱いも楽ですよ。

 

▼セットにもケアにも使えるプリュムワックスについてはこちらの記事を読んでください!

「くせ毛にはワックスが必須」女性のためのプリュムワックス【使い方・特徴】

 

顔のたるみが気になってきた方におすすめのショートボブ

リフトアップ効果が期待できるボブ

↑こちらは面長の方や、顔のたるみを目立たなくしたい方におすすめのショートボブスタイルです。

beforeと比べると、afterの方がフェイスラインがリフトアップしているかのように見えませんか?

40代は肌のエイジングサインも気になる年齢だと思うので、髪でもしっかり若く見えるようにデザインしていきたいですね。

ちなみにこちらはカットのみの施術で、特に難しいスタイリングなどはしていません。乾かすだけで決まるスタイルなので、かなり扱いも楽ですよ。楽なポイントとしては襟足がタイトになっていることです。でも注意をすべきことはウナジがきれいではなくてはいけないことですね。

深く生えている方や、毛の量が多い場合の方が襟足を短く切りすぎてしまう、剃るなどするとメンズらしさが出てしまうので注意をしましょう。

※クリニックで脱毛するのをお勧めする場合もあります。その場合の襟足の形のご提案は僕でよろしければお任せくださいね。

 

 

どんな顔型にも似合う!エレガントセミロング

どんな顔型にもおすすめの髪型

↑こちらは前髪を作ったことによって、若々しく見えるようになりました!エレガントな雰囲気もあり、40代の大人の女性にぴったりです。

さらに長さも少し短くして、自然に内巻きになるようなシルエットに。このスタイルはスタイリングも簡単な上にまとまりやすいので、できるだけ手入れが楽な髪型にしたい方にもおすすめですよ。

ちなみにこのようなヘアスタイルは顔型に関係なく似合わせやすいので、どんなタイプの方でも再現がしやすいです。

 

まとめ

最後に今回の内容を簡潔にまとめますね。

 

  • 「顔の横幅:顔の縦幅=2:3」のバランスよりも縦が長い顔型を面長と言う
  • 顔型はいくらでも活かすことができるのでコンプレックスからチャームポイントに変えよう(面長の女優さんをお手本にすると良い)
  • 重ためスタイルは基本的にNGなのでレイヤーを入れたりして軽さやふんわり感を出すと良い
  • 面長をカバーしたいなら前髪を作るのがおすすめ

 

今回はこれで以上になります。

どんなヘアスタイルにすれば良いのか悩んでいる方や、手入れが楽な髪型にしたいと思っている方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました!